萌えてます


じっと息をひそめて…
カメラを構えつつ刺激するともうお目めまっくろ。

久々にお気に入りのオレンジ和紙を復活させたら、
やっぱり楽しいようでいろんな遊び方をしています。
ただもぐってじっとしているだけでもいいみたい。
あと、内布をとったキャットハウスも
籐越しに物が動くのを見るとたちまち大興奮。
はっきりとは見えないけど、何かがいる気配というのに
何よりもそそられる湖兎子なのでした。
あ、あと、床をすべっていく氷か付箋にも萌えるよう。
…わけわからん。

足ぐせ


両足を揃えるのはいいが、椅子の背にのっけて変なポーズ。

総じて足ぐせはよくない。飼い主に似たのかしら。
「文句あるのかよ」って顔です。
でもこのお手てが猫らしくてまたそそるわ~。
最近ロングお留守番の多い不憫な子です。

夏仕様


キャットハウスにつけてた布をはずしてみた。夏っぽい。
…昨日は超寒かったんですが。

タンスを置いて以来、キャットハウスの位置が定まらず
あっち向いたりこっち向いたり移動したりしています。
しかし湖兎子はあまり気にならない模様。
というかこいつ、環境が変わるたびにむしろワクワクしてるフシがある。
猫は「昨日と同じ今日」が好きなんじゃないの~?
昨日はこれ、キャットハウスに頭だけつっこんで考え事か?
(この写真ではわかりにくいですがおしりは外に出てます)
新しいくつろぎ方を発見して楽しかったのか
呼んだらちょっと面倒そうに振り向いてくれました。
人間ぽい表情です。


さすが猫


お気に入りのオレンジ和紙、健在です。(汚い?)

昨日はロングお留守番。
例によってカリカリを二カ所に置き、空腹に備えました。
…が、またも例によって仕事場にお皿を置いて
振り向けば奴がいる!
「あか~ん!」(しかも食べたばかりなのに)と追い出して
出かけるまでは、と扉を閉めました。
リビングに戻りかけて振り向いたら…目撃してしまった。
奴が器用に扉のレバーに飛びつき、自分の体重を利用して
ガチャッと開ける姿を…いつの間にできるようになったのだ!
このコはかなりトロいから、そういうことは絶対無理だと思ってました。
(普通の活発な猫ちゃんにはわけないことかもしれませんが)
おもわず「そんなんできるの、偉いね~」と褒めてしまいましたよ。親バカが。
いや実際、不可能を可能にする食い意地には脱帽です。
これをされると、のちのち困った問題も出て来そうですけどね…

ダンボールハウスガール


…という小説やら映画があったなあ。

昨日の写真、正面バージョン。
縦に置いてもやっぱり入る。
そうね、いざとなったら
一緒にダンボールに暮ら…すのはナイナイ。


一件落着…かな?


「しっかりしてよね」…はーい。
今日は長いです(^^;)

一部友人にはご心配をおかけしていた件がようやく片付きそうです。
事の発端はひと月ほど前だったかな。
理事会からの文書に、「規約にあるとおり当マンションはペット禁止です」
それでも何軒かでそういう事例があるようなので、問題が起こる前に
まず現状把握し、対策をとりたい、という内容でした。
!! 寝耳に水とはこのことですよ。
確かに、規約にはやむをえない事情がない限り原則禁止とありますが
入居時のおぼろげな記憶では、どこかのタイミングで実質OKなんだという
確証を得ていたはずなんですね。しかしそれを証明する術がない。
はい、私の脇の甘さです。
ともかく、正直に猫を飼ってる事を申告し、
入居当時大丈夫と思わせる根拠となる説明があったはずの旨、
自身の反省をまじえつつ、今いる子がいかに大切な存在か(←ポイント)を
簡潔に書き添えて提出しました。
でも万が一の場合はマンション売っぱらって出て行く覚悟も少々。
結果、昨日、理事会判断で現在飼っている人に関しては
「やむを得ない事情」と判断し、一世代限りの飼育を容認するとのお達しが。
総会での可決までは本当に安心はできませんが、なんとか住み続けられそうです。
しかし、こんなことがあっても、あらためて思うのは縁の不思議。
最初からペット可と信じきっていた私は、入居前は飼う気満々だったんですが
いざ入ると、ちゃんと面倒見切れるのかとかいろんなジレンマがあり
実際に決意するまで8年かかりました。
それも、あるアクシデント?がなければ踏み切れてなかったはず。
そして湖兎子と暮らしはじめて1年半、今では彼女なしの生活は考えられないけど
もしこの「規約」事件?が明るみに出たのが2年前だったら
私はたぶん一生猫と暮らすことはなかったわけで。
まさに湖兎子との出逢いはギリギリセーフの連続?
彼女にとってはアウト…と思われないようにこれからも仲良く暮らしてまいります。


ザビエル湖兎子


頭のてっぺんがまあるく白い。
なんかちょっとカッパっぽいというかザビエルっぽいというか。

くださいな


あわてて撮ったのでピンぼけ失礼。

夜のくつろぎタイム、ホットミルクでもいれようとキッチンに立つ。
気配を感じてふと見ると、寝ていたはずのこいつ。
冷蔵庫を開け締めする音に敏感なのです。
訴えるような顔で見上げ、かにかまを要求しています。
仕方ないなあ…ちょっとだけよ。
と応えてしまう私は、やっぱり甘いんでしょうねえ。
しかしほんまに表情づくりの巧い奴だ。

たくらみ顔


毛繕い中、カメラを向けると意識してこ~んな顔に。

昨日も一日、睡眠モードで、
一応私が仕事をしてたら何度も誘いには来るのですが
比較的早くにあきらめてふて寝しました。
わりとスケジュールがゆるやかだったので
さあ、遊ぼう!とリビングに戻ると姿がない!
驚いて探しまわると…一人でベッドルームに入って寝てました。
なんでやねん。
結局、その後もお互いの遊びたいモードのタイミングが合わず
なんだか寂しかったわあ。
そういえば、昨日はほとんどぶつぶつ言わなかった。
ブログに書くとしなくなることが多い。やっぱりチェックを!?

雨の日は眠いにゃ


昨日はよく眠ってました。

湖兎子の七不思議(ほんまに七つあるのか?)のひとつ、この足。
なでなでをおねだりする時、こんなふうに先をくいっと巻いたまま
中途半端に上げて、たまにぷるぷる震えてたりするんですが
その体勢のまま眠ることも。
この時も、ずーっとこのままでたまにピクピクしてました。
熟睡できないだろう、この格好じゃ…と思うんですけどね~。

ぶつぶついう猫


丸めた紙くずで気をひいてたのですが、このあとそれを投げたら
手元が狂って顔面にヒット。ごめんよおおお~(本猫は平気でしたが)

湖兎子には小さい頃から、人の顔を見て口をぱくぱくする
変な癖?があって、それがいかにも何か呟いてるように見えるんで
遊びに来た友人たちにも大受けなんです。
最近、それがさらに顕著になってきた気がします。
何か訴えたい時や、怒ったあと反論するように…など、
本当にこれ、しゃべってるんじゃない?と思うこともしばしば。
湖兎子だけの癖なのか、他の猫ちゃんも普通にすることなのか
興味深いところです。そのうち動画を撮らなくちゃねえ…

元気すぎ


毎度おなじみこの光景…

昨日は私がちょこっと外出した1時間ほどをのぞき、
日中はほとんど眠らずに歩き回ってはなでなでをねだったり
氷で遊んだり(はい、2、3日前から氷遊び再開しました)
猫草やごはんをねだったり、遊びに来た友人に喧嘩を売ったり
…と、まーハイテンション。
夕方になってようやくウトウトしたので、
これは夜はおとなしいかも、と着付けの練習を始めると…
むっくり起きていきなりまんなかにダイブ。この有様ですわ。
結局ずーっと邪魔されっぱなし。
猫はふつう一日15、6時間眠るんじゃないの~?
私が仕事しなかったのがそんなに嬉しかったのかしら…

ねぐせ


後頭部に注目。

ほんとは椅子に頭を押し付けて座っててできたくせ。
くしくもここ数日、すっかり横顔シリーズに。
しかも同じ方向からばかり。逆はNGか。お前は女優か。
(でもこんなぶさいく顔をさらされる)

なんにゃコイツ?


5秒後、ぱっくん。あかんあかん!隔離!

お友達創作のビーズ湖兎子ストラップ。
湖兎子には創作意欲をくすぐる何かがある?
いえいえ、私のあまりの溺愛ぶりに、
なんとかしてやらなくてはと思うようだ…

↓拡大ドーゾ!

続きを読む

ラジオ体操礼賛


本文とは関係なく、凛々しい横顔。(でも座り方が変)

最近、バレエダンサーの西島千博さんがとても優雅な
バレエラジオ体操エクササイズのDVDを出したとかで
話題になっていますね。
決してそんな美しいものではありませんが
私も今年に入ってから始めたN○Kの朝のラジオ体操、続いてます!
継続とはやはり素晴らしいもので
湖兎子が来てからぐっと減った体重が
この冬にはお釣りつきでリバウンドしていたのが
またまたすっかり元に戻り、しかも多少暴飲暴食しても
すぐ戻るようになりました。凄いよ、ラジオ体操!!
もともと友人の強いすすめで始めたものですが
いまやまわりにすすめまくってます。何より続けることですよ~
で、そのラジオ体操中、こいつが何してるかというと…
最近はもっぱら邪魔。わざわざ足元でうずくまったり、
ベランダの前で猫草を催促したり、なでなで要求したり。
一緒に体操、すればいいのにねえ、まったく。

思索する猫


ま、どうせ食べることだろうけど。
ちょっぴりアーティスティックに撮ってみました!

湖兎子スイッチ


リスさんアップ。(結構お気に入り。特に足)

昨日はちょっと仕事が切羽詰まっていて
朝から仕事部屋にこもりっきりだったのですが
なんと湖兎子ったら一度も誘い(邪魔し)にきませんでした。
それはそれで気になってしまうのだけど…
ひと心地ついて、同業の友人とのやりとりの中で
「それは空気読んでいるのよ~。うちの子も読むよ」
といわれ…いや、彼女のところは賢いワンちゃんだからなあ。
でも、そうなのかなあと思った矢先。
「あ~よう寝た」って顔でやってきて、
机の広げた資料のどまんなかに身体を投げ出し
「さ、午前中の分もまとめてなでれ!」(?)ですと。
そのあともちろん執拗にリビングに誘われました。
…やっぱりなあ。
スイッチの入った湖兎子は誰も阻止できないのでした。

白雪姫?


まあ、おいしそうなりんご!

そういえば小さい頃、白雪姫はおばあさんにもらったりんごを
丸呑みしたと勘違いしていて「姫のくせに下品。そりゃ喉につまるわ」
などと子供心に思っていた。
…それはないだろう。どんだけがっついてるのだ。

うちの白雪姫は、丸呑みもやぶさかでない勢いですが
終日雨の昨日は、むしろ眠り姫でした。


毛玉子ちゃん


恒例なでなで催促。しばらく放置していたら、このまま寝てました。

ラグドールという猫は、中長毛種。
ふわふわの割にお手入れしやすく、毛玉もできにくい…
といろんなところに書いていたのも
ラッキー♡と思ったポイントでした。
ブログめぐりで見ていても、
おとなしくブラッシング好きな子が多かったしね。
ところが湖兎子ときたら、ブラッシング大嫌いでしょう。
なでなではしつこく催促するくせに、
ブラシを取り出したとたん歯をむきだすもの。
時には「う~」と低く唸られます。コレ、相当怒ってる証。
それでもだましだまし、一日2、3回はブラシや櫛を通してます。
なのに、なでなでしつつ確認するとあちゃー毛玉…ってことが。
昨日は足の付け根、脇腹、そして胸元のフリルの一部を泣く泣くカット。
ま、毛が多すぎてほとんどわからないんですけどね。

新たなおもちゃ?


手にしてるのは付箋。奪われてしまって、仕方なく献上。

床を滑らせ、くわえて持って来る…と、ボールと変わらない遊び方をします。
昔から付箋をかじるのは大好きな子だったのですが、どこがいいんだか。
食べないように注意しつつ、遊ばせてます。

…と書いた直後、机の上で寝ていた湖兎子、突如起き上がり
資料に貼った付箋を1枚むしゃむしゃ。あ~あ。
ま、これくらいなら消化できるだろ…

特別編/ミニミニ湖兎子のお花見


お友達がつくってくれた湖兎子の分身。

本日は、友達4人で猫見&お花見の会でした。
お訪ねしたのは、いつもコメントを寄せてくださる
みきたろさんちの黒猫、小梅ちゃん。
シャイなあまり固まって隠れてしまわはりましたが、まんまるお目め、
つやふわコートのべっぴんさんでしたよ~みきたろさんありがとう!
その足で、おうちのすぐそばにある仁和寺でお花見です。
遅咲きの仁和寺桜ですが、見事に満開でたっぷり堪能しました。
そして…
友人のひとりがフェルトでちっさい湖兎子をつくって
披露してくれたのでおもわず桜と記念撮影。
「ことちゃん、桜見れてよかったね~」と小さい塊をなでなでして
話しかける薄気味悪い中年女の姿に、一体何人の観光客が凍り付いただろうか。
写真はなかなかうまく撮れなかったのですが(本当はもっとヒキの絵が欲しかった)
…まあこのくらいでご勘弁を。雰囲気は出てるでしょ?
ということで本日は湖兎子さんの代理が京都の桜をご紹介しました!

↓4/13追記?あり!

続きを読む

クレオパトラさん


こうしてみるとほんとでか猫。

湖兎子の美貌を(おい、言っちゃったよ)2割増くらいに見せてくれてるのは
うまい具合に入ったお顔の模様だと思うのです。
ちょっと左右非対称なのが惜しいけど。
特にお目めまわりのアイラインはお上手~ってかんじ。
目尻のラインが漫画で描くまつげのようだなと思っていたのですが
「クレオパトラライン」と呼ぶらしいです。
凄いネーミングだわ♡
というわけでうちのクレオパトラさん、今日も元気!
でもせっかくのお顔、ちょっと気を抜くと目やにと鼻くちょで
見苦しくなっちゃうのでお顔はよく洗おうね。

追記・ちなみに額のM字は、スカラベ・マーキングというのだそうです。
クレオパトララインのこと調べてて、初めて知ったわ~へ~

メインディッシュはアタシ


テーブルクロスを敷いたらまんなかに居座る癖は
赤にゃん時代から治りません…料理が並べられないよう。

おもしろい子


お弁当つけてどこ行くの?
口に草をつけたままですましてました。(クリックで拡大してね)

まだいくか~?


月お誕生日恒例、体重測定…5.6キロ…また100グラム増加。
「うふふ」…笑ってんじゃねーよ!

春になって、少し食欲は安定してきたんですけどね~…
むしろ、食べない(あくまで当社比)のを心配する日もあるくらい。
私も一緒に食卓につくときは、「いただきます」の
頭ごっつんこをやってからでないと食べないと以前にも書きましたが
最近では、少ししたら、またテーブルの下にやってくる。
以前なら、こういう時はおかわりの催促だったのですが
見たらまだカリカリ半分くらい残ってるんです。
「どうしたん?」と顔を近づけるとまた頭ごっつん。
結局、半分食べてまた頭ごっつん…が、普通になってしまった。
時々はそれでも続きを食べなくて、じっと見上げてる。
…トッピングの催促です。ちょっとジャンク的でフレーバーが強く
私はあまり食べさせたくないけどこの娘は大好きというカリカリがありまして
それをちょこっと足すとまた食べ始め、ようやく完食というパターン。
しかし、この体重は…半分でやめてもいいくらいか!?

おそろしい子

約ひと月前と同じようなショットなのに
お顔が全然違います。

スイッチの入る一歩手前。このあとお耳がにゅーっと後ろに伸びて
悪魔の形相になり、襲いかかってくるのです。
この時はフーフーと凄い鼻息で興奮度がわかります。
時には「あお~ん」と鳴く時もあります。まさに野獣です。
湖兎子が今の5倍くらいあったら、簡単に頭をもがれるでしょう。
一緒に遊んでいて、いきなり静止して
こんなふうに私の顔を見つめ始めたら要注意なのです。おーこわ!

新しもん好き


すっかりくつろぎスペースに。

新チェストはお嬢様のお気に召したようで、よくこうしてくつろいだり
オブジェごっこを楽しんだりされております。
キャットタワーで寝ていても、私が引き出しを開けると
すっ飛んで来て一緒にのぞきこむ。そんなに見たいのか。
おかげで気がつけば黒の天板は抜け毛だらけ…てなことも。
仕方ないっすね。

疑惑


アンタ、絶対リスの血はいってるやろ!

猫ホイホイ


(↓下から数時間経過)で、呉服箱を置いてるとちょっと目を離した隙に…
こんなに平べったい箱でも、入りたくなるものなんですね。

新しい家具


傷つけないでね。

オーダーしていた桐チェストが届きました。
おそるおそる近づいて、チェックにまわる野次猫さん。
その様子をデジカメで撮ってると、
最後はカメラ目線でキメポーズ。…なんだよお。

いろいろ比較検討して、安全と思われる国産品をチョイスしたのですが
お部屋中なんかケミカルな臭いがたちこめてるような…。
しばらくは換気扇フル回転&窓開けです。
湖兎子はお昼寝もせず、ずっとハイテンションです。
新しい家具がうれしいのかな。
それとも、まさかラリッて…!?


     
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる