初めて病院へ

 お腹がゆるめだったのが夕方になっても治っておらず、元気そうではあったけど(子猫の下痢は1日が1週間に相当するという情報を得たばかりだったのもあり)どうしても気になるので病院行きを決心。最初はひとっ走り、便だけでも見てもらおうと電話したら、できれば本猫も…ということだったので、湖兎子をキャリーに押し込んで密封した便とともにいざ病院へ。外に出るとちょっとしぐれ気味で、ナーバスな気分が増幅された午後7時。湖兎子はもちろん泣き通しです。
徒歩5分の道のりが、なんと長く感じたことか。
 いちばん近いから、と選んだ病院だったけど、「はい、猫ちゃん出してください」「興奮してますね、ネットをかけます」「検温しますから前足持ってください」等々、看護師さんの事務的な応対に心細さは増すばかり。その間も、待合室や入院施設から他の子たちの声が聞こえてきて湖兎子はびくびくしてるし、支える私も汗だく。その間も先生は挨拶もなく顕微鏡をのぞいてはる。…まあ、口数の少ないぼくとつな人だったのかもしれないけど、余裕のない私にはとても素っ気なく思えてしまいました。結局、悪い菌などは見当たらないので、腸内バランスを崩したか冷えたかでしょうということになり、専用のかりかりと整腸剤を処方されておしまい。
帰り道、すっかりやつれた顔をして泣き続ける湖兎子に「怖かったね、ごめんね」と話しかけながら歩くうち、私まで泣けてきてしまいました。
 おうちに着き、すっかりぼさぼさでゲージからよろよろと這い出た湖兎子の姿を見るにつけても
可哀想で可哀想で。おまけに思い切り撫でてあげたかったのに、するりとかわして目を合わせない。嫌われたというショックに打ちのめされ、この上なく落ち込んだ私。湖兎子をリビングに残し、寂しくパソコン部屋でメールチェックをしました。ところが…しばらくしてふと振り返ると、いつの間にやら湖兎子がすぐそばに来て、ちょこんと座ってこっちを見ています。「湖兎子ちゃん」と呼ぶと目を見て「にゃあ」とお返事。「許してくれんの~?」と思わず抱きしめて涙した自分は、相当に痛い飼い主だと自覚しました。
 縁あって授かった小さな小さな命。守り続ける責任の重さをあらためて実感した一日でした。

禁断のデスク上



ええ、タブーがなくなってきていますわ。

お気に入りの場所



ダイニングの椅子。そしてダイニングテーブルの上…おかしい。子猫が来たら、
絶対にテーブルには上げないでおこうと決めていたのに。何もかもなし崩しです。
可愛いので許してしまいます。おかげでゆっくり食事ができません。
まあ、今は新しい生活になじんでもらうことがいちばんだから。
のびやかに暮らしてね、湖兎子ちゃん。
今朝はおなかがゆるかったので心配。まあ、本猫はそんな飼い主の胸の痛みなど
どこ吹く風で、ふぎゃふぎゃ言いながら飛び回って遊び(もちろん相手は私)、
ごろごろ言いながらすやすや寝てますけどね。頼むから元気であってくれ。

朝の猫

朝

新しい家で迎えた二日目の朝。室内物干に手をかけて、外をのぞくのがお気に入り。
他にも不安になったら隠れる場所、うたた寝の場所、少しずつ安心できるテリトリーを
増やしているみたい。でも掃除機と洗濯機の音はとても怖いみたいです。ごめんね。

お迎え前夜

いよいよ明日、湖兎子がうちにやってきます。ひと月かけて準備してきたはずが、
いざお部屋をみまわしてみるとあれが足りない、これも不完全…まあいいか。
あまりにも不慣れなことばかりで戸惑いはじめるときりがない。
あとは同居を始めてからカスタマイズしていくつもりで、おおらかに構えていよう。
そう思いつつ、どきどきが止まらない新人飼い主なのでした。おへや

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

ただいま準備中

初めての猫飼い、初めてのブログ。とかくこの世は謎だらけ。できる範囲でがんばってみようかな。

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる