FC2ブログ

湖兎子の古都日記

Welcome to my blog

さあ、後半戦!


お約束の水無月〜黒糖が好きっ^^

ご訪問もコメ返もできないままに、本日は緊急告知です。
2つ前の記事の後半で長々と解説していた
環境省の動物愛護法「数値規制」問題。

環境省にメールといってもなあ・・・と二の足を踏んでいた方に朗報(?)
問題提起とアクションの輪が広がっていて、
「7月に入っても間に合うらしい」ということでしたので
あらためて、メールの送り先とコピペ可のサンプル文書を
公開させていただきます。

まず、現時点で一番目に止まりやすいという宛先は
メール/moe@env.go.jp
ハガキ/〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎5号館
自然環境局 総務課 動物愛護管理室 長田 啓室長
(ハガキの方が目立つかも?)

[件名]改正動物愛護管理基本指針素案に対する意見

お手紙文章の例(コピペ可能だけど少しはアレンジしましょう)

環境省 総務課 動物愛護管理室
長田 啓 室長様

初めまして、  と申します。
犬猫適正飼養推進協議会などのペット業界団体から現状より酷い
数値規制の試案が示されました。

ペット業界の利益至上主義で定められることのないよう
適正に指導するための国際的な動物福祉にかなった数値規制を必
ず導入してください。

ペットショップの繁殖用として強いられている犬や猫に、せめて
良い環境を与えられる数値が決まるよう、ご尽力下さい。

日本は先進国をみてもかなり動物愛護法が遅れています。最終的
には繁殖を目的としたビジネスを禁止にすることが最善だと思い
ます。

議連案をベースに以下の数値規制を要望致します。

・ケージの床材 金網、スノコは厳禁
・ケージの大きさ 最低でも議連案 猫は上下運動必須
・繁殖回数、2回・帝王切開、1回まで (必ず獣医による手術)
・従業員数 10頭につき1人
・ブリーダーの免許義務化
・抜き打ちの立ち入り検査
・飼育エリアの防犯カメラ設置と、動物愛護に違反した者を取り締まる
・定期検診と病気や怪我をした場合の治療義務化
・適正な食事と運動
・生活を保ち、換気に気をつける
・引退後の安全な受け入れ先の確保

日本が世界に誇れる動物愛護先進国となるよう
ぜひとも宜しくお願い申し上げます。


お時間ある方は、「動物愛護法 数値規制案」でググってみてください。
これがこのまま通ったら、相当ひどいことになることがわかります。
丸投げでごめんなさ〜い^^;取り急ぎ、でした。
(だいたい、気づくのが遅すぎるusainu)

そして6月が終わる

詰問
「あんた、何してたん?」と目だけで詰め寄る猫。

はあ、気がつけば1週間以上放置の上、ご訪問もほとんどできず。
あっという間に今年も半年が終わってしまいます。

このところ、書いて書いて書きまくるお仕事が重なり、うんざり気味。
ちょっと気分転換にと、よりによってずーっと気になっていた英国ドラマ
『ダウントン・アビー』にこのタイミングで手を出してしまったから大変だ。
ひと段落つくたびに再生してしまったりして^^;
あと3シーズンと映画もあるよ〜!でも完走するよ〜!

お仕事のほうも、明日の打ち合わせ次第ではもっと大変なことになるかもだし
予断を許さない状況なのだ。
あぐ
「だから、どーでもいい話、長いってば」
ん
(あくびあとの「あむッ」顔もほんと、たまりませんよね)

そんななかでも週末はお茶のお稽古で、久々に名古屋から通ってくる
Hちゃんとも再会・・・京都駅周辺でご飯でも、とうろついてみれば
お目当の店は閉まっていた上に若者だらけ!どこも密!!
やっと入れたお店も「ソーシャルディスタンス?なんですのそれ」的な感じで
かーなーりービクビクでした。
あわ
(といいつつ、名物スパークリングワインをガバガバ飲む女)

翌日は京都奈良ブロ友ーズで宇治ツアー!
よりん うぃっと
テイクアウトが美味しかったので行ってみたかったお店でランチ!
うさぎ うじ
IMG_8665.jpg うじがみ
平等院を外から眺め、塔の島経由で宇治神社、宇治上神社、源氏物語ミュージアム・・・の
つもりが、まさかの源氏物語ミュージアムに入館の列!
こんなに人がいたの初めて見ました。入館制限もあったのでしょうが、
なに?ドラマ光源氏くん効果もあるのかな???
有名店での抹茶パフェもあまりの混雑に速攻断念。
でも
つーえん
宇治橋をのぞむロケーションのそこそこの良席で
かきごお
抹茶ソフトonのかき氷を食べたのだ〜^^

このあと、みんなで茶団子や水無月を買って解散。
お天気はいまひとつでしたが、楽しいツアーができました^^

それでもあまりの人出に不安も募る。
ますく
「気を引き締めるにゃ!」・・・マスク暑くて死にそうだけどね^^;
↑久々の猫スタンプでした。

withコロナの生活、これだけ続くと、ふと気が緩むし
でもまたじわじわ感染者増えてるし・・・不安に思い始めると
きりがありませんが、めげずにがんばりましょう。

下半期もお元気で!乗り切るぞ!おー!


初夏の風情

くさまり
「まだかな〜」
くさまち
「キター!」
くさ!
「わくわく」・・はい、お部屋でね。

なんのこっちゃ、の連続写真ですが
ようやく猫草栽培に着手したusainu、玄関先に青々と茂らせておりまして
湖兎子にはひと摑みずつ摘んで与えているのです。
玄関たたきに降りず、ギリギリでなんとか待ってくれる
お利口ショット?でした^^(親バカ)

猫草って、外で栽培するとぐんぐん育ちますよね〜
今回も次々と穂をあげていて、種が収穫できそうな勢いなんですが。
これって、季節的なものもあるのかな。

そう、コロナ禍の間にも季節はどんどん進んで6月ももう終盤突入。
もう、今日が夏至だったなんて信じられない〜(日食は見られずです)

京都の6月は茅の輪くぐり(+和菓子の水無月)で厄祓いと
相場が決まっていますが(?)
今年は早々と祇園さんに設置されていた疫病退散の茅の輪です。
ちのわ
ようやくくぐってきました^^

そして昨日は暦的にとってもよい日。なんでも2020年6月20日は
一粒万倍日と天赦日が重なるとてもラッキーな日だったそう。
縁起かつぎのusainuは、ウキウキとスクラッチ宝くじを買いに行きましたが
2,000円の投資で戻りは600円でした^^;ま、地道に生きなさいということね。
そんなことより、この日はみきたろうさんのお誘いで
naoさんやSさんご家族と蛍狩りにご一緒させていただいたのである!
かみが
ちょっぴり早くついたので下鴨の夕景〜ああ、ほんと鴨川は美しい。
出町柳から叡電に揺られるところ、naoさんのマイカーに乗せていただき
やせ
待ち合わせの叡電終着駅。すでに山中の風情。駅前から目を凝らしてみれば
蛍が飛んでる〜!
ちょっと川べりに出るだけで
ほた1
おわかりいただけるだろうか。この光の筋が蛍です。
かわほた
ほんとは動画を公開したいのだけど、youtubeにアップするほどでもないと断念。
とにかく美しかったのです。
つりばし
こんな吊り橋もあって。高所恐怖症のusainu的にはドキドキ。
写り込んでるのはご機嫌に渡るみきたろうさん。
ほた2
帰りは少しだけ立ち止まる余裕ができて、吊り橋からの蛍。

いやあ、涼しくて楽しくて、初夏の風情を存分に満喫いたしました。
Sさん、naoさん、みきたろうさん、ありがとうございました。

と、楽しく締めたかったのですが・・・
なにせご覧のとおりの真っ暗闇のなか・・・usainuも何度かヒヤリハットがありましたが
最後の最後に、アクシデントで幕を閉じた蛍狩りだったのでありました.
みきたろうさんの早期のご回復を心よりお祈り申し上げますT T

殺処分ゼロの裏側で

なでで
本日は久々にまじめな投稿です。

ちょっとセンシティブな内容を含みますので、心してお読みください。

私のまわりには、行き場をなくした動物たちの命をつなぐために
奔走される素晴らしい人々がたくさんいます。
私はなかなか物理的にお手伝いもできず、歯がゆい思いをしつつ
できるだけ意識を向けたり勉強したりしている最中です。

この6月、そんな人々を震撼させる「事件」が起きました。
というか、「事実」が明らかになったというか。
保護犬や保護猫、特に病気や老齢で里親さんを見つけるのが難しい子たちの
「預かりさん」として、約20年間活動していた女性の家から
おびただしい犬猫の死骸が発見されたのです・・・しかも場所は京都。
直接やりとししていた友人もいましたが、そんなことみじんも感じられない
「普通の気のいいおばさん」に見えたそうです。
記事のひとつ→
なかには引き取ったそのまま、車から降ろされることなく
キャリーの中で亡くなっていた子もいたそうで・・・
地獄、としか言いようがありません。
関わった愛護団体には、彼女に動物愛護法に基づく処罰を!と動いている人もいますが
現状では証拠の立証に警察が動いてくれず、略式起訴になりそうです。
確かにその怒りもわかるのですが、、、このお方
「かわいそうな動物を引き取る素晴らしいアタシ」に酔う
代理ミュンヒハウゼン症候群的な精神状態がエスカレートしていったケースに思えます。
そのあたりの精神的なケアというか更生がまず必要ではないかという気がして。
まともじゃないですもんね。
いずれにせよ、動物たちの命は戻らない。やるせない話です。

なで
「殺処分ゼロ」を掲げるがゆえに民間の保護団体や個人の負担が増大し
崩壊していくという問題も、目につくようになりました。
さらに!この間もお話したsippoの講座で、「流通死」というワードも知りました。
繁殖業者や販売業者のもとで、老衰以外で命を落とす犬猫が全体の3%、
実は保健所や動物愛護センターで殺処分される頭数よりも多いというのです。
その記事→
どうしてこんなことになるのか。
劣悪な環境のなかで繁殖を繰り返し、市場に流されていく動物たち。
そこに命を命として扱う、動物福祉の視点は、まったくありません。
この状況をなんとかしようと、何年も動いている動物愛護の人たちもいます。
動物愛護法改定のタイミングで、少しでも動物たちを守る法的規制を盛り込もうと
提言もされています。あ〜、そのパブリックコメントをみんなも出そう!と
こちらでも呼びかけたのは、2011年のことでした。
あのころ、必死で働きかけてくださった「子犬子猫は社会化できる8週齢まで親元に」という
法律が、ようやく!来年の6月から施行されるそうです。10年かかったんか。
しかし、上記の数字を見てもわかるように、販売動物たちの飼育環境が改善されているわけでは
ないのです。そこでこの3月には、動物愛護の超党派議連が
「数値規制」の基準案を提出しました。まーいろいろあって書ききれませんが、
そこには従業員一人あたりの上限飼育数を規定する項目もあります。
逆にいえば、これまでその規制がなかったために、世話が行き届かず
死に至らしめる要因のひとつになったともいえるでしょう。
ましてや!8週齢規制が施行されると、繁殖業者のもとに手のかかる時期の犬猫が
従来より1週間長くいることになります。同じ従業員数でケアができるわけがありません。
つまり8週齢規制と、従業員一人あたりの上限飼育数はセットでないといけないのです。
ていうか、セットにしろ。

とまあ、以上は一例なのですが、こういった細部にわたる環境庁の検討会が
7月初旬に行われます。(コロナで遅れている)
数値規制の概要が賢くまとめてある記事→
私たちがお手伝いできることがあるとすれば、それまでに
環境大臣(=進次郎さん^^)宛か動物愛護管理室にメールで「要望」を
送ることだそうです。
もしもここまでお読みくださって、心動かされなおかつ少しメールを書くお時間のある
奇特な方がいらっしゃったらぜひ!
(ちょっと疲れて最後は投げやりになるusainu)

いやほんま、何が言いたいかというと、日本の生体販売は、世界に恥ずべき仕組みなんよ!
蛇口を締めることから始めないと悲劇はなくならないのよ!
あと、飼う(買う)側の意識改革、というのも欠かせないけど、まずは大元からね。

長々と失礼いたしました。

心に点滴打ちながら

だらん
点滴、こうかにゃ?・・・ん〜、猫は違うと思うよ。

梅雨ですなあ。
蒸し暑さも本格化、猫・飼い主ともに暑さにはめっぽう弱いので
これからの季節は、ただただ試練。環境にやさしくない生活します、すみません。

お仕事もあれこれ動き出し、宇治橋までの気晴らし散策もままならなくなってきました^^;
そんななか、信楽取材では現地に向かって走り出したとたん
「1時間遅らせてほしい」とお相手からの連絡。
「え〜っ」とがっくりするところ、usainuの目がキラリーン。
「陶芸の森美術館に行きましょう!!」(取材先の目と鼻の先)
りさ
本来ならGW中に開催される予定だったリサ・ラーソン展が延期され
まさに開催真っ最中だったのですよ!!
もともと陶芸の森美術館は大好き。交通の便がよくないのでなかなか来れませんが。
おか
ぱんだ
眺望よく、自然いっぱいであちこちに配置されている作品も楽しい。
らーそん
こちらはリサ・ラーソンの作品。
ミニチュア
ミニチュアのガチャがあったのでやらいでか!!
「これが当たるといいな〜」と言ったのが出てきました。
私だけでなくおつきあいしてくださったお二人も「これいいな」→それ出る 流れ!
いやあ、驚いた!AIが仕込まれてるんか!?と言い合った。(んなわけない)
神山
usainuがどハマりしたドラマ「スカーレット」のモデル?神山清子さんの
作品も拝見することができました。ドラマにも出てきたあれこれ!感動。

マスクで汗だくになりつつも取材は滞りなく終わり。
この日はusainu、ダブルヘッダーのお仕事で久々にへっとへと。
でも翌日も元気に奈良取材、行ってまいりました!
あし
「早く原稿書きなはれ」 最近、私から奪った事務椅子の足元で寝る猫。
ひいい・・・またもやあれこれ渋滞中。

そんななかでの癒しおやつ。なかなか遠くて行けないミスド、
ご近所coco.。さんがシャッ!とクルマを出して連れてくださったのです。
みすど
祇園辻利、鎧塚シェフとの期間限定コラボである!
実は鎧塚シェフ、高校の後輩だったりする(比較的最近知った)。

べっど
たいへ美味しゅうございました〜
というかもっと食べたい(おいこら)

引き続き、いろいろがんばりますのだ。次のご褒美は1週間後!!
あ、今晩も落語生配信にエントリーしたのだった〜^^;