諸般の事情


今日は少し前の画像でご勘弁。む~。
(お腹から出てるのはパンツのゴムじゃないからね!)

行ってきましたよ、デジイチ講座。
とはいえ、メーカーサポートの受講料500円のやつだから
推して知るべし…まあ少しは勉強になったかなという程度でした。
もうちょっとマンツーマンでわからんことだけ聞きたかった。
そもそも私は、室内で猫を撮る!というのが目的の90%くらいだから
少ない光量で、バックをきれいにぼかした画像を得るために
レンズもそれ用のを選んでもらったつもりだったんですよね。
ところがコンデジならごらんのとおりそこそこ撮れてる光の下でも、
暗い、なぜだかぼけてる。手ぶれもあるんだろうけど。
画像を見せて相談しましたが、シャッタースピードを上げたら?という
お答え。はー…オートの意味ないじゃん。
で、帰ってせっせとシャッタースピードを上げて撮ってみましたが
上げるほどに暗い!そこでISOを上げて対応(ほんとオートが使えねえ!)
やっぱり荒くなる!!…うーん…蛍光光下で撮るのは無理なのか?
ただ、湖兎子がデジイチに慣れてないせいか、構えると興味津々の顔で
こっちを見てくれて、凄く可愛い表情が撮れるのです。これ収穫!
これをお見せしたいとアップを試みましたが…
まあ、その、実は私、現パソコンに対応するカードリーダーを未購入のため
他のパソで読んで転送、という複雑な方法をとっておりまして…ははは。
今朝はそれがまったくうまくいかず、この時間。もーうあきらめたっ!
…カードリーダー、買ってきます…

ラッキーなお土産


惜しい。もうちょっと笑顔でペロンしてくれたらねえ~

昨日は大阪・梅田で観劇のあと、紀伊国屋書店の前を歩いてると
何やらステージで商品のプロモをやってる模様。
まわりではオサレな黒のミニサンタ服に身を包んだおねえさんが紙袋を配っています。
その割には人だかりがなく、受け取る人も少ない。
しかし、私のがめつ・アイは瞬時にそれを捉えたね。
「シー○や!○ーバ配ってる!」(伏せ字にする意味あるのか?)
近寄ってみれば、黒サンタねえさんたちは紙袋をかざし口々に
「猫ちゃんを飼ってる方どうぞ~」とアナウンスしてるではないですか。
幸いなことに、一緒にいた友人も猫飼い。
ふたりで「はいはい!猫ちゃんうちにいます!」とおねえさんに駆け寄り
しっかりサンプルをゲットしてきました。
しかし、道ゆく人のほとんどは通り過ぎてたな~おねえさん可哀想でした。
猫飼いさんが少なかったのか、おしゃれすぎてわからなかったのか…
(友人も「あんたようわかったな~」と感心してくれた)
中身は、クリスマスバージョン袋(でも味はふだんと同じ)の3種類。
本当は赤袋がありもっと華やかなのですが、湖兎子のお腹に合わない
チーズ味だったので、友人のと交換したのでこの色です。
ともあれ、ラッキーなお土産となりました。ほくほく。

これなんだ?


くんくん。ちょっと気を許すとこれだ。

土曜日のデジイチ講習に出かけるにあたり、カメラバックがないことに気づき
え~い、どうせ持ち歩くことなんかほとんどないんだから自分でつくろ!と
布地屋さんで特価のキルトを買ってきました。
帰ってから、持ってるトレンチコートの裏地にそっくりなことを思い出し
ややショックなんですが…まあええわい。
なにせミシンのないわが家、手縫いは好きなのだけど(上手ではない)
これまで携帯ソーイングセットでちくちくやってたので、
思い切ってちゃんとした?針も購入。いや~、違うもんですね。
こんな分厚いキルトもざくざく、すっすと針が通ることに感動!
で、基礎もないもんで行き当たりばったりで
なんとかブサイクなきんちゃくもどきを完成させましたが…。
そんなこたあどうでもいいのだ。この野次猫、人が裁縫を始めると
必ず寄って来るから危なくてしゃーない。糸にじゃれつくな~!!
この布はあなたのじゃないから上で寝ないで!とひともんちゃく。
でも…ふふふ。ついでにクリスマス用前掛けもつくったからね!
これまた変な代物ですが、12月になったら公開しますので乞うご期待!?

まな板の上の?猫


え~撮るのかよ。なでなでは?って顔。
こうして見るとお腹の毛が薄いでしょ。恥ずかち~

私がキッチンに立つと、たいていはカウンターの上からじっと見学し
そそられる「細くて長いもの」が取り出されると
ちょっかいを出しに来て怒られるか
入り口付近でこのようにゴロンしてなでなでのおねだりかという
2パターンの行動をとるかまってちゃん。
未だに、この姿を見るとぷっと噴き出してしまいます。
でも、さすがにスーパーボールをくわえてやってくるなど
過激?な遊びに誘うことはありません。
本猫も包丁もって追いかけ回されるのは本望でないと見た。
…かといってこのポーズ、腕のよい料理人さんなら
思わずさばきたくなるんじゃ?

おやおや


もう、何もかも出しっ放し…失礼しました。

秋の名残


よく見ると、穴があいたり先っぽが欠けたり。すべてこいつの仕業。

昨日はちらりと聖護院から岡崎方面を歩いたら、歩道いっぱいに枯れ葉が舞って
紅葉シーズンも終わりの風情。美しかったです。
楓かな?大きめの葉っぱを拾って帰ると、少しだけ遊んでくれました。
これは目の前にかざし、サンドバック風に猫パンチを浴びる直前。
こうして片手で撮れるのはコンデジならではなんですな~。
ま、がんばって使い分けよう。

落語と昼酒


遺影じゃないのよ。
(思ったよりはっきり映ってしまった。著作権&肖像権…ご寛容に…)

昨日は午後から、銭湯を会場にした落語会へ。
レトロ感あふれる脱衣場で上方の中堅、染二さんの独演会のあとは、
一緒に日本酒を楽しむという面白い趣向でした。
浴場では染ニさんの高座中の表情をとらえた写真展も併催。
いや~面白かったです。なんやかやでカメラマンさんお手製のどて焼きを肴に
冷や酒を1合くらいあおり、すっかりいい気分になってさあ帰ろうとしたら
「好きな写真をさしあげま~す」…別にいいよね、と帰ろうとすると
銭湯のおっちゃんに「何遠慮してんねや~サインももらえるで。こんな機会ないで」
などと説得?され、パネル?をはがしてサインの列に並ぶ羽目(おい!)に。
…いや、染二さんの落語は面白かったし気さくでいい人だし
写真もとってもよい表情、しかもサインの字も味わいがありますよ。
でもこういうの、おうちに持って帰るとちょっと扱いに困りません?
いやいや、家宝として祀らせていただきます!!めざせ人間国宝。
んでもって私の場合はとにかく猫と記念撮影です。
初めての銭湯のニオイ?がとても気になったようで
ずいぶん長い間、くんくんしていました。またもお留守番、ご苦労!

デジイチは苦戦中。オートのはずなのに…
今のところ、使い慣れたコンデジのほうがきれいに撮れます。
心をよぎる後悔…なんとかせねばあ~~!!!


デジイチが来た!


カメラバッグの中に、スーパーボールを押し込む猫。
今回のボール遊びのゴールに決めたらしい。

ええカメラが欲しい欲しいと騒いでいたら、やさしい友人が
これで練習してみ、とデジイチを貸してくれたのが1週間ほど前。
メカ音痴なりに、ちょこちょこと撮ってみて、
やっぱりいいな~湖兎子も2割増しくらいでいい猫に見える(!?)
なんて悦にいっていました。
どうですか。やっぱり画像が違うの、わかりません?
借りてるのは日本語で口づけという名を持つ超人気デジイチの前モデルです。
これもいいけど、私が買うなら、やっぱりあの樋口可南子女史が宣伝してる
赤いデジイチなんかおっしゃれなんじゃな~い?と思いつつ
なかなかカメラ屋さんで手に取ることもできずに
価格comで底値の推移などを調べておったわけです。
で、昨日…ちょっと京都駅に用事があって出かけた帰り、
そうだそうだ…と駅横のビッ○カメラへ。
買うのは、もう少し先だけど、一度いろいろ手にとってみようと。
…で、なぜか帰り道の自転車のカゴには、大きな○ッグカメラの袋が。
ははは。買ってしまった。しかも買おうと思ってたのとまったく別機種。
(一応候補リストには挙がっていた)
しかしパソコンで読み込むためのケーブルがないなど、
まだ不備も多く使いこなすのに時間がかかりそうなので
とりあえず、乞うご期待ということで…(全然変わらなかったらどうしよう)


紅葉だよ


「ふーん」…松葉と比べて明らかに反応が薄い。

昨日は前に紅葉の時期に行ったのはいつだったか思い出せない嵐山へ。
いやあ~人、人、人で凄い騒ぎになっておりました。
それでもまだ人出のましな午前中に入った、小倉山の大河内山荘は
やっぱりとってもよかった!…ここは15年ぶりくらい?
実は嵯峨に1年ほど住んでいたことがあって
その頃は人が来るたびここに案内したことを思い出す。
あの頃はこんなに人なんていなかったものだけど…(何年前かは聞かないで)
散り紅葉もとっても美しかったです。
その他いっぱい歩いて、最後は予約してた湯豆腐を食べて帰ってきました。
楽しかったけど疲れた~ゆえに今日はちょっと寝坊。
というわけでコトタン、この2日間お留守番&お客様の接待ご苦労さん!
お土産だよ~ん。…全然嬉しそうじゃないね。

三鈷の松


猫じゃらしじゃないよ~

昨日は愛知よりお友達(HIROちゃん)が紅葉狩りに上洛。
永観堂から哲学の道へ抜け、道中の寺社を訪ね歩きました。
平日といえどもさすがに永観堂は凄い人。
お土産売り場で手にしたのが名物「三鈷(さんこ)の松」の葉です。
普通の松葉と違って3つに分かれていて、持っていれば
3つの福が授かるそうな。無料だったので、嬉々としていただいて帰りました。
で、帰って取り出していると…細くて長いものに目がないこやつが。
この時ばかりはHIROちゃんの脚によじのぼり、必死で遊んでました。
しかも、このままではボロボロになる~とカバンにしまったのに
気がついたらまた取り出して一人で遊んでる!
「いいよ、好きにしな」と苦笑いのHIROちゃん。
そこまで湖兎子をそそったのは何だったのか…
なんか、必死で攻撃してましたよ。福授かりたくないの~?
ま、あんたが福猫だからね…ということにしておこう。

エアコン派


よく、ごちゃごちゃのサイドテーブルの上でくつろいでます。
エアコンの風が当たるから?この時、何を凝視していたかは不明。

この変わり者、実は床暖よりエアコンが好きだったことが判明。
私はあんまり好きじゃないのですが、ここ数日は
やはり部屋全体を手っとり早くあっためる必要性を感じて
エアコンを入れたところ、温風を浴びて「うほ♡こりゃええわ」とばかり
お腹を見せごろごろ身悶えしてる姿を何度か目撃。…そうなの?
床暖でも、たまにとろ~んと寝そべってるのですが、
すぐに「いかんいかん」と厳しい顔になってキャットタワーに駆け上ったり
床暖の来ていない冷たい場所に移動したりします。
そういう戒律でもあるのか?先祖からの言い伝えか?って感じ。
しかしエアコンはなんといっても乾燥が凄いし。
ただでさえ静電気が嫌な冬場、なでなでするとバチッという洗礼が待ってるのだ。
いい加湿器買わなきゃ…ひえ~また出費かよ。



おりこうさん


しっぽをふりふりさせて、たそがれてる図。ひらべったい。

昨日は、ちょうどおやつタイムにお仕事関係のお客様。
おもてなしのコーヒーをいれるためお湯をわかしていると、
缶詰を温めるお湯と信じて、そわそわつきまとう猫。
コーヒーだけ入れてキッチンを出ると、「なんで!?」という顔。
その後も、多少根を詰めて打ち合わせしないといけなかったので
湖兎子のことはほとんど無視です。
案の定、鳴きながらテーブルのまわりをうろうろ。
私は気が気ではなかったけど、お話に集中。
すると湖兎子は奥の手とばかり、いつものようにゴロンッ!と
お腹を見せて、じーっと私を見つめています。ああ、切ないね。
とんでいって撫でたい気分を抑え、
アイコンタクトして口だけで「あ・と・で」と伝えると、
あきらめたように立ち上がった湖兎子、そのままソファにあがり
そのあと1時間に及ぶ打ち合わせの間、ずーっと静かに寝ていました。
その姿はもう、いじらしいほど。
親バカだけど言わせてくだせえ。なんておりこうさん!
お客さまからも「おとなしい、キレイな猫ですねえ」と感心されましたよ。
あたり前じゃ。(お愛想をマにうけるおめでたい飼い主)
最初のひと騒ぎは置いておいて、徐々に空気の読める猫になってきたのかな?

相変わらず


この窓際も、とっても寒いのに。

いよいよ、本格的に寒くなってきました。
なのに、やっぱり暖をとろうとしない変な猫です。
玄関やベランダの窓ををあけてくれとねだり、
冷たい風のなかに顔をさらしてじっとしていたりも。
(ほてってるのか?なんでや)
昨日も、夜はなんとかベッドに連れ込み(いやらしい表現)
一緒に寝ていたのに、明け方になるとぷいと仕事場に
行ってしまって、抱いて連れて来てもまた戻る。
「もう勝手にせい」とけんかしたカップルのようになってしまった。
結局、朝まで戻らず。
ペットヒーターだって一応電源を入れるものの、空しく放置されています。
もう少し寒くなればまた変わるかなあ。

いやがらせ名人


仕事イス、奪取成功。このあとここで熟睡。

ええ、ちょっと気を抜くとこの有様ですよ。
仕方ないのでこのイスを後ろにずらし、別のイスを持って来て仕事しました。
座りにくいんだよな~…腰悪くしたら訴訟もんだぜ!と思いつつも
幸せそうに眠る姿を見るとねえ。しかも、目覚めたら後ろから
つんつん、と私をつついてくる仕草にまたもハートを撃ち抜かれ。

しかし、今朝は辛かった。ふと目が覚めて、ちょっとトイレ行きたいな~
でもまだ起きるには少しだけ早いし、我慢して寝ちまえ…と思った
まさにその瞬間ですよ。隣で寝ていたコイツ、何を思ったか
のそりと私の身体の上に。よりによって膀胱の上で香箱を組み、
そのまま満足げに眠ってしまった。うっそ~ん!
こういう拷問もありかもね…なんて思った早朝でした。
あ、私も寝ましたよ、根性で。おねしょはしませんでしたyo!

転がる毛玉


ごろんごろん。

昨日は法事やらなんやらでお留守番タイムが長く
戻ったらゴロニャン状態。
やたらとすり寄って、ごろごろして遊びたがります。
こんな姿を見ると、うりゃ~っと丸めたくなってしまう。

帰ってきたスーパーボール


かばんの上の丸い奴がスーパーボールです。

この間ベッドの下をさらったら、2、3個のボールとともに
スーパーボールが発掘されました。やはりここだったか!
以来、湖兎子のスーパーボール熱、再燃。
というかパワーアップ。
あんまり跳ねさせると音が階下に響きそうなので、
遠慮しいしいの私の事情など誰が知るかで、
エキサイトして自分で転がして遊び、くわえてやって来て
「投げろ」と鳴きます。
あまりにも遊び続けるので、リビングのカゴの中に隠しておいたら、
翌朝。しっかり見つけてカゴをひっくり返してボールを奪取してました。
昨夜は、私がリビングで本を読んでたのをいいことに
何度も私に投げさせて廊下ダッシュ、ひとしきり玄関で遊んで
くわえて戻ってくるパターン。なぜか自分でお気に入りの
爪研ぎカバンをゴールと決めていたようなので、記念撮影。

くわえて戻ってくる姿の撮影を何度も試みたのだけど、すべてゴーストに。
ああ~やっぱりいいカメラがほしいなあ。うずうず。
(使いこなせるかはまた別のお話)

必ずチェック


ちょこん。

昨日も雲ひとつない空、このチャンスを逃すまいと、おふとん干し&シーツの洗濯!
すると必ず、何もなくなったベッドのマットレスにのぼりにくるこの猫。
しばらくこうしてすましています。
取りこんだおふとんを持って来ると、またついて来て同じことをします。
とりあえずやっとこかという顔で。なんなの?

え~…玄関でもおんなじポーズしてたよねえ、やだ不潔う!と思ったあなた、
猫を飼えばそのうち麻痺してきます。
いや、ちゃんとしたおうちは玄関から土足禁止にしたり
猫立ち入り禁止の工夫をされたりしてますけどね。

この隙間がそそる


お、外国の猫みたいじゃん。(外国の猫です)

私の仕事場イス(1号)なんですけどね、パソに向かってたら
この背もたれの隙間からちょいちょいと手を出し挑発する奴が。
くるりとまわしてイスに乗せ、逆バージョンで遊んでもらいました。
こんなことしてるから仕事が進まねえ。

でもって、こんなことに


アチョチョチョチョチョーッ…てかんじ?

お外への憧れ


たまにこうして、じっと眺めています。
しかしこの座り方…ちょっと色っぽいじゃないか。

私を見て!


おいおい、どこに入るねん。(コピー機の中!)

相変わらず忙しい日々が続いてまして、
日中はうちにいてもなかなか構ってやれません。
湖兎子は、いつも仕事場の入り口に来てじっとこちらを見つめ、
駄々をこねるように足踏みをして鳴き続けます。
「にゃ~(リビングに行こうよ)」「無理」
「にゃ~(おなかすいた)」「さっき食べたやろ」
「にゃ~(遊んでよ)」「お仕事せなあかんねん」
…なんて会話?を続けてると、最後はたいてい
「ふにゃん!(もうええわ!)」と言ってどさっとイスに乗り
むこうを向いてふて寝というパターン。
それでもあきらめきれない時は、私のまわりをうろうろ、
いろんなところに入ったり乗ったりしてなんとか気をひこうとします。
結局根負けしてちょこっと遊びにつきあったり、
おやつをあげたりもしますが、いやあ~なんか辛いですね。
きっとこうして一生懸命誘うのは、今のうちだけなんだろうし
いつか、もっと遊んでやればよかったと
後悔する日が来るんだろうなと思うにつけても…。
でも働かないとのたれ死にだし。あ~、お金拾わないかな、3億ほど。

同居人ゆかりさん効果で、昨日はたくさんのご訪問をいただきびっくり!
そんなたいしたブログでもないのに…。感謝です。

ゲスト



はい、ちゅうもーく!(金八風に)…画像サイズが巧く調整できなかった。
ま、いいか。

このたび、いつもコメントをくださってる同居人ゆかりさんのブログ
「猫かぶり」をリンクに加えさせていただきました。
そればかりか!本日のブログ企画には、なんと恐れ多くも湖兎子が
ゲスト出演させていただいております。
そこでこちらでも、そんな「猫かぶり」の主役、
ラグドールのクレア君をご紹介!
ごらんのとおり、伸びやかなまだ10ヵ月の男の子。
同居人ゆかりさんの愛情をざぶざぶ注がれて、すくすくと育っております。
これがまた、なかなかに味のある、ナイスガイなんだな。
ゆかりさんは素敵なヤングミセスですが
お写真も画像処理も構成もすごくお上手で、
「猫かぶり」はギャグ精神満載の、とっても楽しいブログなんですよ。
ぜひみなさん、横のリンクからどしどし遊びに行ってください。

猫飼いって、なかなか本猫ちゃん同士の訪問やご対面は難しいけど
ブログやってると、こんな楽しいこともできるのね…と
うれしくなってしまった、いろいろ初心者のusainuでした。

VS ICレコーダー


気になるんだよ~。

子猫時代からの不思議な習性で、
ICレコーダーの音声を耳にすると、とっても興奮します。
今は少しましになりましたが、子猫の頃は
にゃあにゃあ鳴いてうろうろし、頭突きを繰り返した挙げ句、
テープ起こしでペンを走らせてる私の右手にしがみつき、
甘噛み&猫キックをえんえんと続ける始末。
で、よく聞くとゴロゴロ言ってたりするからわけわからん!
とにかく仕事にならずに大変でした。
今でも、ちょっと刺激するとこの通り。
このあとレコーダーを抱え込んでキックし、
歯を立てたので慌てて取り押さえました。
何か猫を刺激する電波でも出ているのだろうか…
ちなみに、テープやMDだとこれほどの反応はしません。不思議~。


寒くないの?


何を考えているんだか。

京都もいよいよ冷え込んでまいりました。
わが家も夜になると床暖をつけたりするのですが、
この猫ったら相変わらず猫らしく「暖をとる」行動とは無縁。
むしろ冷たいとこ、寒いとこに行く傾向が…
この時も洗面所に行ったきり、こんなふうに身体半分だけ出して
こっちを伺っていて、呼んでも来ない。
抱っこして床暖の上にねそべらせても、むしろ気持ち悪そうにして逃げる。
この変わりもんがあ~!
夜も相変わらず、仕事場のイスの上でひとり寝で、
明け方にやっと添い寝にやって来る状態です。
ほんと、寒くないのかなあ…。

そして本日は1年と3ヵ月の月お誕生日。
体重5.3kgと、先月から増減なしでた。ひとまずほっ…

おみやげ


睡魔のおかげで、されるがまま。

昨日は朝一でずっと行きたかった京都近代美術館の
アーツ&クラフツ展(本日までの開催)へ。
鑑賞後はハイテンションでグッズ買い。
湖兎子にはウイリアム・モリスの「Brother Rabbit」ハンカチを。
友人たちと一緒に帰宅し、さっそく装着姿をお披露目しようとしたところ
ハンカチを広げたとたん大興奮で襲って来て、
友人に「闘牛みたい」と評される羽目になってしまいました。
その後、みんなに遊ばれてくたくたになって眠りこけてるところに
こっそり装着。迷惑そうな顔ですが、抵抗する気力はないみたい。
前掛けコレクション、増えてまいりました。

へたくそ


キマらないなあ~このコートでは!

ちっさな頃から、セルフグルーミングには熱心な子でした。
お顔も一日何度も、それは一生懸命洗います。
なのにいつも目やに、鼻くちょ。…?なんで?
ひょっとしたら、ものすごく下手くそなのかなあなんて思ってました。
そして大人になった今…せっかく、誰もがうらやむ?
マフラー付きのふかふかコートを手に入れたというのに
自分でも、もてあましてるようで。
とっても中途半端!
ごらんください。胸元の一部だけべとべとにして、あとは放棄です。
最近、ちゅぱちゅぱ音がするのでお、グルーミングかと思って
見ると、たいてい途中で放棄して自分の手足をしゃぶってます。
毛が多すぎて面倒臭くなるのかな。女の子としてどうよ!
…と、常に髪の毛のどこかがはねている私に非難されても
聞く耳はないわな。どっちもどっち。
いや…容姿に恵まれている分、この猫に軍配。
せいぜい、ブラッシングさせていただきます。

ひなたぼっこ


う~ん、いい感じ?

少しでも太陽を浴びてほしくて、
お気に入りのキャットタワーを窓際に移動。
あら…いいじゃない。お部屋も広く見えるわあ♪
なんで最初からここに置かなかったのかというと、子猫時代は
窓際に広げた室内物干に飛び移る気満々になってたから。
大人になった今は、多少の興味は示してもウエイトオーバーで無理!
というわけで、ここを定位置にしようかな。
といいつつ、角度や窓への距離を試行錯誤中。
夜には、セカンドタワーに飛び移ろうとして見事にずり落ちたところを
目撃してしまった。まあ、精進なさい。

おまけ


てへっ!

みなぎる闘志


黙ってたら調子に乗って私で遊んで!
左ストレートお見舞いするぞ、コラ!…とやる気満々。

湖兎子は、実は笑われるのが大嫌い。
友人が遊びに来た時にちょっと湖兎子を話題にして笑うだけで
「かっ!」と両手を広げて怒るし(短気なんだから~)
ふたりでいる時も、やることがおかしくて笑うとぷいっと
その場を去ってしまいます。プライドが高いの?
ブログで笑いものにされてると知ったらさぞかし…
いやあね。そんなんじゃいい芸人になれないぞ~。

キャディさんバージョン


「ファー!」言うてみ。

ロングお留守番の後でべたべた甘えてくるのをいいことに、
こんなことして遊んでしまった鬼畜。
あら、でも本猫も意外とお気に入り?
しかしこの後、ヘッド部分を立ててみたら
それは嫌!とばかりキレられました。
それにしてもボッサボサですね…。
     
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる