何がしたい


朝。ベッドルームの前でのぞき猫と化す。

昨夜は、友人(ままちゃん)がわが家に一泊。
朝、荷物を置きにきて早めのランチを食べたあと
用事で出かけ、夜遅く帰ってくるというスケジュールでした。
ままちゃんといえば、私の策略によりキャットタワー下に寝かされ
夜中、湖兎子の「起きろ」爆弾を浴びた惨事が記憶に新しいところですが
今回はとてもハードスケジュールなためそれはさすがに気の毒と判断、
私のベッドルームに寝ていただくことにしました。
夜中のご飯やりもしてくれた彼女のこと、もう覚えたでしょ?と
湖兎子に聞くのだけどこいつったら何を考えてるんだか
何もしてない彼女にそっとしのびより猫パンチ。(親愛の情?)
しかも私がちょっとおつかいに出てる間にひっかき傷のお土産まで!!
なんて極道な猫!!ごめんね~ままちゃん…
で、夜。
気がつけば私の枕元ですやすや寝ていた湖兎子ですが、
今朝聞いてびっくり夜中にままちゃんの枕元もちゃっかり訪問していたそうです。
耳横でぐるぐる言う声が聞こえたけど、疲れきってた彼女はノーリアクションで
そのまま眠りに引き込まれたとか…ふ~ん。
もう一度言うよ、湖兎子。誰でもええんかい!

熱しにくく冷めやすい


視線の先には紙でつくった「こより」があります。
(最も安上がりのおもちゃ)

猫じゃらしを振るだけで飛びついた子猫時代と違い
最近はおもちゃ遊びも気分ひとつ。
食いつきのよいおもちゃも続けて遊ぶと飽きてしまうので
とても難しいです。
その気がない時に誘ったら、ちらりと一瞥したあと
ため息をついて(←雰囲気)目をそらす。
それがもう、めっちゃしらけた感じで怖いくらい。
こちらはおもちゃを引っ込め、
「しょうもないことしてすみませんでした」と
あやまるしかありません。なんでやねん!
今のところノリのいいナンバーワンは氷継続中。
目の前をつつーっと滑らせると、子猫に戻って
追いかけまわします。ボールには無反応の時でも。
…不思議だ。何が楽しいのかしらね。

好き嫌い


わかりにくいですが、氷を舐めてます。…おかしな好物。
舌、ひりひりしないのかしら。

子猫時代はそれこそ口に入るものなら何でも喜びいさんで
がつがつ食べてくれた湖兎子ですが、
ここへきて徐々に好き嫌いが現れるようになりました。
あまり食べたくないものを出された時の反応は、
お皿の前でまず立ったまま「…」て顔をして固まります。
それでも偉いもので?たいていはひと口ふた口、
口をつけるのですが「やっぱり嫌!」という顔をして
私のところにやって来て、「にゃああ」。
こういう時はとてもお腹がすいてるので、
「なんでよことちゃん、これも美味しいよ~」と
もう一度お皿のところに一緒に行き、手でつまんであげると
なぜか食べ始めます。甘えたさん。
しかし、本当に食べたくない味の缶詰などは、
私に訴えることもなく、無言で砂をかける仕草。
それも相当しつこく。こうなると、何をしてもダメ。
まあ、気持ちはわかるのですが…勿体ないよお~。


さらば大理石ベッド?


いつも通販でまとめて購入するペットシーツの箱。
まさかこの大きな段ボールにぎっちぎちになる日が来ようとは。

あ、段ボールで寝ているわけではありません、あしからず。
ただ、京都でも日に日に涼しさが増し、ついに昨日は
玄関の大理石の上で一度も寝ることなく、ベッドルームへ来た湖兎子。
夜中には枕元…というか顔のすぐ横で寝て、何がうれしかったのか
ずーっとゴロゴロ言ってました。…ちょっとうるさかった。
でもフワフワをなでながら眠れるのは、やはり飼い主冥利につきます。
(下僕冥利ともいう)

なんとなく


全体にまた白っぽくなってきた気がするのですよ。
普通、秋とともに色づくものだと思ってたのですが…この子は逆?

好奇心


お顔ふきふき?…うーん、猫に見えないかも。

今までまったく興味を示してなかったものに
いきなり食らいつく?ことがあります。
今朝はこのトイレ上の台。
なにか落ち着きなくきょろきょろしてるなと思ったら
「お!」て感じでひとっ飛び。
小道具入れにかぶせていた布をガジガジして遊んでました。
気候の変化とともに、また少しずつ行動や毛並みも
変わりつつあるような気がします。

いつの間に


こうしたらよくわかる?猫のくちびる。

湖兎子はうちに来た時からくちびるの半分だけ茶色で
猫のことをよく知らなかった私は何か病気かと少しどきどきしたものです。
友達からそれも柄みたいなものと聞いてひと安心。
それが、昨日なでなでして「そういえば…」と気づいたのですが
違和感のないピンクになってる!
なんで~いつの間にい?
そういえば、ここ数日、なでなでしながら
「ぷぷ…オバQみたいな口」って思っていたのだった。
その時にはすでにピンクになってたということですよね。
どうして気がつかなかったのでしょう。
しかし不思議。こういうことってよくあるんでしょうかね。

不機嫌な日


うるちゃいにゃ~とイカ耳。あららピカチューになってますよ。

昨日は京都は地蔵盆の日。うちの町内はリビングの真ん前のお寺が会場で
朝からガヤガヤ。老若男女のはしゃぐ声しきり。
湖兎子も落ち着かず、うろうろしたり外をのぞいたり。
挙げ句、こーんな顔してうずくまってました。
次第に慣れたようですが。おまけに昨日は右翼カーもうるさかったしね。
で、夜は夜でまたもお尻にう○ちをひっつけてあちこち座ったものだから
意を決してのお尻洗い…相当なバトルとなりました。
久々にソファ下にたてこもられてへこんだけれど
なんてことない、製氷室を開ける音で飛んで来て仲直り。
単純な子でよかった。でも実はお尻、ちゃんと洗えたか不安…
また隙を見て尻毛カットだな。長毛種の宿命?
それとも湖兎子があまりにヘタクソなんでしょうか。

ぼさぼさ娘


人相いや猫相わる~

恒例朝のブラッシングから逃げ出して、でもごほうびの
シーバ(もう伏せ字面倒)は欲しいので近くで待機する湖兎子。
寝起きの上にブラシの最中なのでなにやらヘアーがえらいことに。
相変わらずブラッシングへの徹底抗戦の構えは健在です。
ブラッシングしたらしたで、たまにゴロゴロいうくせに。
なでなでは大好きでしつこく要求するくせに。
手とクシとどこが違うというの。ま、多少は違うけど。
西陣つづれ織の人みたいに爪を細工して、
こう…なでたらクシ代わりになる、みたいにしようか。嫌じゃ。
毎度のことながら、わかる人にしかわからんたとえですみません。

記念撮影


はいポーズ!(机上の乱雑さには目をつぶってください)

ブリーダーさんにお願いして送っていただいた
湖兎子の弟妹たちの画像。どの子も愛らしくて、萌え死にそう。
湖兎子も1年前はこんなんだったんだねえ。
せっかくなので?一緒に写真を撮るのにトライ。
なかなかうまくおさまってくれず、なんとか形になった一枚。

お疲れ!


ここ2、3日はダイニングテーブルの上から私を観察するのがマイブームらしい。
カメラを向けるとそっぽ向かれてしまうんですけどね。

昨日は疲れたのかよく眠ってました。
最近では缶詰タイムが12時~1時の間となり
そのあと意味なく夜中に起こしに来るのですが
今日は夜中がなかったよ!
そうなるとまた調子悪いのかな~と思ってしまう心配性。
ま、ま、元気そうです。お目目もくりくりしています。

行ってきたのだ


戻ってさっそく氷遊び。頭のフロントラインあとが泣かせる?

約5ヵ月ぶりの病院。ということは外出も5ヵ月ぶり。
道中はこれでもかというほど啼く、啼く。
病院に入ったら先客がいっせいにこっちを見たほどです。
でも待合室に入ってからは落ち着いてました。瞳孔は開きっぱなしでしたが。
で、診断。(思ったよりおとなしい…というかかたまってました)
皮膚の具合、禿げてる位置、飼ってる環境からして、
まず細菌性のトラブルではないということ。
可能性としてはやはりストレス、ひょっとしたら食べ物アレルギー、
もしくは関節炎などのトラブル(スコティッシュに多いらしいです)が
考えられるけど、まあしばらくフードを一種類に限定して
様子を見てくださいとのことでした。
念のため、ダニ駆除のフロントラインだけしてもらう。
あれって頭に塗り込むんですね~。知らなかった。
目視と触診だけですが、内科的にも問題なさそうで、ひと安心。
ブリーダーさんからもできるだけ構ってあげてくださいと言われてるので
そうすることにします。だからさあ湖兎子…せめて構って欲しい時は
呼びつけるんじゃなくて自分から来てほしいなあ。

学習能力ゼロ?


しかし暑苦しいキャリー…オールシーズン仕様のを用意すべきだった。

病院行きに備えて、しまっていたキャリーを出しました。
湖兎子にとっては嫌な思い出がつまっているはず…大丈夫かな?
なんて思いは、まったくの杞憂に。
キャリーが登場したとたん、興味津々、さっそく自分から中へ入る始末。
憶えてないのかよ!
「わーいつかまえた!」とファスナーを閉めて閉じ込めても、
パニくる様子もなく…おおらかなのか、学習能力がないのか。
まあ、こっちとしてはひと安心です。
それにしても重い。前の病院行きから約1.5キロの増量。
多少やわらいだとはいえ、まだまだ暑い中、
徒歩10分の道のりを歩きとおせるのか?今度はそっちが心配…

なんで?


こんな姿を公開するのも、心が痛むわ。

おわかりいただけるでしょうか、足の付け根部分。
毛が薄くなってているのですよ。昨日気がつきました。
最近、あまりにも執拗に毛づくろいする姿を見て
かなり心配はしていたのですが…つつついにおハゲリータ。
これはやはり病院行きでしょうね。嫌だなあ。
今日もちょっとばたばたなので決行は明日に持ち越しですが。
特に痛がる様子もなく、普段は気にも留めてないのに
毛づくろいを始めるとスイッチが入り集中的にやっちゃうみたいです。
なんで?なんで?ああ、こっちまではげそうだよ。

気分屋さん


でーん。あの…そっちのパソコンも開きたいんだけど…

日によってまったく態度の違う湖兎子は、ちょっと人とはズレた
体内時計というか暦?で生きてるような気がします。
昨日はふて寝?のおとといとうってかわってずいぶん活発。
仕事してるところに何度も遊ぼうと誘いにくるし、
ゴロゴロいっては足の踏み場もない仕事机に無理矢理上がり、
キーボードの前に座って身体をすりつけてくる。
挙げ句サイドテーブルに落ち着いてじっと監視する始末。
その後もあまり寝ないで、走り回ったり私に飛びついたりしてました。
ご飯の催促よりも遊ぶことに夢中、て感じ。
かと思えば寝ることと食べることを淡々と繰り返す日もあるし。
(調子悪い?と思って心配したらそうでもない)
何より、起こしにくる時間もだんだんずれてきてるし。
統計をとって長いスパンで見たら、なんかすごい規則性が
発見できたりして…なんて考えてしまうのでした。
ま、実際は単なる気分屋説が有力ですけどね。

お盆開け


まだまだ暑いですが空はもう秋の気配。がんばりましょ~みなさん!
ガッツポースをさせたいところですがお化けのポーズで勘弁。

ふて気味


昨日は私がお出かけから帰っても、のりが悪くフテ気味。
離れたところにどてっと寝ては何度もなでなでさせられました。しかしでかい。

送り火


はい、大文字と記念写真。ぶれちゃった。

昨夜の京都は、大文字送り火。
ものぐさな私は、例年だとひとりお部屋でテレビで鑑賞してるのですが
今年は愛知からお客様(HIROちゃん)。
引っ越して来て初、マンションの最上階のホールから五山を眺めることに。
「妙法」の「法」以外は全部見えて、なかなかよかったです。
家族連ればっかりで厳かとはほど遠い雰囲気でしたが、それなりに。
これで京都の夏も終わり。まだまだ暑い日が続きますが、
送り火のあとはどことなく雰囲気が変わる気がするから不思議です。
早く涼しくなるといいね、うちのもさ子さんにとっても。
そのもさ子こと湖兎子さん、昨夜はたくさん遊んでもらい、
大満足?で私と一緒にリビングで寝ました。

同窓会<猫


「見て見て、お爪きれいにしたん」「…好みじゃにゃいわ」
最近、この青い椅子がたいそうお気に入り。

昨夜は4年ぶりの高校の同窓会。
ひっさびさにネイルも整えそこそこ自分を盛り上げて行ったものの
懐かしい人にもたくさん会えてとても嬉しかったものの
例によってお開きの声を聞く頃にはそわそわ。
「2次会どうする?」「ごめん、パス!」と
またもつきあいの悪い大人になって一目散に帰ってきてしまいました。
ええ、湖兎子ばかです。猫かわいがりとはこのことです。
しかし、こんな言葉があるということは…世間の猫飼いのみなさんも
私と大差ないに違いない!…ほんまかいな。

熱帯夜の悪夢


お盆も休まず更新しまっせ!
でも今日の話は読み飛ばしてもいいですよ、みなさん!

少しずつ秋の気配は近づいてるものの、まだまだ寝苦しい日が続きます。
そんななかで2日続けて恐い夢を見たんだよ、ママン。(誰にゆーてる)
1日めは、湖兎子がするりと私の足元を抜け、ベランダの吹き抜けの
手すりに飛び乗って…あっと思う間に足をすべらせてまっさかさま。
しかもその夢ではなぜかわが家は高層マンションの上階。
「湖兎子~」と叫んでなぜか螺旋階段を駆け下りるところで目が覚めたら
心臓ばくばく、寝汗びっしょり、クーラーが切れてました。
2日め、というか昨夜は湖兎子を抱っこして遠くの友人宅へ遊びに行き
またもや湖兎子が逃げ出す夢。「昨日の夢は警告だったのか!」なんて
思いながら必死に湖兎子を追いかけ、そのうち道に迷い…
また汗びっしょりで目が覚めた明け方です。ああ、恐かった、疲れた。
そして夢でよかった~と、そばで寝ていたふわふわさんを抱きしめてしまった。
しかし人の夢ほど聞いてつまらないことはないといいます。ごめんなさい。

気に食わにゃい①


実家から拉致してきた母手製の人形(本当はボトルキャップらしい)。
嬉々として会わせたのに、どうも浮かない顔。気に入らんらしい。

気に食わにゃい②


絶対に目を合わせない。
ちっ!遊んでくれると思ったのに。

ブス顔選手権


エントリーすれば入賞間違いなし!?

こういうモチーフもののおもちゃでも何でも
結局は持ち手に歯を立てて遊ぶのがいちばん楽しいそうです。
通だねえ。
しかしこの顔は…おもしろすぎやしないかい。
デジカメの画面を見て大笑いしてたらむっとしたらしく
遊ぶのをぱたりとやめ、机の下にもぐって
いじいじしてしまった湖兎子です。

VSスーパーボール


友達がお土産にくれた飲料のおまけ。
跳ねる動きを見るのが初めてで、ボールを追って首を上下に動かす。
…非常に面白い。動画でお見せできないのが残念です。

またもや


このポーズで寝てた…偶然じゃなく癖なのね。
(今度はあせってフラッシュをたいてしまった。ごめんねコトタン)

昨夜は何を思ったか、夜中の一瞬、ベッドにあがって私の腕にからまり
約半年ぶりに「逆豚の丸焼き」状態で寝てくれました。
半年前は子猫だったし、寒かったしよかったのだけど。
いや、今もなにやらふわふわして気持ちはいいんだけど、
もはや私の短い腕を覆わんばかりのビッグサイズ。
だんだんに腕がしびれてきましたことよ。
でも可愛いから許す!
こんなにでかくなっても、なんでこんなに可愛く思ってしまうんでしょねえ。

猫村さん


このぼさぼさっぷり…毎日ブラッシングしてるのになあ。

というわけで昨日、無事1歳の誕生日を迎えた湖兎子です。
8月10日といえば、私の愛読書『きょうの猫村さん』によると
猫村さん一族にとって忘れられない歴史的事件が起こった日。
一族は「わ(8)らをと(10)られた8月10日」と覚え
深く心に刻んでいるのでした…(1巻より)
さあ、みなさんも湖兎子の誕生日は「わらをとられた8月10日」と
インプットしておいてください。…てなんでやねん!
人間でいえば番茶も出花の(相変わらず古いな、表現が)18歳。
しかしあまり自分の身だしなみには興味なさげで
目やに鼻くちょはあたり前、フリルはよれよれのお嬢さんなのでした。

試練の?バースデー


お客人用に出した椅子で早速くつろぐ。

というわけで。たまたま、本日わが家に集まることになった友人たちは
一人をのぞきまったく猫に興味ナッシング。
接し方がわからないのもあって、湖兎子のことはほとんど無視でやんす。
そんな体験は初めてだった湖兎子、自分から積極的にすりすりにいったり
気を引く行動に出たりしますが、客人たちの反応は鈍し。
これは…1歳にして初めて知る挫折?
かといって、唯一かまってくれる友人への反応は横柄そのもの。
またも力強い猫パンチをかますのみならず、最後はくるぶしハンティングで
歯を立て、悲鳴をあげさせる始末…おいおい!!
(福うさぎさん、その節はすみませんでした)
でもね、これでわかったでしょう。世の中はあなたを可愛いと思ったり
愛してくれる人ばかりではないのだ!心の片隅にでも小さくメモしておこうね。
…と、溺愛ぶりに失笑をあびた飼い主ともども、試練のバースデーとなったのでした。
フランクなつきあいの友人だからこその反応で、
飼い主的には新鮮だったんですけどね。籠絡失敗はちょっと残念。

祝誕生日


まずは誕生日の食卓。

ついに来ました!感動の一日!…て、特になにもないのです。
とりあえず汚れてたランチョンマットをやっと買い替え(飼い主の都合)
お祝いにと友人のままさんからいただいた新しいフードをあけてみました。
いつものフードとまぜて出したら、いつものフードだけ残して
食べてました。この新しもん好きが!(…というわけで食いつきいいよ、まま!)

そして恒例身体測定!!
なんと!体重ジャスト5キロ!目標達成です。すごーい。
身長は頭のつけねからしっぽまで40センチと2ヵ月まえより5センチ成長、
胴回りは40センチと3センチ成長(!)これはどうなのか…
とにかく、今後はウエイトコントロールに努め、健康を維持していかねば。
本日はまったくお誕生日とは関係のない来客予定。ごめんね~コトタン。
できればもう一度更新いたします。

バースデー・イブ

ことっち
生後4週目。すでにおしゃまさん。

巷はオリンピックで盛り上がっておりますが、わが家はやはりこちら。
1年前の今日は、まだお母さんのお腹の中にいたんだと思うと
感慨もひとしおです。そろそろ出ようかな~と思ってたん?

ラグドールを飼おうと思ったのが先だったか
たどりついたカリスマブリーダーさんのホームページで
8月の出産予定を知ったのが先だったか。
とにかく湖兎子は、生まれる前からうちの子になるのを熱望していた子でした。
今か今かと出産の報告を待ち
「一人っ子だったので今回はご希望に添えないかもしれません」と
連絡を受けた時の、落胆。
それでも希望していたシールバイカラーの女の子と聞いて一縷の望みを抱き
写真が公開になるまでの約ひと月、夢ふくらませ名前を考え姓名判断までしました。
ちなみに実は「湖兎子」は私の名字に合わせるとめちゃくちゃ画数が悪いので
本名は平仮名なんです。漢字はハンドルネーム?ちょっとしたトリビア(!?)
そして待ちに待った4週目、写真をひと目見た瞬間…「この子はことこだ!」
どうしようもなく、運命を感じてしまったんですね。
熱烈アプローチの結果、ブリーダーさんのご厚意もありなんとか
うちの子に決まったのは、この子にとってよかったのか悪かったのか…
まあ、これも運命だ。あきらめろ、湖兎子。
月並みだけど生まれてきてくれてありがとう。うちに来てくれてありがとう。


コトタンのコップ2


サイダーでも飲んでる風情。

いまや湖兎子はごはん場に置いてる水入れからは水を飲みません。
小さい頃、そのごはん場の大きな水入れから飲むのが下手くそで
いつも胸をびしょびしょにしてるのを見かねて、たわむれに洗面所に
ジョッキ型のコップを置いたところ、これがヒット。(12/19の日記参照)
以来、水はほとんどその小さいコップで飲んでます。
で、先日、あまりに胸のフリフリが汚れてるので部分洗いしてみようと
小花用の花瓶に使ってたごらんのコップにぬるま湯を入れて胸元に近づけると…
何を思ったか飲んじゃいました。おいしそうに、ごくごくと。
以来、何度か「ちょっとお水飲んでおいてほしいな」と思う時に
このコップを近づけると、たいていおいしそうに飲むように。
ジョッキではそんなことないのに。こっちのデザインのほうがいいのかなあ。
まだ未成年の女の子だから。???でも普段はジョッキなのだ。

ところで昨日朝起こさないことをここで愚痴ったら(?)
今朝は5時半にやって来ましたよ。…やはりブログチェックしてるとしか…
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる