猫の見る世界



段差に前足をのせて外を眺める湖兎子。窓際にほおづえをつく少女にも見えて。

この場所に陣取ってじっと外を見て過ごすことが増えました。
何が見えているの?と並んで視野を合わせても、
ベランダに切り取られた景色は味気なく寂しい印象しかないのに。
それでも部屋のなかよりもずっと刺激的な世界が広がっているのを
わかってるんでしょうね。ちょっと、おうちねこの哀愁を感じます。
湖兎子なんか外に出たら絶対生きていけないんだけど。
昨日は、興奮したまなざしの先に飛行船を見つけました。
猫の目には、どんなふうに映ってるんだろう。

水遊び



肉球が濡れるのも厭わず果敢なチャレンジを続ける朝5時の湖兎子。
太短く見えるのは、気のせいです。たぶん。


氷遊び



フローリングをすべる氷に興味津々。フローリングはべちょべちょ。

夏ですね。氷の活躍する季節です。気が早い?
写真がすべて残像になるほど興奮して遊んでくれた湖兎子さんです。
しかし調子に乗っていきなり冷たいものを大量に飲み食いしてしまったusainuは
この後、脂汗を浮かべてトイレに通う羽目になり…
体をくの字にして歩く人間を初めて見たお嬢は背中の毛を逆立てて応戦の構え。
ちがうんだよ~新しい遊びじゃないんだよ~(弱々しく)

in天蓋パート2



椅子をかこって特等席。昨日の午後はほとんどここで過ごしてました。

湖兎子は日によってテンションがまったく違います。
昨日は一日中ほとんど起きていて、何度も遊びを誘ったり、
窓の外を眺めたり。特に外を見るのがマイブーム?
朝には初めて、目の前の電線に止まったつがいの鳩に遭遇し大興奮。
何事かと思うほど、全身に緊張感を走らせて、野性の顔になってました。
新居候補の視察に来てた鳩夫婦は「こりゃだめだ」って感じで
すぐに飛び去ったので、湖兎子はがっかり。
私と窓を交互に見てにゃあにゃあと訴えます。
どうやら「あの面白いやつををもう一度出して」とせがんでるもよう。
あのね、それは私には無理なんだよ。…今度は鳥のおもちゃでも買うか。

懸案事項のおトイレ問題、昨日も回数は少なかったとはいえ、
さっさと自分で済ませてました。
「もう、トイレ事情までブログに書かんといて!恥ずかしい。
ちゃんとひとりでできるのに」てとこか。

おせっかい



恒例、朝の爪とぎ。この椅子がいいんだって。(泣)

最近の心配ごと。トイレになかなか行かない。
小さい頃は一日6~7回、気がつけばトイレに座ってる印象だったのに、
最近は朝ごはんの後も用を足す気配なし。
私がすぐに寝室に戻ってしまうからかな。
そういえば、寝場所を変えてから、極端に減った気がします。
さすがにあまり長いこと行かないと心配になり、ついつい抱っこして
トイレに連れていってしまいます。
でもトイレに座ってにおいをかぐと、条件反射でもよおすのか
フツーに用を足し、そのまま大に突入することも。
単に膀胱が大きくなってがまんできるようになったのか?
尿意が知覚できない病気じゃないでしょうね
…と、心配のタネは尽きないのでした。
しかしトイレに連れてくのはやっぱり過保護すぎますよね。

猫ちゃんコール



仕事場の出窓。面白いものは見えないのだが。

昨日はお仕事が切羽詰まっていて、終日、ねじり鉢巻で机に向かう(古典的表現)状態。
当然、あまり構われずふてくされがちの湖兎子だったのですが。
最近はマンションの中廊下に面した仕事場の窓を少し開け、ブラインドもあげて
湖兎子がのぞけるようにしています。こうしてると、外を見るのが好きな子なので、
けっこう長い間おとなしくしてくれるんですよね。
で、夕方近くなり、友達からの電話で私が他の部屋に行って話しこんでたところ。
湖兎子がちょっと困った顔で、出窓を降りて私のいる部屋にやって来ました。
気がつくと、外ではしゃいでる子どもたちの声。ああ、また廊下で遊んでるわ…
湖兎子、うるさかったんだね、と思った次の瞬間。
「猫ちゃ~ん」「猫ちゃ~ん」と叫んでる!
仕事場に戻ると、窓越しに小さな頭がわらわら(といっても4~5人?)。
口々に猫ちゃんコールをとなえながら、のぞきこもうとしているではないですか。
どうやら、遊ぶ子どもと目が合ってしまったらしい。
うちはペット可マンションなんで、こそこそする必要はないのですが
うかつに湖兎子を披露してこれから毎日呼びに来られてもねえ~…
ということで、こっそりブラインドをおろし、がっかりする子どもたちの声に
手を合わせてあやまったのでした。

猫の開き



このまま一夜干しして、できあがりです。

よくよその猫ちゃんがぱかっと開いて寝てる姿を見かけますが、
これ、今のところ湖兎子はあんまりやらないんです。
リラックスしてる証拠らしいんですけどね。もしくは暑いか。
昨夜は見事に開いてくれました。あ、でもまだ上半身にためらいがある?
あとひと息だ!がんばれ!(何を)しかしこうして見ると太短い…

昨日は友人たちと米朝一門の上方落語勉強会を楽しんできたのですが
米二さんの新作落語「ご近所の掟」というやつが、子どもが子猫を拾う話。
それが「白くてふわふわした子猫」で、友人ともども湖兎子を連想して笑ってしまった。
落語自体も、とっても面白かったです。

朝のテンション



朝からカメラの紐にエキサイト。

日に日に、起こし方が過激になっています。…私がなかなか起きてやらないから。
(だって今日も3時半、4時半、6時前)
食べ物をねだる時と、「そろそろ起きてリビングへ来い」という時は
明らかに起こし方が違い、後者のほうがハイテンション。
前者は枕元にうずくまって、黙って肉球タッチを繰り返すという可愛いものなのですが、
後者は走って来てベッドに飛び乗り、私をぴょんぴょん飛び越して
行ったり来たり、それでも無視してると体の上にダイブ(ぐえ)
肉球タッチも、ちょんと乗せるだけでなく私の鼻をぎゅーっと押さえつけて
そのまま静止。呼吸困難を狙ってる!?
その間、にゃあにゃあ鳴きっぱなし。なでなででごまかそうとしても払いのけられます。
…起きずにはいられません。で、先導されてふらふらとリビングに行くと、
「窓を開けろ」の指示。その後は何をするわけでもなく、
遊びにもそんなに乗って来ないし、ねそべって私をじっと見てるだけ。
生活改善させたいだけか?修行か?なかなかハードな日々です。

忍びの者



夜。ベッドの枕元に、こんなふうにこっそ~とやってきて私の様子をうかがっては
目が合うと走り去っていきます。…何がしたい。

潜むコトタン



ぺったんこになるのが得意です。

あれ、どこに行った?と思うと、よくこうして玄関に腹這いになって
じーっとこっちを見ています。
ボール遊びの最中でも、戻ってこないと思ったらこんなかんじでひと休み。
大理石がひんやりして気持ちいいのかな。
そろそろ段ボール撤去してよかですかね、先生。

コトタンinベッドルーム



寝具の上で、戸惑いの表情。

ベッドルームで寝るようになって三日、まだ事態が呑み込めてない?湖兎子は
しばらくは「何してんの?早くリビングに行こうよ」とばかり
廊下と部屋を行ったりきたり。
私がちょっと部屋を出るとしっぽを立ててリビングまで先導します。
そのうちベッドルームの中をごぞごそ探検。ベッドの上もひとまわり。
どうも落ち着かない様子で、明かりを消すと出て行ってしまいます。
で、一日目はリビングのカーペットの上、2日目はいつものキャットタワーの上、
そして昨夜はしめ忘れていた仕事場の椅子の上で眠りについておりました。
…そんなに一緒の部屋で寝るのが嫌なんかい!
それでも、朝2度目に起こしに来た後は、気がつくとちゃっかり足元で寝てるんですけど。

まぶしいけど気ににゃる~



初めて見るスタンドに興味津々。

このあとよじのぼって鼻をくっつけようとするので
慌ててしっししました。熱いものにまったくもって無防備です。
(キッチンのコンロ然り)やけどしてからじゃ遅いぞ~

かまってちゃん、発動。



ストローではなく本のしおり。おいおい、図書館の本だから駄目だよお。
(といいつつ、シャッターチャンスとばかりカメラを構える私)

夜のくつろぎタイム、ソファにもたれて本を読んでいると
自分が注目されなくて寂しくなるのか、何分かに一度、
とことことすり寄って来て読んでる本に顔をこすりつけます。
そのあと、きちっと座り私の目を見て「な~ん」。
撫でると後ずさりしてまた微妙に距離を置いてふて寝、の繰り返しです。
そのうち膝の下に潜り込み、「いいもの発見!」とばかりテンションアップ。
垂れ下がっていた本のしおりにじゃれる、じゃれる。
「だめ~」と本をひく私の膝にのぼり、しおりをガブリン。
どうしてこう細くて長いものが好きかね。
結局私は読書を中断して、しおりではないおもちゃで
遊びにつきあうことになるのでした。

さいきん



ぶっさいくな写真ばかりアップしていたのでたまには凛々しいのも。
ちょっとぶれてますが、ちょっと大人な湖兎子嬢。

ちなみに本日は



4時と5時起きでした。ねむ~

…で、起きる時間になるとにゃあにゃあ鳴いて起こすだけ起こして
自分はまた二度寝を始めてやんの。ずるいよう。
私は仕事場になかなかたどりつけない悪夢を見てうなされたっちゅーねん。
夢のなかの仕事相手は思いもよらぬ、麒麟(漫才師)でした。なんでやろ…

方針変更



苦悶の寝姿。怒ってる?(本文とは関係ありません)

湖兎子が来て以来、リビングのキャットタワー下に布団を敷いて寝ていました。
煎餅布団をフローリングにじかに敷くという暴挙を続けてきたわけですが、
さすがに寄る年波のせいもあり、日に日に腰痛が増してきました。
ついに昨夜、私は慣れ親しんだ?リビングを離れ古巣のベッドで眠ることに。
これにあたって基本的に立ち入り禁止にしていたベッドルームを開放。
湖兎子がどうするか、なりゆきを見守りました。
結果。
立ち入り禁止の時は興味津々で隙あらば入り込んで一人遊びしてたくせに
(立ち入り禁止ちゃうやん)
いざオープンにすると、勝手が違うのか寝室と廊下の間で香箱を組んで
初めて見るブラウン管のテレビを見入っております。(液晶と見え方が違うのか?)
愛用の座布団やら段ボールを持ち込んでやったのにそれには見向きもせず。
結局、テレビも電気も消してしばらくすると、ひとりリビングに戻って
カーペットの上で寝ていました。
でも夜中3時半くらいに起こしに来て、その後はあっちこっちうろうろしてた模様。
かなり寝不足じゃないかなあ。…当然私も。
でも、最近毎朝感じてた腰痛はうそのように消えてました。びっくり。
寝具ってやっぱり大切ですね!

ファブリック大好き



毛繕いする仕草は、幼い頃から変わってないな~としみじみ。

たまにテーブルクロスを敷くと、たちまちテーブルに上がってひとくつろぎ。
清潔感とはほど遠いわが家の食卓…
ちなみにこの布は以前、フェバリットスポットのひとつ
一乗寺の恵文社さんに行った時に衝動買いした「nani IRO」のもの。
(おおっ!初めて「古都日記」的記述!?)
水彩画をそのままファブリックに…というコンセプトで、色が美しく素敵なんです。
でも猫の寝床には勿体なかったので両端をちくちくかがってなんちゃってクロスに。
ダブルガーゼなんで本来は寝床のほうが向いてるんですが…
いやしかし、この姿を見るとどっちにしても一緒だね。

パフスリーブ



もしくは肩パットのアメフト選手。

だってモデルだもん?



腰のあたりの茶色が濃くなってきました。

カメラ、好きだか嫌いなんだかわからない子です。
一心不乱に遊んでる姿がとても面白いので、おもわずカメラを向けると
「は、結局そういうことですか」と急に醒めた顔になり、
すっとやめて別の場所に行ってしまいます。
でもきちんとしたポーズの時は、カメラ目線を決めてくれるんだな。
無防備な姿を撮られたくないの?モデルのプライド?
そういえばこの写真も目やにに間違われる目元のポイントを隠してますよ?
(しかしこの隠し方はどうだろう…て、顔掻いてるだけや)
そのうちアングルも厳しく指定されるようになるのかも。

薔薇と猫



う~ん、いい香り。…と思ってるんだかどうだか。

その昔、くるりんちゃんから引っ越し祝いにもらった薔薇の鉢植え。
荒れ放題のわが家のベランダで唯一、
春秋になると律儀に大きな花を咲かせてくれます。
ろくな手入れをしていないのにありがたい。
さて、薔薇の花初体験の猫さんの反応は?
興味津々でくんくん。おもむろにガブリ。はい、対面しゅーりょ~。
花は絶対に行けない仕事場の高い本棚の上に避難となりました。

カーテンがあ1



どれどれ、よっこいしょと。

衣更え



衣裳ケースに入ってご満悦。

昨日はようやく仕事が一段落したので、
ちまちまと手洗いしていたセーター類を夏物衣類とお取り替え。
(はあ?今更?とあきれないでください)
しゃしゃりでてくるのはこいつです。
セーターを一枚ずつ広げ、再度丹念にコロコロをかけ畳みなおし…
(洗う前後もやったのですが、なぜかまた湧き出るようについている猫毛。ホラーかよ)
その作業中もうろうろ、そわそわ。で、もちろんこれはお約束。
並べていたふたつの衣裳ケース、両方に入り寝そべってゴロゴロし、
使用感の違いを確かめておられました。
コロコロの手間がまた増えました。

夜行性



朝日が射し、私が起きる気配を見せると上からなでなでの催促。
カメラを向けると目線をはずされましたが、この体勢で可愛い顔をつくってじっと見る。

もう、夜中1回と早朝1回、私を起こしにくるのが定例化しています。
夜食が食べたくなるのなら…と、寝る前に多めにカリカリを用意して寝ても、
起こしにくるのは3時台…ごはん、あ・る・や・ん!そこに。と言っても駄目で。
結局なんとなく起きてしまった自分につきあわせたいのかな~…
なでなでと食事、排泄のあとは納得するのか、しばらく一人で遊んでます。
(しつこく遊びに誘わなくなったのは偉い)
わからないのは、1回めと2回めの催促が1時間ちょっとしか空いてない時があることで。
ひょっとしてあんた、ずっと起きて遊んでてまたお腹空いたの?
うーん、謎です。一度とことんつきあってみないとな。

湖兎子の混乱



洗面所に置いてたかご。全然入らなくなったのでキャットタワーに移動。
珍しく思ったのか、さっそく入ってました。

ここ数日、飼い主は体調がいまひとつで、
一応外出や仕事や家事はこなせたのですが、時間を空けてはだらだらと
寝転んでいました。スケジュールさえ許せば、暗くなる前に布団をしいて
ひと眠りしちゃうことも(爆)。
そんな時、湖兎子はとても混乱するようで、「なんで?」って表情でよってきて、
お腹によじのぼり顔をのそきこみ、にゃあんと鳴きます。
心配してくれてるの?と思い「ごどご、じんどいよお~」とわざと苦しげに言うと
つーんと無視されるんですが。
「そんなとこで転がってんと、私と遊べ」ということなのでしょうかね。
このまま倒れたままだったら、この子どうするのかしら…
にゃあにゃあと119に電話する姿など想像しては楽しんだのでした。
あ、体調は無事回復いたしました。
季節の変わり目に身体がついてかなかったのでしょう。婆だから。


ぬいぐるみ



朝日さしこむよい天気。
こうしておとなしく座ってる姿は、まさにぬいぐるみ猫。

外が気になる



にゃあ~んと長く鳴いて目で訴える。外が見たい?猫草食べたい?どっちだ。

昨日に引き続き、京都は寒い。(全国的にかな?)
とはいえ、マンションの中はあんまり変化なく、窓を開けて初めて
外気との差に気づくという感じです。
ところが湖兎子ったら、この首のもふもふマフラーがあるからか
いっこうに気にならない様子。今日も元気に窓から顔を出して猫草を食べ
その後もしょっちゅう窓際に行っては「開けて」の催促を繰り返します。
特に午前中はその傾向強し。ボールを投げても猫じゃらし振っても完全無視。
なんか自分なりのスケジュールがあるのかなあ。あ、また呼びに来た。



血統書



折よく、満9ヵ月の本日、手元に届きました。

凄いです。全部英語です。(あたりまえ)
ぐれいとぐらんどぺあれんつ(たどたどしい)までさかのぼった
家系図がつくんですね~
ははは、飼い主本人なんて、ここまでわからないよ。すげー。

さて、記念撮影でもするか。
うん、立派立派!ええ猫に見えるよ、そのポーズ。
…ちょっと待って…背景が…なんじゃそりゃのトイレと段ボール。
(明らかに撮影者の問題)
文面含め、めっちゃ頭悪そうなブログになってしまいました。
ま、らしくていいやということで。

祝9ヵ月



雨の朝。そのせいかいつもよりすこしお寝坊。

人間の年齢だと15歳くらい?思春期まっただなかですね。
体重4キロジャスト、さすがに増量ペースが落ちてきました。
でもよく食べるので、まだおっきくなるぞ!きっと。
今でさえ訪れる人を驚かせるほど大きくなりましたが、
うんと大きくなってほしいなと思います。(デブではなく)


お嬢さんパンチ



朝の爪研ぎ。わかりにくいですが、私が前でボードを立てて支えています。

昨夜も、こちらが寝ようとする頃、絶好調を迎えた湖兎子。
ごそごそしてるなあと思いつつ横になってたら、
なくなったと思ってたいちごボールをくわえて私の顔の前に。
じっと見てたら、どんどん近づき、大アップ。
不覚にも可愛いと思った次の瞬間、ボールをくわえたまま
無言で私の顔にゆるい猫パンチを浴びせ、次にボールをぽとりと枕元へ。
…それがまた、ちょい、って感じで肉球が当たってねえ~。
可愛いやら気持ちいいやら(変態)
湖兎子も、けっこうそのシチュエーションにはまっているのか、
今朝のモーニングコールは同様のお嬢系猫パンチでした。
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる