猫の手足になる



猫らしさ徐々に復活。ねずみのおもちゃを与えてみたら、くわえて遊ぶ仕草も。
さっきは仕事場まで運んできました。元気なときはくわえたまま走って往復してたもんね。

昨夕くらいから、ご飯の催促もこれまでどおり、いやそれ以上になってきた湖兎子。
食べ終わって「足りない」とまで訴えるようになりました。
今朝体重を測ったら、術前より200グラム増えていた…臓器をとったというのに。
カ…カラーが重いのかなあ…まあ、今は回復のために欲しいだけ食べさせてますが
これが癖にならないようセーブしていかねばメタボまっしぐらかもしれません。
で、動きもまだまだ不完全とはいえ猫らしさを取り戻しつつあり。
ちょっとしたじゃれる仕草も、回復の証のようで嬉しいです。
可哀想なのはお顔。セルフグルーミングができないだけでこんなに変わる?というくらい
薄汚れてやつれた印象に。で、今までは目やにをとられるのも拒絶するほどだったのに
積極的に顔をつきだし、なでなでを要求するようになりました。
顔の中心から目のまわり、ほっぺに額、頭部から耳の後ろ、中まで
マッサージするようになでるととっても気持ちよさげにゴロゴロ。
耳の後ろをかいてる時なんかそれに合わせて後ろ足でかきかきの仕草をするのがいじらしい。
よしよし、しばらくは私を手足のようにこき使っていいからね。今だけだがな!

うん○狂想曲



点滴跡の残る前足が痛々しいけど、面構えはだいぶんしっかりしてきたかな。
(単に怒ってるだけかも…)

退院から3日、食欲もほぼ平常時に戻り(介添えしないと途中であきらめたりしますが)
お水もたくさん飲んでくれて、残る心配は便通…そうなのです、退院以来不通。
午前中、病院に電話で確認したところ、お腹を切っているので痛みが恐くて便秘になって
しまう子も多いとのこと。もしあと1、2日待っても駄目だったらまた相談してください
とのことでした。そうか、よくあることなんだ…とちょっとおおらかな気分になった途端、
折しも私の昼食中、トイレでがんばる湖兎子の姿が。
以下、お食事中の方があればごめんなさいの内容です。

かくいう私は食事を中断して確かめに行きましたよ。色形量ともに申し分なしの
ご立派様に安心し、「ことちゃんえらいね~」とほめたたえ、後始末をして食事を続行。
食べ終わってカーペットの上で新聞を読んでいたら、湖兎子も隣のチラシの上に
ちょこんと座ります。あらあら、こんなところにカリカリがこぼれて…ん!?
ちょっと待てい!!おしりを見せてみい!!
…そこには堂々とした1本が、毛皮に守られるようにへばりついてるではありませんか!!
しかもあちこち座ったあとなので、ほとんど原型をとどめずに。
健常時ならシャワー直行のレベルですが、なんぼなんでもそれは無謀。
おそるおそるホールドして、専用ウエットティッシュでぬぐいましたが
想像以上に頑固にくっついてくれてます。やむなくハサミを取り出し…
…とまあ、悪銭苦闘の末、なんとか諸悪の根源の除去は成功。
気がつけば、私の手はう○こだらけになっておりました。とほほ。
その間、湖兎子は地獄の底から響くようなうなり声をあげっぱなし。
身体にさわるかと心配したけど、写真のような顔でにらむ元気があるので大丈夫かと。
あ、直後に仲直りはできましたよ。
今はほのかに○んこ臭の漂う敷物類を洗濯中です。
しかし、ゆるくもなかったのに何故だろう。久しぶりで勘がにぶったのかしら。
そういえば、退院以来、排泄後の砂かき行為をしないのも不思議です。
やっぱりいろいろ、勝手が違うんでしょうね。


回復は食欲から



介添え食事中。凄い勢いで食べてくれます。(過保護全開)
自力で食べられないこともないけど、不器用な子ゆえとても大変そうなので。

まだ手術前のように、鳴いておねだりとまではいきませんが、
用意した食事はスムーズに平らげてくれるようになりました。
お水をあまりほしがらないのが心配ではあるのですが。
私は昔のヒトなのでとりあえずよく食べてよく寝てれば治ってくれる!と
信じてしまっています。早く元気になあれ。

不憫



グルーミングしてるつもり。

無事戻ってきました。しかし、何よりこのエリザベスカラーが
邪魔で邪魔で邪魔で仕方ない様子。
戻るなり、ハイテンションであちこちぶつかり歩き、
こちらは傷にさわらないかヒヤヒヤ。
でもまあ、活動的だったのは最初だけで
やっぱり痛いのでしょう、ご飯もあんなに大好きな缶詰さえひと口食べただけで
ぐったりと寝ていることのほうが多いです。
で、時々思い出したように起きてはグルーミング…したいのだけど
全く届かないもどかしさで、カラーをなめなめ。気の毒だ~
私が母猫になってなめてあげたい。
この文明社会?に、なんだか虐待にも見えるこの装具、ほんと嫌です。
(かといって術後服も健康な時に試したら大騒ぎで駄目っぽかった)
みきたろさんにコメントいただいた獣医さんのところの手術は
とてもラクなようでよかったですね…
もっともっと調べてから病院を選ぶべきだったかと、後悔もちらり…
いい先生でしたけどね。
ともあれ、みなさまご心配おかけしました。詳報はぼちぼちアップしていきます。

別々の夜



赤ちゃん時代シリーズpart2、ことたん5週目。
合成!?着ぐるみ!?とあまりの可愛さに物議をかもした一枚。

ついに迎えた避妊手術の日。
いつものように朝5時半からごそごそが始まり、6時を過ぎてもいっこうに
ご飯が用意されないのに苛立っていた湖兎子さん。
顔を合わせるのが辛くたぬき寝入りしてる私のまわりをぐるぐる、
髪の毛ひっぱったりおふとんダイブしてみたりと落ち着きなく
あの手この手でおねだりを繰り返します。そのうち凶暴化するのでは…と
ひそかに恐れていたのですが、今日の湖兎子は
「なんで?私、こんなに可愛いのにくれないの?」といわんばかりに
小首をかしげ、頭をすりつけ、前足で抱きつき、と甘えモード全開。
ち…知能犯め。
私も一緒に朝食を抜いたけど、あまりの辛さに早めに病院に行ってしまいましたよ。
病院では相変わらずご機嫌ななめ、触診中も低くうなってましたが
獣医さんにすりすりする仕草も。彼女なりにこの状況を切り抜ける策!?
ともあれ、しばしのお別れと相成り、私は未練を断ち切るように病院をあとにしました。
その足で3、4日はもつくらいの食材を買い込んでから帰宅。
白いふわふわした子がまとわりついてこないおうちはがらんと広く
それだけで涙腺がゆるみそうです。
湖兎子の身体のことを考えての決断とはいえ、しょせんは人間のエゴでの手術とも
いえるわけで「ごめんね」って気持ちで胸いっぱい。心配とも重なって、
しばらくは何も手につきませんでした。いかんいかん、今のうちに仕事!
夕方ようやく「今、麻酔から醒めました。大丈夫ですよ」というのを電話で確認し
ひと安心。それでも寂しくて胸が痛いんですが。
まあまあ、今夜は久しぶりに寝室のベッドで寝られるのを励みに?
お仕事、もうひとがんばりしますか。
家族になって約4ヵ月、あらためて湖兎子がどんなに大きな存在になってるかを
思い知らされた一日です。

一応くつろいでみた



でも、本当はどうして降りていいかわからない。

ここ2、3日、急にまたタワーの最上段に登るようになった湖兎子。
(昨夜と今朝の2枚をまとめてアップしてみました)
やっぱりまだ降り方はぎこちなく、見ているこっちがヒヤヒヤ。
今朝はついに抱き降ろしてしまいました。
でも上からの眺めは格別?なかなかうれしそう。
折しも今日はベランダまで吹き込む大雪。
カーテンを開けてやると、かしこまって眺めていました。

タワー最上段



へそくりはここに隠して…と。

たまには猫らしく



全身ショット。今日体重を量ったら3.3キロになってました。
以下、ピンぼけ3部作。量で勝負!?

大好きふわふわ猫じゃらし



ブリーダーさんからいただいたもの。
おかあさんのしっぽにそっくりなんです。
…すぐによだれでべとべとになるのだが…

かえるさんとダンス



ほんとは最上段に挑戦してあきらめたところ。

ふてくされ



足を投げ出して座るとやさぐれた感じになりますよね。
こうしてるとまだまだ子猫くさいんだな。

今日はにゃんにゃんにゃん、で猫の日らしいです。
でも残念ながらまたお留守番のコトタン。
最近は私がダイニングテーブルについてお出かけ前のメイクを始めると
気配を察するらしく、隣のソファに座ってうらめしそうにじっと
その様子を眺めています。けっこう興味をもってるようでもある。
(「何しても変わらねーんだよ、ブスが」と毒づかれてたりして)
お出かけの準備をばたばたとしていると、心なしかどんどん寂しそうに。
しかし「お留守番お願い」と頭をなでる時、きょとんと可愛い顔をするのは
計算かもしれない…と思う今日このごろ。
そんでもって今日は意外と早く戻れたので、湖兎子も想定外だったのか?
お出迎えして甘えることもせず、ソファの上から「へ?早いな」て顔で
ぼーっとしてました。実は「一緒にいてくれなきゃいやいや」というのは
演技で、気を抜いた時に本性が出てるんじゃないだろね。
そういう今も、キーボードと私の腕の間に陣取ってゴロゴロ。
私は猫越しにパソコンを打つのがちょっと上手になりました。

そしてお水を



きゅーっと小さくなって飲む姿。
しかし手術後、エリザベスカラーをつけたらどうなるのか…心配です。

おててのシワとシワを合わせて



し~あ~わ~せ~…ではなく!

久々登場、コトタンコップ。ずっと愛用されています。
で、湖兎子は飲み食いの前後、周囲の壁や地面をかきかきする仕草をします。
もともとは「ごちそうさま」「いらないわ」という猫特有の
「埋める」動作の転化らしいのですが、なぜか湖兎子の場合
「いただきます」にもなってる?
で、コトタンコップでお水を飲むときは、目の前の鏡をこうして
かきかきするんですね。鏡に映る自分のことは気にしてないみたい。
真剣な表情です。

気になるキッチン



カメラを向けると、イカ耳になってしまった!

台所仕事をしているとカウンターからのぞきこむように成りゆきを見守るのが日課。
それが今日は落ち着きなく、あっちいったりこっちいったり。
挙げ句、入り口?までやってきてもの言いたげに私を見つめています。
ご飯を要求する時の仕草なのだけど、さっきカリカリを補給したばかりだし…
そうこうしているうちに私のおかずができあがり、ビールとともに(…)
食卓に運ぶと、湖兎子もついてきて自分のご飯置き場に。
私とタイミングを合わせるように食べ始めるではないの。
一緒に食べたかったの~?何事も都合良く解釈する飼い主なのでした。

はさまるのが好き



積み重ねたクッションマットとマットの間が気になるらしい。
何度も頭からつっこんでもぞもぞしていました。

湖兎子は日によって行動パターンがまったく違います。
最近はずぼらな飼い主に合わせ、6時に朝ご飯を食べたあと
1時間ちょい寝直すというデブまっしぐらの牛さんでしたが
(ひとえに寝穢い私のせい)
これではいかん!と乙女心に思ったのか、今朝は食後の運動とばかり
いちごボールをくわえて寝床の私の上にダイブしてきました。
で、枕元でしっぽふりふり、投げてもらうのを待っている。
お前は犬か~とつっこみつつ、2、3度投げてやっぱり寝てしまった私。
1時間後起きると、持って来れる限りのおもちゃが枕元に集合してました。
…な、なにをしていたんだ?

いつまでもメロメロ



特別企画・コトタンの赤ちゃん時代を振り返ろう!
5週目のお顔。お目目がまだキツン・ブルー(子猫特有の青)です。

湖兎子がうちに来ることが決定してから、ブリーダーさんから
毎週送られてくる画像がとても楽しみでした。
それもとても写真がお上手なものだから(私とは違い…)
こんなに上品でふわふわの子猫ちゃんがうちのコになってくれるなんて、と
信じられない思いでいっぱいだったものです。
今はずいぶん大きくなってしまいましたが、やっぱり可愛いことに変わりはない。
何か用事をしていても、ふと目をやった湖兎子を見てたまらなくなり
おもわず「その座り方が可愛い!」とかわけのわからん理由を付けて駆け寄り、
「なあ、なんでそんなに可愛いの?なんで?なんで?」と問いつめて
思い切りうんざりした顔をされます。う~ん、このクールなところもいいんだなあ。
と、どんどん人格崩壊に向かってる自分がこわい。(もとから破綻してるか)

う…設定ミスか画像がちっさい!!またリベンジします。せっかく可愛いのに~

猫とアート



仕事部屋にて、お友達のイラストレーター・Rちゃんの作品と2ショット!
(Rちゃんいつもありがとう!電器が写り込んじゃってすみません)

本日もたくさん遊んで、ちょっとおねむの目になったので
仕事場まで連れてきたものの、しばらくは「もっと遊ぶ」攻撃。
遊んで欲しい時のパターン1は、ちょっと距離を空けてお座りし、
にゃあん、と鳴いて前足で足踏みするんです。ごはん欲しい時も一緒。
これが彼女にとっての「訴え」のスタイルなんですね。
それにしても毎日見れども飽かぬ、猫という動物の美しさよ。
しなやかな肢体にくるくる変わる表情、ほんとに存在自体がアートです。
まあ、ラグちゃんの場合は狸かイタチが入ってる説もありますが?
そんなのもひっくるめて面白い。“そそる”素材です。
自分に芸術的センスがあれば、いろんな作品ができただろうにと思うこのごろです。

コトタンinお花畑



なんてことはない、お布団とシーツの間。
シーツ替え時には、必ずもぐりこんで“お手伝い”してくれるんです。
興奮でお目目まっくろにして、なかなか出てくれません。脳内もお花畑。

湖兎子のひとりごと



何くだらないことやってんの。ああ、つまらないわ~

定位置



いくら誘っても相手にされない時。旧マックの上。
…つぶれるのも時間の問題かしら…

朝の顔



朝日を浴びて、ぼーっとしてます。

たいていは私がリビングを出てドアを閉めると
ドアの前で開くのを待ってるのですが、
眠いときはそれが面倒臭いらしく、キャットタワーの上で目だけこちらを向いて
静か~に待ってます。今朝もそのパターン。
いかにも眠そうなその顔が面白いです。このあと撫でにいって噛まれました。

脱毛問題



私の膝の上で、カメラのストラップをしゃぶる湖兎子。
渋めのワル顔に映りました。

このところ激しくなってきました、湖兎子の抜け毛。
ふれるたびにごっそり、て感じでちょっとびっくり。
もう生え変わる季節?その時期になると短毛の子でさえ
「抜け毛でもう1匹つくれるほど(Cまこさん)」
だといいますから私は戦々恐々です。
そこで、必要になるのがブラッシングです。
とーこーろーがー。このお嬢ときたら、
櫛やブラシを親の敵か何かだと思っているフシがある。
できるだけぼーっとしてる時or寝ている時を見計らって
そーっと毛をとかしにかかるのですが、そのとたん目をらんらんと輝かせ
牙をむき出して櫛orブラシに噛み付いてくるのであります。
グローブのように手にはめるタイプのものを試しても駄目。
でもひとすきするだけで毛がごっそりからまってくるので、
やってる私は達成感が味わえるんだな。それに、湖兎子も本当は
気持ちいいと思うんです。それを証拠に、お腹をなでると見せかけて
櫛でやさしくすいてたら、うっとりと目を閉じたままのことも。
ある瞬間にはっと気づいて大暴れになるんですけどね。
なんかもう、意地でも感じてたまるか!って表情で。
それを押さえつけて「ほら、気持ちええやん。ええやろ、ええやろ」と
ささやく自分が、とんだエロオヤジになった気がして心境はちょい複雑です。

祝6ヵ月!



ついに生まれて半年。
うちに来たときの倍以上の大きさと体重に成長し、
自己主張もますます強くなりました。
とにかく健康であればよし!
おまけにアンタは器量もいいよね~としみじみ見惚れてしまう
やっぱり大大親バカの私です。
つーか、つくづく面白いポイントの出方してるよ、湖兎子。

何でもおもちゃ



キャットタワーの保守点検作業中。
さっそく「おっ、珍しいもん発見!」と駆け寄ってきてよじのぼる。
あのう、ぼちぼち降りてくれないかな?そろそろタワー起こしたいんだけど。
私の懇願?も空しく、けっこう長い間遊んでました。

いちごボール



最近お気に入りの、いちご編みぐるみ?ボール。
おばあちゃん(=my母)のお手製です。

ロングお留守番の日には、母にシッターを頼んでしまいました。
…はい、過保護です。
「 玄関を気にして、帰りを待っている様子。ひとり遊びが上手になったようです」
という母の書き置きが泣かせました。
まあ、ぶっちゃけると、いつも玄関を気にしてる子なんですけどね。

うしろ髪ひかせっ子



遊んでたかと思えば、いきなりゴロンして「撫でて」のおねだりポーズ。

このところ、usaiu多忙につきお留守番続きの湖兎子。
少しでも空き時間があるとダッシュで帰宅、
彼女とスキンシップしてまた仕事に戻るという日々で
同じ仕事先を2往復したことも。
それでも不満だろうね。覚えてしまった「お留守番」の言葉。
今日は朝から出かけてお昼に1時間ほど在宅し、また出るというスケジュールで
2度目のお出かけの時、身支度しながらいつものように「コトちゃんお留守番ね」と
声をかけ頭をなでると、「ん~~」と渋い顔。
近くにあったダイニングテーブルにかけのぼり、私の目線に近づいて
大きく「にゃあああ」と鳴きながら頭をぐいぐい押し付けてきました。
そして私の動きを目で追い、一緒にリビングを出ようとする…
わーんごめんよおおおお。ボールを投げて、湖兎子が気をとられた隙に
家を出ましたが、うしろ髪ひかれると表現するのにはまりすぎる
シチュエーション。罪な奴です。

ボールと一緒に



ちょっと休戦。はい、こっち向いて。

すっかり元気



ピンぼけですみません。ボール遊び中を撮るのは至難の技だわ。

昨夜はさすがにぐったりで、廊下往復ダッシュもせず、
おもちゃを見せてもちょいちょいとさわるだけで
だるそうに転がっていて心配でした。やたら甘えてくるし。
夜中も珍しくずっと私の腕枕で寝ていました。重かった…
(おかげで私は腕を変な怪獣に噛み付かれる悪夢を見てしまった)
…が、一夜明けると見事復活!
「今日明日は安静に」といわれたのに守れそうもなく。
すでにボールドリブルで廊下を何往復もしています。
よかった。若いっていいね、湖兎子!

想定外のチックン



今日は体育は見学、お風呂禁止ね。
…このところ、腹見せ画像ばかりだなあ。故意ではありません。

生後6ヵ月が間近になり、ぼちぼち避妊手術を考えはじめています。
この件についてはいろいろ葛藤もあるけれど。
で、まずは健康診断と様子見を兼ねて、行けるうちに病院へ行っておこうと。
もちろん(?)以前行ったのとは違うところ。
やや遠いのですが徒歩圏内なので、今回は自転車にキャリーを乗っけて
ひいていきました。(だって重いんだもん)
さすがにお姉ちゃんになった湖兎子は、最初こそ鳴いたけどあとはおとなしく
病院でもたまに不安げに鳴くだけで、泣き通しだった前回とはえらい違い。
今回訪れた病院も、施設が新しく清潔で明るいムードに加え、なんといっても手技の間、
先生も看護師さんもずっとやさしく湖兎子に話しかけてくださったのが好印象。
湖兎子はさすがに診察台の上では肉級汗びっしょりで全身固まり、
体温測定の時には低く唸って看護師さんに「湖兎子ちゃん、大丈夫よ」と
なでなでされていました。で、手術にあたっては入院が必要で
それにはやはり2回めのワクチン接種をしておくことをおすすめされ…
(そう、下痢のどさくさと病院不信でしていなかった)
今日は体調もよいからこの場で、ということになってしまったのです。
ちょっとどきどきしながらのワクチン立ち合い、なんてことはない
一瞬のことで、湖兎子は「にゃ」とも声をあげませんでした。
帰りはキャリーのなかでけっこう暴れてましたけど。
戻ってきたら甘えモード全開。疲れたのかよく眠ります。
今日は激しい運動を控えるようにとのことなのでこのまままったり…
と思ったらまた「遊んで」モードになってきたぞお。しっぽパタパタ。
ウワア、ごみばこをひっくり返されたあああ~ということで。
あ、手術は今月中におこなう予定となりました。

福は内



たしかに、体型はふくふくとしております。でも耳の感じとか鬼っぽい?

昨日、祇園さんの節分祭に行った母が景品をもって立ち寄ってくれました。
その袋と記念写真(…というか偶然入っただけです)。
さあ、今日は巻き寿司の一本食いで厄落としだ。湖兎子、話しかけるなよ。
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる