猫語の教科書



コトタンもお母さんに読んでもらってたでしょ。そうでしょ。

昨日は猫飼いビギナーの少しだけ先輩がお客さまに。
初対面にもかかわらず、猫談義がはずみ楽しい時間を過ごしました。
お土産にいただいた猫飼いマストバイ本の1冊、
『猫語の教科書』(ポール・ギャリコ)をぱらぱら見るうちに
気がつけばまたも一気読み。お約束。
猫による猫の為の人間と暮らすための指南書なんですが、
いやあ、恐ろしかったです。何が恐ろしいかって、こんな本が
巷の猫たちに流布している真実。すべてに合点がいきました。
湖兎子のお母さんも絶対暗記するほど読んだに違いない。
あの可愛い表情や仕草、人心を掌握する行為のすべてに
説明がつき、薄々勘づいていただけにほっとした一面も。
…とまあ、そう思わずにはいられない楽しい内容でした。
私が知らなかっただけで、有名な本なんですよね。
もう1冊いただいた方は、号泣必須のようなので泣きはらしても大丈夫な日に
ゆっくり読もうと思います。心より感謝。

猫に真珠



昨夜、決死の覚悟で(!?)撮った画像。

光りモノが大好きです。ましてや光りモノと長いものという
大好き二大アイテムが合体したネックレス類となれば、なおさら。
立ったままじゃらじゃらしたのを首につけてると、大コーフンで
首もとまでジャンプしたのには驚きました。
そんなに好きならつけてみる?
このピンクの淡水パールなんか、お嬢様にとってもお似合いですよ!
と見せたが最後。首にかけたお写真など撮れるはずもなく
チェーンに噛み付き引き寄せパールに歯を立てようと必死の
湖兎子を阻止するのに精一杯になってしまいました。
つけてみてほしかったなあ。
…と、夜にはふたりでこんなことをして遊んでます。

頭寒足熱?



快適…なのかなあ?
普通より筋力を使ってそうなのでダイエットに効くポーズなのかも。

6ヵ月



2007年10月27日、夜。
お互いの物理的・精神的距離を象徴するかのような写真。警戒心ばりばりです。

そういえば、本日、湖兎子を迎えてちょうど半年めだったことに
気がつきました。
当時は生後2ヵ月半、体重1.5キロに満たないほんの幼児。
一人っ子でお母さんべったりの生活から、いきなり見ず知らずのオバハンに
拉致されて狭い部屋に監禁されて、さぞかし不安だったことでしょう。
おまけに猫飼い初心者の私も私で、不安いっぱい。
すぐにソファ裏に隠れてしまう子猫をどう扱っていいのかわからず、
おろおろするばかり。まともに抱っこもできなかったもんね~…
それが今では、子猫はすっかり飼い主譲りの?横着者に成長し、
飼い主が憧れるマイペース&女王っぷりを発揮するまでに。
かたや、こちらは一挙一動にはらはらするのは相変わらず。
でもまあ、これからもゆっくりと、お互いに心地よい関係性が
築いていければよいなあと思っています。
当ブログもいつまでこのペースで続けられるかわかりませんが
数少ない読者のみなさま、これからもよろしくお願いいたします。

猫なりのこだわり?



首まわりだけは、頑なにブラッシングを拒みます。
お前、そのヨレヨレのフリルに何か思い入れでもあるのか?

猫毛ボール



あんたの身体から出たもんだよ。

いやあ、恐ろしかね。
梳いても梳いてもきりがあらしまへん。
なまらびっくり~!
…て、私はどこの人間や。
抜け毛をまとめたボールで、湖兎子さんはしばらく遊んでいました。



ちょいフワ



ベランダの猫草を食べる時が唯一の外界とのふれあい。
不憫っちゃー不憫。

ブラッシング嫌いはさんざんお話してきたとおり。
そのため、ご機嫌を伺いつつ隙をついてしゃしゃっとやる、という
戦法を貫いて来たのですが、さすがにここに来て皮毛の乱れが
許容範囲を超えるほどに。
このままでは長毛種の飼い主失格でごわす、と一念発起。
たまたま衝動買いした『猫のキモ○』の付録のドライフードが、
めちゃくちゃ気に入ったのを利用することに。秘策「えさで吊る!」
…めちゃくちゃオーソドックスでんがな。
でもこれまでのカリカリでは、だめだったんですよ。
それが、このフードなら何度つかまえてブラッシングを繰り返しても、
ちらつかせただけでちゃんと戻って来るんです。
おかげでちょっとはふわ感が出て来たみたい(当社比)?
ちょっとこの画像ではわかりにくいですが。
ありがとう、シー○!ほんとに見ただけで私も食べたくなるくらいおいしそうです。

コトタンin天蓋?



掃除機をかけるのに、椅子をずらして置いていたら
カーテンにくるまって「湖兎特等席」をつくっていました。
オレンジ和紙といい、つくづく半透明のものが好きらしい。姫気分か。

朝からハッスル!



おふとんの上で遊んじゃいけませんて言われませんでした?

今朝は午前2時半と4時過ぎのダブルモーニング。
モーニング?片方は夜食やろ。
2時半のときにすんなり寝直してくれたので、ラッキー!と思ったのに
そう来るか…
で、7時半に3度目の朝食をとり(もはや朝食ではない)
久々に食後はハードに運動。…ほんと、気まぐれなんだから。
でも最近、だんだんおもちゃに飽きてきたようなので、
たまにこうしてエキサイトして遊んでくれると嬉しいのです。

本日のねどこ、マック裏



ただいま熟睡中。たまにぴくぴく。この場所、体勢はお初だなあ。

間違ってますよ



さて、ここはどこでしょう。

湖兎子は、赤ちゃんの頃からトイレはペットシーツでする習慣がついていて
砂かきの代わりに蓋付きトイレの蓋を叩いたり、下の新聞紙をかいたりします。
砂を使わないので毛皮や部屋が汚れないのは大きなメリット。
ただ、時々ペットシーツからはみだすことがあり、
その時だけはトイレ水洗いという結構めんどうな作業を強いられるんですね。
(私が神経質なだけ?)
さて、昨夜。
「もう寝るよ!」と電気を消して寝に入った直後、洗面所のトイレで
用を足してる気配。はいはい、と思って起き上がり、始末に行くと…
いや~ん、またオシッコがシーツの下にこぼれてる~ん。
眠い目をこすりこすり、バスルームで水洗いを済ませ、雑巾で拭いて
下に置いたとたん、当然のように入って来る奴が。
しかも思いきりくつろいでるし。嬉しそうでしょう。
…おいおい、間違ってるって!
このあと、ひっくり返して置いていた蓋にも入ってました。
こういう場所、好きなんだねえ。

マイペース



徐々に茶色化、進行中。久々に会った友人に「汚れた?」といわれたけど
ちゃうねん、色づくお年頃やねん…たぶん。

昨日は遊びの誘いにもおあいそ程度にしかのらず、一日ほとんど
寝て起きてなでなで催促して食べてを繰り返していた湖兎子。
「しんどいの?」と心配するも、よく食べるし便通も普通だったし
そういう気分なのか…?とそっとしてたら、夜、寝る間際になって
スイッチ入った~~!走り回って遊びの催促。こっちはもうへとへと。
早々に切り上げて無理矢理寝たのですが、「ごはん、ごはん」と私を
揺り起こしたのは、午前2時半でした…
普通は食べてトイレを済ませたら納得して寝るかおとなしく遊んでるのですが、
今朝はにゃあにゃあ鳴く、台所に行ったかと思うと「がったーん!」と
何かを落として騒ぐ、お布団に何度もダイブしてくる、
うんちは昨夜したばかりなのに、また立派なものを出して早く片付けろと
私が行くまで猫トイレの蓋を叩き続ける…
とまあ、ゆうに1時間半ははしゃいでおられました。
ちょっと寝坊してやろうと思っていたのに、定時になるとまた
元気に起こしに来るし。…私は寝不足じゃ。
で、本猫は今になって私の隣でうとうとしてます。
ちくしょー掃除機かけてやる!

武闘派ラグドール



「ぬいぐるみ猫」にはほど遠い凶暴お嬢。

猫の飼い方の本に、手を標的にするような遊び方をしてしまうと
噛み付きくせがつくのでいけません、とあったんですが
嬉しそうに遊んでくれるとついついこっちも調子に乗ってしまって。
あげく、このありさまです。育て方、間違ったんだろーな…いいけど。
あと、顔面への猫パンチ、頭を抱え込んで噛み付く「ことたんアタック」などの
必殺技もあり。しかしその姿が可愛いのでつい「来るな」と思うと頭を差し出してしまう。
そのたびに「Hey!Hey!Hey!」でダウンタウン浜ちゃんにどつかれて
喜ぶ三流歌手(?)と自分がだぶるの~。そりゃ、なめられるわ。

ブラッシング奮戦



あられもない姿。気持ちいいんだね~

朝から甘えんぼでさわるだけでぐるぐる言ってるので、
これはチャンス!とブラシを持ち出してみました。
案の定、特に腰のあたりが気持ちいいみたいで、
自らあおむけになり「ここも」と指示するほど。
(それが股の間だったりするので、こっちがためらうのですが)
上のような体勢で、しばらくはうっとり~
ごっそり抜け毛がとれました。
私の服もまわりも、毛が生えたみたいな状態になりましたが…
しかし、調子に乗ってるといきなり我に返り、
「にゃっ!」(何してるんじゃコラァ)と野獣に変貌。
ブラシといわず、私の手といわず噛み付きまくって
すっかり普段の湖兎子に戻ってしまいました。
う~ん…本当は首まわりのフリフリも整えてやりたいのだけど
どうも上半身は嫌っぽい。
実は前足の爪も、なかなか切らせてもらえないのです。
難しい子だわ。あなた、自分でできるの?



赤ちゃん返り?



ボール、取りにいこかな~どうしよっかな~と迷ってる湖兎子。

元気なんだけどどこか様子が違うのは、昨日書いた通りです。
前にも増して、スキンシップを求めるようにもなってます。
今朝方も、枕元で甘えて鳴くので、「おいでーな」と
布団から腕を出して呼ぶと、すたすたとやってきて
その腕にまたがるように抱きつき、そのまま半回転。
そうね、私の腕を丸太と見立てた豚の丸焼きスタイル?(他にたとえはないのか)
なでられるままにゴロゴロいいつつ、眠りにつきました。
で、午前中に掃除をしていると、ごはん置き場で催促の鳴き声をあげてるので
おお、食欲復活かと見にいくと、カリカリがほとんど残ったまま。
「どうして?ここにあるやん」とお皿を持ち上げて口もとに持っていくと
凄い勢いで食べはじめ、あっという間に完食してしまいました。
…介添えしてほしかったのか?
それ以外にも、はしばしに構ってほしい、見ててほしいオーラが全開で
ますます愛おしくなってしまうのでした。
…その割にはこうしてパソコンに向かったりして、応えてあげてないのだけど。
たまにはツンデレのお返しだ~い。

どうしたんだろ



ボール遊びは日課。足元にくわえてきて、「投げろ」の指示。

実はここ2、3日、湖兎子に異変。
なんと食欲が著しく減退しているのです。
一昨日くらいから、まず一気食いだった缶詰をちびりちびり食べるように。
(それでも完食は完食)
で、以前は催促しまくりだったカリカリは口をつける程度。
私の顔を見てにゃあにゃあと訴えるのですが、いざあげると
食べようとしない。…ひょっとして飽きた?と思って別のをあげても少し食べるだけ。
それ以外はほぼ元気なのですが反抗期っぽい言動(!?)も。
昨日などふだんの半分も食べなかったので、さすがに気になりまして。
ブリーダーさんに相談したところ、季節的なものかも…とのこと。
避妊手術をしても、やはりそういう状態の残る子はいるらしく。
少し合点がいって湖兎子をなでながら「もやもやしてんのか?」と
問いつめてみました。(考えようによってはセクハラか?)
もしくはまさにこの数日、少しナーバスになっていた私の影響?という
心あたりがなきにしもあらず。難しいですね、猫のきもち。
ともあれ、今日は昨日よりはよく食べ、相変わらず元気はいっぱいです。

ことたんチェック



キッチンの汚さは見なかったことにしてください。

本日はキッチン浄水器のフィルター交換の日。
例によってピンポンのお迎えダッシュにはじまり、
技術者のお兄さんに興味津々の湖兎子。
しっぽふりふり、匂いをかぎに行き、かばんをのぞこうとします。
しかしこのお兄さんもまた猫には興味ナッシングの様子で、
私は迷惑のかからないように湖兎子をじゃらしたり抱きとめたりた~いへん。
気がつけば、服は猫の毛だらけになっておりました。
話をしている間は少し離れたところでお腹見せてひっくり返り
じっとなでなで催促してるし。笑いをこらえるのに必死でしたわよ。
お兄さんのお帰り後、作業をされていた場所に座り、
念入りにチェックする猫一匹。
何がそこまで彼女の好奇心をくすぐるのでしょうか。

まくら



うう。固い。高い。
…それは確かに寝にくいよねえ。ごめんね、狭くて乱雑で。

超早起き



最近、構ってもらえずいじけた時はこの場所に。和紙に頭だけつっこんでることも。

今朝、湖兎子お嬢様が私の顔に肉球を押しつけ「起きなさい」と命令されたのは
午前2時58分でした。…これ…朝か?
でもしっかり朝食を催促、ぺろりと完食して大小のトイレもお済ましに。
夕方によく寝たので体内時計がおかしくなったのかしら。
それともこれから毎日?本格的な睡眠二部制度の採用か。
ええよ、つきあうよ。



朝から元気



紙袋ブーム、継続中。

禁断の場所



ベッドの足元のわずかなスペース。入り込むだけで、興奮でお目目まっくろ。

もはや布団置き場と化しているわが家のベッドルーム。
唯一のカーペット敷きの部屋でもあり、当初は「猫立ち入り禁止」に
していたのですが…朝晩の布団出し入れの際、足元をすり抜け
器用にすべり込む猫一匹。最初はすぐにつかまえて追い出していたものの
なし崩しに探検を許すようになりました。
適度に狭くて、暗くて、ふわふわな感じが気に入ったのか
今では一日2回の訪問を日課にしているような湖兎子です。
しばらく放っておいて迎えにいくと、凄く嬉しそうな顔でこっちを見ます。
…で、あんまり長いこと放っておくと、不安になるのか自分から出てきますわ。

ゴロン猫



本日はお天気のせいか動きがにぶくたいした写真が撮れなかったので
昨夜の画像です。ごろん。

憧れのお膝猫や抱っこ猫への道は険しいけれど、
立派な(!?)ゴロン猫に成長?した湖兎子。
寝起きにゴロン、遊び疲れたらゴロン、眠くなったらゴロン、寂しくなったらゴロン。
もちろん、私の都合などおかまいなしで、
キッチンの足元、化粧している足元、はたまたお客さまと打ち合わせ中に離れた場所から、
お友達とお茶の最中に真ん中に割り込んで…いたるところで上記のポーズ。
なでなでしてもらえるまで、じーっと待ってます。
昨日など、ばたばたと掃除や洗濯に走り回り、ダイニングに座って化粧を始めたとたん、
大声で「にゃわんっ!」と吠え(本当に)そのまま足元でゴロンというよりパタン、
「私を放って何してんの!」と軽くキレられた感じでした。

で、これだけなでなで好きのくせに、こちらがコームを持ち出した途端、
戦闘態勢に入るから困ったもんだ。

新しいお友達1



抹茶さんです。(そのまんまやんけ)鞍馬から拉致されてきたそうです。

新しいお友達2



一緒にごろーん

うつむくだけで



昨日とほぼ同じシチュエーションなのに、うつむくだけでもっさり、
2頭身ぽくなるのは何故でしょう。今日はいつもにも増してぼさぼさ湖兎子。

おっきくなっても



まだまだ遊び好き、いたずら好き。

祝8ヵ月



今朝の体重は3.8キロ。堂々たる体躯です。
でもまだまだ大きくなるもんね~

最近、よく湖兎子が来た頃の写真を見てしみじみしています。
こんなにちっちゃかったんだ…というのが、信じられない感じ。
何よりお互いの距離を測りかねている不安な心境が、
湖兎子の表情やおそるおそるのアングルから見てとれるのが
おもしろいなあ、と思います。
湖兎子を迎えて今月末でやっと半年。
猫飼い初心者の私も、湖兎子の身体の成長に合わせて…まではいきませんが
少しは成長できたような気がします。私もまだまだおっきくなるぞ!

犬疑惑



は?どこが?私、猫そのものですやん。

いや、確かに万事につけ猫らしい猫です。
でもちょっと面白い「喜びのしぐさ」がありまして。
たとえばごはんを用意して運ぶとき、キッチンで待つ彼女に「できたよ!」というと
まさに「わあい」という感じでバンザイして足に抱きつきます。
また、仕事をしてる時に遊びの誘いに乗ってリビングに行こうとすると、
廊下を歩く間、うれしそうに立てたしっぽをふりふり、
時々私を見上げてぴょん、とこれまた両手で私の足に飛びつきながら歩きます。
そのままごはんの場所に誘導され可愛くねだられたりもするんですけどね。
なんだかこれって、犬っぽくありませんか。
それとも他の猫ちゃんもやっていることなのかしら。
ともあれ、こんな姿を見たら仕事なんかやっていられようか、いやできまい。
…嘘です、すみません、お得意様各位、変わらぬおつきあいをお願いいたします。

朝のキメ顔



撮るんならさっさと撮ってよ、とガンを飛ばしている顔でもある?

朝晩のタワー上は、湖兎子にとってリラックスのひととき。
ぼーっとしてるので写真も撮りやすく、必然的にここでのショットが増えてしまいます。
まだまだご紹介したい表情やポーズがあるのに、活発な時はカメラを構えた途端
やめたり逃げたりしてしまうことが多いので残念。
あと、時々変なものが写り込む背景の問題も。…いろいろ、精進します。



思い出し笑い



みたいな、毛繕い中の1ショット。
未だに人間の女の子に見える時があります。
     
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる