命を考える・プロローグ


まるでライオンさんのよう。
IMGP9491.jpg
そのモフモフで今年もよくがんばったね。

…て、まだ残暑が厳しい京都ですが。
本日からしばらくは、ちょっと堅めのお話をさせていただきます。
でも、このブログに遊びに来られる方々にはぜひ耳を傾けていただきたいお話です。
できるだけやさしくお伝えできればな~と思っていますのでどうかご一読を。

まずはずばっと結論から申しましょう。
今回、目的としてるのは、京都市の動物愛護センター構想にかかわる
パブリックコメント提出のお願いです。
京都市動物愛護センター(仮称)構想に関する意見募集について
その主旨は私がくどくど語るより京都新聞さんのこの記事のほうが端的かも。
犬猫殺処分削減へ 京都市が愛護センター検討

リンクへ飛ぶ時間がない方のためにはしょって説明すると、京都市には現在、保護した
わんにゃんの飼育設備が不足しています。そのためばかりとは言われませんが、
昨年度の統計では、引き取った犬猫の1917匹の実に93%、
1783匹が殺処分されたのこと。(驚愕)その8割が子猫。(悲惨)
そこで、保護犬猫を長期間預かれる環境に加え、なおかつ動物愛護意識を高めるための
教育やふれあいのコーナー、また災害レスキュー動物の保護機能や夜間病院などを
兼ね備えた新しい愛護センター設立に向けて、京都市がようやく重い腰を上げてくれたのです。

…が、しかし、それを後押しする市民の声(=パブコメ)がまったく集まっていないのが現状。
ということで、このたびにわかにその拡散のお手伝いをすることになったのですが…
なにせ、パンフやネットの情報がわかりにくい!!これを渡されて「ほい、書いて!」と
言われても、だ~れも書かないわな、というのが実感です。
あ、でも先日まで大騒ぎ(^^;)していた環境庁のよりずっと簡単です。

ともあれ、この情報をお伝えするにあたって得た情報…にわか知識ではありますが…
をお伝えしながら、みなさんと一緒に考えていけたらな~と思うのです。
これは、京都市だけの問題ではありません。
動物たちの命を考える日本の問題につながります。
市民の声と申しましたが、市民じゃなくても「声」は届けられます。
かなり暑苦しいかもしれませんが、よろしくおつきあいのほどお願いいたします。

こんなイベントもやってるんだ~(発見)!
犬猫好きアーティストが集結し、ペットの殺処分0頭を目指す音楽チャリティーイベント   HAPPY MUSIC FESTA 2010 ~Toward ZERO~

マジ切れ?


う~
IMGP9483.jpg
はい、きますきます(あっお鼻がキチャナイ、失礼)

どこの猫ちゃんもでしょうか、いや、湖兎子だけのような気がする。
仲良く?遊んでいたら、ある瞬間にカチッとスイッチが入り
「あお~ん」と何度も鳴いてこの顔で私をロック・オン。
次の瞬間、「ことたん・アタック」を炸裂させるんですよ。
私の頭に飛びついて抱え込み、かぶりつく恐怖の技ですよ。
以前まではまあ週に1度くらいだったのが、このところ毎日…
でもその直前のこの目がこぼれ落ちそうな顔が可愛くて(大親バカ)
なんとなく楽しみにしてしまうのです。出た、猫M発言。つける薬ナシ!

アコガレさ~ん


一心不乱
IMGP9458.jpg
「だから撮るなって。ヘタクソ」びえ~ん

ある年齢を超えた関西在住経験のある人の一部は(まわりくどい言い方)
本日のタイトルが、横山ノックの声で再生されるはずです。

そんなこたあどうでもいいのだ。
私の数多い悩みの種のひとつが、この撮影テクニック。
元来のセンスのなさに加え、向上心に欠けるのでいっこうにうまくならない。
ブログをはじめてもうすぐ4年というのに、なんなら昔のほうが
気合いが入ってたんじゃない?というくらい。
今日のも一応、デジイチなんですけどね…
1枚目、中途半端な構図、耳が切れている。おまけにブレブレ。
2枚目、私の重大な欠点、画面に意味のない空き。
デジイチが泣いてるぜ。ついでに湖兎子も泣いてるぜ。

そんななか、ずっと以前にやはり写真を愛好する友人由さんに教えていただき
以来、ずっと注目しているサイトがあります。
京都の路地裏や自然、森羅万象を撮っておられて、どの写真も
とっても叙情的で美しいのですが…なかでも私が心惹かれてやまないのは
彼が撮る野良猫さんたち!!
まあみなさん、ごらんください。←浜村淳の口調で(今日はベタやなあ)
デジタルな鍛冶屋の写真歩記(猫カテゴリーにリンク)
メカニカルなことはよくわからないし、そこからしてもう玄人はだしだと思うのですが
何より私がいいな~と思うのは、彼の撮る写真にはドラマがあること。
どうしたらこんな写真が撮れるの!?と驚くほどに、
野良ちゃんののびやかで、ある時は厳しい暮らしが、やさしく切り取られているのです。
比べるものではありませんが、私は岩合さんより好きかも!というくらい。
もちろん、猫ちゃん以外も凄くいい写真ばかり。ぜひご覧ください。

いや~うちに遊びに来た友人など、機会あるごとに紹介していたブログですが
より多くの人に見ていただきたくて(あら傲慢ね)うずうず。
昨日思い切ってこちらで紹介させていただくお願いをしてみたら
快諾どころかコメまでくださって感激!!(しかしうちの写真を見られたかと思うと恥)

長くなってしまった。あまり見なくてよい私の覚え書き
昨日観た舞台↓

続きを読む

うっとり顔、NG顔


う~ん、気持ちいいにゃ~もっと~

IMGP9455.jpg

IMGP9454.jpg

IMGP9453.jpg

まるで別猫。どうしてこんなにコワイのか。おもしろいけどね。
これがしてほしくて何度も呼びつける湖兎子です。



パブコメ、お疲れさまでした!信じて結果を待ちましょう。

もの欲しげな顔

IMGP9436_20110827071857.jpg
キッチンに立つ私に、この視線。

きちんとした人にはきっと信じられないことだと思いますが
ルーズな私は、たとえばこの丸椅子などこまごまとした家具など
定位置がなく、掃除するたびに場所が移動しています。
昨日はたまたま、キッチンの入り口近くに。
で、料理をしていてふと視線に気づくと、こんなふうにガン見されてたというわけ。
カメラを取りにいくまで待っててくれたけど、
本当はもっと熱い視線でした(笑)
以前にも似たような写真を撮ったけど、冷蔵庫に手をかけるとこんなふう。
IMGP9438_20110827071856.jpg
ワクテカ♡(クリック拡大推奨)

いつも冷蔵庫からカンヅメ(分けて残しておいたもの)を出すからかな。
母が留守番に来る時も、キッチンに立つとついてくるらしいです。
このいやしんぼめ!

昨日は午後から取材お仕事。現地に早めについてしまったので
近くの公園をうろうろ。暑かった。まだ夏空。でもきれい。
写真
ピンクのお花は、サルスベリです。
さて、ここはどーこ?…て、わかった人がいたら逆にびっくりします(^^;)

まだ間に合う!今晩0時まで!
1分で完了!動物の法律改正パブコメ 携帯メールも可

大は小を兼ねる!


こうして見ると違和感なし!

以前ご紹介した文久時計を贈ってくれた友人、ままちゃん。
実は一緒に、湖兎子へのプレゼントもくださいました。
IMGP9407.jpg
じゃーん!クールシート。…大型…犬用…?
(大きさ比較のためキャティグルを置いてみた)
ままちゃん、これはいくら大型猫といえども大きいんじゃ?
いっそ私がいただこうかしら、と寝転んでみると、なかなか寝心地がよい。
やっぱり涼しいのね~(^^)なんてあれこれやってると…
たまらなくなったのか野次猫がやってきて
IMGP9416.jpg
まんなかにどーん!「これは私のもの」どうです、このおさまり具合。
手足を伸ばしてもはみ出さない、まさに湖兎子のためのシートかも…ということで
敷きっぱなしで様子を見ています。ところが届いた日あたりから
ほんの少し涼しくなり…夜は仕事場のイスで寝るようになってしまったの(^^;)
でも、なかなかお気に入りのようでヨガマットとしても(??)使ってるから
また面白い写真が撮れたら公開しますね!


いよいよパブコメ明日締切!まだの方はぜひ今日中に!
5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ

追記/時間のない方はこんなのもあり!
1分で完了!動物の法律改正パブコメ 携帯メールも可

女王様の一日


ふと見たらこんなポーズ(カーペットのゆがみは気にしないでください)
IMGP9421.jpg
モフりたい気持ちをぐっとこらえて激写
IMGP9424.jpg
ねずみさん投入…「!」
IMGP9425.jpg
「私が所望してるのはこれじゃない」の顔

日によって態度がコロコロ変わる湖兎子ですが
昨日はしつこく甘えん坊&わがままモードでした。
仕事中、何度も微妙に離れた距離から呼びつけられ、
そのたびモフりに馳せ参じてしまう私…ひとしきり撫でると
「もういい。いつまでやっとんじゃ」と足げにされ、すごすご帰る。
嗚呼、素晴らしき哉、猫M人生!


もう出されましたよね1?締切はあさって!
【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ

動物縁起


向かって右・宇治上神社、左・宇治神社のおみくじ。
IMGP9431.jpg
バクさんの「おまもり」。
百獣こんなんも行きました。

というわけで。
私が忙しい忙しいと言う中にはこんなカワイイ子たち(?)との
出逢いの時間もしっかり組み込まれていたりするのです。

ひとつめはusainuの故郷・宇治を久々に散策した時のもの。
平等院や宇治橋を中心とする界隈は、10歳まで近所に住んでいたusainuの原風景。
何十年ぶりかに、宇治神社と宇治上神社を訪ねました。
このふたつの神社はご祭神の菟道雅郎子(うじのわきいらつこ)や
そのエピソードにちなみさまざまなところで「うさぎ」のモチーフが見られるので
うさぎ年の今年中に行っておきたかったのだ。
菟道は「とどう」という地名にも残りusainuも「菟道小学校」に通っていました。
「usa」の原点はこんなところにもあるんだね!というお話!?
久々に歩いて思ったね。やっぱり宇治はいい!

ふたつめは畏友・井上るりこちゃんがオマモリ展に出品した作品から。
私はバク型御守をゲット。(猫型ロボットドラえもん色だ)
のへ~とそこにあるだけで笑顔になれるような、愛い奴です。

そしてこれは昨日、ようやく行って来た京都国立博物館
百獣の楽園~美術にすむ動物たち~
今週日曜までの開催だったので危ないところでしたが行けてよかった~
信仰や芸術のフィルターを通した生き生きとした動物たちの姿は
あるものは愛らしくあるものは格好よくあるものはユニークで
とても見応えがありました。

以上!長々とすみません。やっぱり動物はかわいいね~(え?そんなシメ!?)
でもいちばんかわいいのは私、とうちの招き猫が申しております。

コスプレへの道、ひらく?


むー。
IMGP9403.jpg
…おや?
IMGP9404.jpg
慣れて来た?

といっても、まだ不機嫌顔ではありますが。
振り払わずにのっけてくれただけでも大進歩。
先日ちょこっとご紹介したら「ぜひことたんの頭に」というリクエストが殺到(?)した
柚餅のパッケージのフタであります。
工事現場のヒトか、はたまた幼稚園児か。イマジネーション、広がる。
昨日の形見チョーカーでもそうなのですが、以前までなら大暴れして
とても撮れなかったあんな写真こんな写真が、徐々にオーケーになっている。
大人になってすこし我慢ができるようになったのかな~
(性格は輪をかけてキツイですが)コスプレに挑戦してみるべきか!?

昨夜は寝入りばなに間違いファックスに起こされ(電話に出たらピーというやつ)
中途半端に目が冴えて深夜ドラマとか見てしまった。
昨日こそゆっくり眠りたかったのに~(T T)公私ともバタバタの今週、
みなさまのところへのご訪問やコメが滞るかもしれませんがご勘弁を!


締切が迫っています!!
【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ

ありがとうつるつるさん


キリッ
DSCF8498.jpg
「似合う?」…うん。早くはずそうね…

↑つるつるさん形見のチョーカー。なぜか嫌がることなくつけてくれて
しかも案外ぴったり…て、猫につけるな~

昨日は申し上げたとおり「猫猫猫一座関西特別公演」in滋賀。
朝からどしゃぶりの空もようも、集合時刻くらいには傘がいらないくらいに。
「さすが晴れ女、つるつるさん!」…そう言うたびに、私の脳裏には
あの屋形船オフの晴天とともにたった1度お会いした日のさまざまな思い出が
よみがえり、とても切ない気持ちになります。
そんな個人的感傷はさておき。(でも今日は長くなってしまいました)

この日、「ち」お姉様のお声かけで集合したのは
いわし君ご夫妻とろおば&とろままさんamesyoさん千さん
そしてち様の長年のお友達mamboさん。

コストパフォーマンス最高!のフレンチ会食のあと、
ち様といわし君家の車に分乗して、ち様のお宅へ。
大きなお骨に、写真や形見を並べた祭壇を用意してくださっていました。
(ここらのレポは、amsyoさんやいわし君をご参照ください。
なにせカメラを持っていかなかった^^;相変わらずのへっぽこブロガー)

半分以上が初対面のメンバー、ち様とも実はお話させていただくのはほぼ初めて。
最初は少し緊張しましたが、みなさまのあたたかい雰囲気にほっこり。
ち様は今回の経緯や、さまざまな思い出話を語ってくださいました。
淡々と明るく。
いかにつるつるさんががんばり屋さんであったか。ブログ仲間はもちろん
大学でもどんなに教授や友人たちに慕われていたか。
早くも何本も論文を書き、やりたい研究の方向も見え、
いつも意欲に満ちていらっしゃったこと。
逝ってしまった前日に受けた英語の試験の答案が先日ち様のもとに返送され
「最高点でした。残念です」といった意味のコメントが添えられていたこと。
今、こうして書くとあらためてその死の無念がこみあげ泣けてくるのですが
その場ではち様は本当にさばさばと語ってくださったので
いろんなことを比較的平静に受けとめられた気がします。

ち様のお宅では、つるつるさんのアルバムを見せていただきました。
故郷の博多から東京に出て来てからの若かりし日。秘蔵写真の数々。
私が知っている彼女より若くてまぶしい笑顔がそこにはたくさんありました。
素晴らしい日々をおくってこられたんだな。
いろんな人と誠実に向き合い、時には傷つきながらも
ずっとこの笑顔で乗り越えてこられたんだな。
そんな感慨に胸を突かれ…あまりにも早すぎたし納得はできないけれど
精一杯輝き、燃え尽きた人生だったんですね。幸せだったんですね。
という気持ちになりました。
形見の品もなかなか選べなかったのですが…
ち様の「持ってって~持ってって~」という言葉に背中をおされ
DSCF8485.jpg
結局こんなにたくさん(^^;)
後方には参加した方からのお土産も映ってます。ありがとうございました。
本当にたくさんの出逢いをつくってくださったつるつるさんに感謝です。

私は昨年、つるつる邸を訪ねた時に撮らせていただいた
「蒼太くんを抱くつるつるさん」写真を大きめに焼いてフレームに入れて
お持ちしたのですが…
それを開けた時のち様はじめみなさんの反応が
「わあ~…もっふもふ!」だったのに笑いました。
そりゃあ、蒼太くん、必要以上にもふもふしてたけどね(^^;)

つるつるさん
きっとまた逢えるよね。

猫猫猫一座ふたたび

房総署1
千葉・房総に転勤となった彼らの活躍(?)を、
としこさんが4コマにしてくれました!たまちゃんさんご協力ありがとう~
チャイ君もそのうち登場?(アレ様、いいですかのう)

本日はつるつるさんの初めての月命日。
ということは、あの衝撃から1ヵ月です。
あまりにもいろいろありすぎて、まだたったひと月?と思わないこともない。
くしくも本日は、つるつるさんのお姉さま・ち様のお招きによる
「猫猫猫一座関西特別公演」が滋賀でおこなわれます。
実はこのひと月、いろんな人とつるつるさんを語りながらも
本当にいらっしゃらないという実感なく過ごしてきました。
今日の集いではその事実をしみじみと感じるのだろうな。

つるつるさんは「猫猫猫一座」として実にたくさんのストーリーで
私たちを楽しませてくださいました。
上の4コマは、湖兎子も出演させていただいた
「リバーサイド署」シリーズへのオマージュ。
全部読むならこちら→リバ署

また、実は警察シリーズにはもうひとつあり…(チャイ君が来る前のもの)
本日お会いするいわし君のご両親ちのオトコマエいわし君がビシッと刑事していたり
箏弾き家の桃ちゃんが婦警だったり、なんといってもチャイ君の赴任先となった
じゃむのアレさんちのにゃんずと対決していたり(!)
まーいろいろ感慨深いものがあります。
全部読むならこちら→猫猫警察

雨の日曜日…過去ログをたどりながら追悼の旅に出るのもまた
供養になるかもしれませんね。

文久三年とラグドール


「はっ…なにこれ」
IMGP9413.jpg
「水曜どう…で…?…やな予感」

昨日はちょっと熱くなってしまったので本日はおもいきりゆるネタで!

7月にお誕生日プレゼントとして冷風機を送ってくれた
富山の友人・ままちゃんから、「こっちが本命プレゼントなの」とお届けもの。
がはははは。
「水曜どうでしょう」最新作を見た方ならご存知(何人いるのか…)
「文久目覚まし時計」だー!!
いやね、メインキャストのO泉洋ちゃんが『龍馬伝』に出ていたのを茶化して
ディレクターがナレーションのモノマネをしたのに
端を発する彼らのマイブーム。放映中は何度も聞かれたフレーズが
まさか本当に目覚まし時計になっていたとは…
まずはこの方と一緒に聴いてみましょう~
(といいつつ、最初は操作がよくわからず半端なことに…)

そう、ボタンを押し続ける間だけ音声が流れることを途中で学習したのでした。
このほか、「O泉さんの腹鼓」「嘉永六年」そして↓などが入っていました。

…馬鹿だねえ(^^:)という冷めきった湖兎子の心の声が聞こえる?

追記/元ネタリンク→文久三年
…しかしいきなり見てもわけがわからずむしろ腹立つだけかも…
自己責任でどうぞ(苦笑)

まだ間に合う!ご家族やお友達にも…
【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ

おとなの事情


「ああ~ン?ワイの目がごまかせるとでも?」
IMGP9372.jpg
「キバをむくよ!」
…以上、イマイチ迫力不足。

長くおとなをやっていると、時折、がっかりだなあ…という事実をつきつけられます。
さらにがっかりなことに、それに慣れっこになってきたりもするのです。
たとえば…スタッフ一丸でがんばったプレゼン。手応えもあったのに
結果、決まったのは「?」なB社。
フタを開けたら政治がらみの出来レース臭プンプンだったことに気づく。
そんな体験、日常茶飯事に近いところがまた哀しい。
でも警戒心全開でトライをあきらめると、前に進めません。
「これはどうなんだろう…」と思いながらも、目の前のチャンスには
全力で向かうしかない。傷ついてなんかいられないのです。

…いやあ…ね、ずっとお伝えしている動物愛護法改正の件、
改正委員会のメンバーの顔ぶれをあらためて知って、
ちょっとそんな嫌な感覚が頭をかすめたのですよ。
業界のパワーは、やはり相当な壁になりそうです。

いろんな人がいろんな思いで解答を練り、拡散を進めてきたパブコメ。
「動物を守りたい」というピュアな思いが
真摯に受けとめられる社会であることを私は信じたいです。

事実上、この週末がラストスパートのチャンス。
以下のページには、クリックするだけで文書作成できるツールも備えています。
【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ

ハマりもの


「なんにゃこれ?」

夏場は特に爽やかなデザートがほしくなるものです。
写真は全然爽やかじゃないですが(美味しそうに撮るの難しい!夏らしい器もなく)
IMGP9389.jpg
これは以前、ハッブルさんがブログで紹介されていたもの。
ドライマンゴーを適当な大きさに切ってプレーンヨーグルトに入れ、一晩置くと
ぷるるんマンゴーに戻ってるんです。スプーンで切れるんだぜ!
リーズナブルにお手軽に、栄養たっぷりマンゴーヨーグルトのできあがり~
実はハッブルさんが紹介されていたのはマンゴーのアイスバーで
これはまだ過程なのですが、ヨーグルトで満足して
アイスまでたどりつけない(^^;)
でもアイスもとってもおいしそうなので我と思わん方はぜひチャレンジを。

おまけ「なんにゃこれ」2
IMGP9381.jpg
久々に食べた某老舗和菓子屋の「柚餅」
柚子型のパッケージが可愛くて捨てられないの~
ひとまず黄色いから西の出窓へ~

動物愛護法パブコメ締切迫る!
出したいけど時間がとれないし~という方、鍵コメでメアドを送ってくだされば
「署名して送るだけ」のPDFをお送りいたします!

送り火2011


みきたろうさんは鳥居を見てきたんだって。「で、うちはまたテレビで?」
IMGP9394.jpg
「記念写真なんかつきあいきれんわ」…まあそう言わんと。

↑どうせ録画だから。
…ということで!!今年は行ってまいりましたよ。
考えてみれば、京都市内に住みはじめてからというもの、家から通りに出れば
いつも大文字が見られましたし、今のマンションもスカイルームに行けば
鳥居以外の送り火が小さくだけど眺められます。
しかし、特別な思いのある今年は、どうしても「わざわざ」観に行くことをしたかった。
お盆にこちらに帰っていたお精霊さん(おしょらいさん)が乗っていかれるという
西賀茂の「船形」を近くで見たい。そう強く思ったのです。

はりきってビューポイントのひとつ、賀茂川御薗橋に着いたのは点火の1時間前。
CIMG1552.jpg
まだほとんど人がいない。んでもってどの山が船形かもわからない(笑)
あちこちうろうろ下見して時間をつぶすこと1時間。橋の上で大文字の点火を見て、
船形の見える対岸に移動するという手もありましたが、混雑が予想されたので
船形オンリーにしぼることに。河原は涼しい風が吹いて居心地はよかったです。
やがて…8時15分、点火。
CIMG1555.jpg
(上の写真より少しズームしています)山腹にぽつぽつと現れた炎が
CIMG1559.jpg
(さらにズーム)またたく間に広がり、船の形に。
CIMG1562_20110816214408.jpg
やや斜めからの船形ですが、燃え盛るさまは美しく感動しました。
しっかり手を合わせてきました。

さて帰ろう、と御薗橋を渡ると南東に見える如意ヶ嶽に消えかけた大文字が
CIMG1570.jpg
…わかるか~!!

(以上の小さい写真、クリック拡大します)

いろいろあった今年…また送り火もいろいろありましたが(苦笑)
やはり夏空を焦がす炎を眺める時の荘厳な気持ちは格別なものがあります。
あ、五山って何?と思った方は、昨年8月17日のブログをご覧ください(笑)
Sさんがいたく気に入って、朝いちばんに「面白かったわ~私はこんなんが好き!」と
熱く語ってくれたのも、大切な思い出です。

さ、今日からお休み明けの方も多いことでしょう。残暑を乗り越えてがんばろう!
パブコメの締切までいよいよあと10日ですよ。

ぼけぼけ


「しっかりしなさいよ!」
…あんたが午前3時に起こさなければもうちょっとラクなのにねえ。

はー、起きてブログ更新してる夢を見ていた。二度寝していた。
もうバテバテのぼけぼけで、昨日などお茶を煮だしてるのを忘れて
別のことに没頭していて、気がついたら15分以上
やかんを火にかけっぱなしでした。あぶね~
すっかり煮詰まって3分の1くらいになったのを、水を足して再沸騰させたが…
飲めるかな…とおそるおそる飲んだところ、香ばしくていつもよりおいしかった。
ケガの功名?でもよい子は真似しちゃ駄目よ~(するか!)

昨日の日中は、そんなぐだぐだの私を監視するかのように、
ほとんどお昼寝せずにつきまとっていた湖兎子。なんなのだ。
おかげで睡眠サイクルが狂ったようで、午後9時には本気寝。
いや~な予感がしていたら、午前2時台に「ごはん」「おかわり」
3時に「オチッコとウンしたからお掃除して」とこれまたしつこく起こしに。
ご丁寧にトイレをふたつとも使っていましたわよ。元気だなあ。
今日だけは片付けるべき諸仕事をちょっと脇に置いて、
ゆるゆる気ままに過ごそうと思います。たまにはね~

毛玉ボールと


くんかくんか
IMGP9356.jpg
「ふーん」以上、青&ムーンくん。
IMGP9362.jpg
向かって左・グレちゃん、右・青&ムーンくん。似たもの3ショット。

暑さと睡眠不足でばってばてのusainuです。
メールのお返事やみなさまのところへのコメも滞っていて、すみません。
今日はがんばる…つもりですので!

そんななか、暢気亭日乗の只野緑さんよりシャム猫ココシリーズをレンタル。
前半12冊+αは読破し、今回届いたのは後半分ですが
作者のリリアン・J・ブラウン女史が先日亡くなられたので
いよいよ読破してしまうのねと思うと寂しいですわん。
で、そのおまけについていたのが愛猫・末っ子ムーン君の毛玉ボール。
以前、猫日記のゆきこさんからも毛玉ボールセットをいただき、
一瞬だけど興奮して遊んだのでワクワクしつつなりゆきを見守ったのですが…
なんとも静かな反応でした。期待はずれやん~
経験値が少ないから、猫の匂いってのがわからないのかもね。

もの言えぬ動物たちの命のために、シンプルでもいい、強い言葉を。
動物愛護法改正パブコメ募集
昨夜、「くるねこ大和」さんのブログでも呼びかけが。
同時に、熱心に保護活動をされていた人気ブロガーさんの急逝を知りました。
パブコメについても熱心に呼びかけていらしたお一人。
愛する保護猫たちを残して…私は初めて拝見したのですが無念な気持ちに。
今年は本当に、逝ってはならない人が次々と逝ってしまう。どうなってるの?
湿っぽいので追記で↓

続きを読む

猫と暮らす


今でもたまに子猫ちゃんに見える時のある湖兎子。

ちょっと前に盟友Aちゃんに教えてもらって読んだ本。
エッセイスト(…なのかな)森下典子さんが猫との暮らしを綴った新刊です。
ずっと猫という動物には興味がなかった彼女とそのお母さんが
庭で出産してしまった猫親子をやむなく保護して里親探しに奔走するうちに
すっかり猫の魅力にはまってしまったというお話。
「ふふ、そうでしょう、そうでしょう」とニヤニヤしながら読んでしまいました。
猫ブームといわれて久しいけれど、やっぱり世の中には
「犬はいいけど、猫はねえ…」という人が結構いて。そういう人が
猫の魅力に気づいてくれるのって、とてもウレシイんですよね。
昨日の話じゃないけれど、私だって「飼うなら犬!」って思っていたし
急転直下のこの展開に、まわりが驚いているほどです。
私も戸惑いながら一緒に暮らしてみて本当の魅力を知った一人。
だから余計に、猫バカに(これ敬称ね)おちていく人の話が好きなのかも。
もちろん変わらずに犬も好きだし、いつか一緒に暮らしたいとも思うのだけど
これはよほどの人生大逆転(逆転なのか)がないと無理だな(^^;)
ともあれ、命あるもの、みな愛おしいということです。と無難な着地。

昨日はお墓参りでいっぱい太陽を浴びすっかりバテてしまいましたが
ようやく「夏休みの宿題その1」を自分なりに仕上げて提出しました。
動物愛護管理法パブコメ募集
やってみるとそこそこ時間もかかるし確かに大変。
文章を書き慣れないと、やっぱり二の足を踏んでしまう人も多いのかなと
思ってしまう。私も、にわかづけの知識では語りきれないことを感じ
極力シンプルに、「賛成」「反対」の意思表示と、理由づけとしては
その根底にある自分なりの考えを簡単に示しただけです。
検索すれば、回答のひな形をよういしてくださっているサイトも多々ありますので
上手に利用するのも、ハードルを下げる手だと思いますよ。
いま大切なのは、とにかく声をあげることだから。

イワゴーサン


「ねこ、1枚」。入場券がとても可愛かったのだ。

昨日は実家からの帰り、ついでに動ける今のうちに!と
京都大丸で開催中の岩合光昭さんの写真展に寄ってきました。
写真
朝のうちだったのですいてるかな?と思ったけど…
いざ入ると、すでになかなかの盛況っぷり。
岩合さんのとらえた、たくましくも可愛い猫たちの表情に加え、
それをニコニコと眺める老夫婦や自分の愛猫の話に興ずるご婦人たち、
「みーちゃん…」と呟きながらご覧になってる老婦人…etc.
来場した猫好きの人々の姿を見るにつけてもなんだか微笑ましくうれしくて
このところ涙腺の弱い私はこっそり涙をぬぐうほどでした。
「猫って、ほんまに芸術的やねん。よくできてると思うわ」
ずっと犬派でさほど猫に興味がなかった私に、こんこんと猫の素晴らしさを
説いてくれたのは、今は亡きSさんだったなあということも思い出したり。
素晴らしい作品は、いろんな感情を呼び起こすものなんだな…としみじみ。
猫好きの方は必見!猫好きでなくとも、嫌いでなければ
ぜひご覧いただきたい写真展です。9月には大丸心斎橋店に巡回しますよ。
さらに「いぬ」が9月2日から神戸店で。こちらの会場ではなんと
あの『paw』も販売されるとか!(ちょっと宣伝)

で、こちらはちょいとシュールな失敗写真。
IMGP9342.jpg

すべての動物たちに幸あれ!お盆休みの方~この機会に!!
動物愛護管理法パブコメ募集
詳細にふれた当ブログの過去記事

あららら


新・爪とぎを無理矢理押し込んだ図。湖兎子も不満顔?

お誕生日に買った爪とぎの替え、こんなのどこのでも同じだろうと
多寡をくくっていたら甘かった(あたりまえ)
従来のケースに入れたら、厚さがちがってぱちっと固定できず。
(向かって左のツメが浮いている状態)
ま、大勢に影響ないしええやろ、気にしな~いというアバウト精神で…
湖兎子も機嫌よく使ってくれています。

で、付属の「またたび粉」をキャティーグルーミング、通称キャティグルに
ふりかけてみた。とてもおもしろかった。
これは慌ててカメラをとりにいったあとなので、
エキサイト度も下がっていますが、ほろ酔いで遊ぶさまが可愛いです。


さあ~てと、今日はお盆恒例、早朝実家帰りだ。
夜中3時から執拗に起こされ
おまけに5時過ぎから執拗にトイレをたたいているなと
気になって見に行くとウンをちょっこしおチリに残していて
朝から格闘…宝くじでも買うか。相当寝不足だ~ま、行ってきます。

おめかしバースデー


おとといのとしこさん漫画に倣ってピンクのリボンでおめかし。
(上を向かないと見えない)

実はこれ、今年のバレンタインにゆきこさんからいただいたチョコの
ラッピングに使われていたリボン。珍しく、おとなしく装着してくれました。
日の目を見てよかった~

昨日はあまり一緒にいられなかったのですが
帰宅後、手ずからシーバの大盤振る舞いサービス。
画像も大盤振る舞いで!
IMGP9331.jpg
IMGP9334.jpg
IMGP9333.jpg
IMGP9336.jpg
しかし、どうしてお顔がゆがむんだろうね…(リボンもゆがんでら)
IMGP9322.jpgで、私からのしょぼいプレゼント。
ボロボロになっていた爪とぎの交換とお高めのカンヅメ(1回につき4分の1)
いずれも好評でした。
爪とぎについては後日談(?)あり。あす公開します。
あ、体重は先月と変化なしの6.8キロ(ううむ…)、
3サイズ等メジャーで測ろうとして激しい抵抗で断念。近々リベンジを。

たくさんのお祝いメッセージ、ほんとにありがとうございました!!

みんなで考えよ~
動物愛護法改正のパブコメ募集中
aimiさんのブログで漫画でお勉強!(前編から読んでね)


こんなにちっちゃかったのにね

koto5週
いっちょ前にカキカキしてる5週齢。

はーい、湖兎子さんついに4歳のお誕生日です。
といってもなーんもネタがないので、読者サービス!?として
ブリーダーさんからいただいた赤ちゃん湖兎子秘蔵写真で
4年前を振りかえってみましょう。
今年はアクティブ特集。今の湖兎子を彷彿とさせるやんちゃな画像をば。
koto8.jpg
8週齢。表情、手のあげ方など、今と変わりません。
koto9週
9週齢。「ママー」の微笑ましい一場面…のはずですが…
お前、顔にかみついてケリケリしてるんじゃ…?こんなところも湖兎子らしい。

そんなわけで…へへっ、出し惜しみ特集。感想は「なんだ、変わってないじゃん」?
CIMG1547.jpg
「何をおっしゃいますの。こんなにセクシーでグラマラスな美女に
成長いたしましたのに」…はいはい。
身体測定の結果は、明日、お知らせしますね~。

お誕生日前のサプライズ!
CIMG1539.jpg
シュウママさんからはこんなに豪華なプレゼント詰め合わせをいただきました♡
私も湖兎子もシアワセです~ありがとうございました!!

より多くの、そしてこれから生まれてくる犬猫たちにもシアワセを!
パブコメ募集中→動物取扱い業の適正化について
悪徳業者の組織票に負けてはなりませんぞ。あなたのピュアなお言葉を。

プレ・バースデー

ルンバ
本日はゆるく可愛く、としこさん新作4(5)コマで!
さあ~…原曲歌えるお友達はどれだけいるのかな?

明日は湖兎子さんバースデーということでご陽気におうたでも!
しかし、実は肝心の明日は午後から夜までずっと外出予定、
ろくなお祝いをしてやれそうにありません。
ま、仕方ないか…
いつも何かとバタバタなお盆週間、今年も公私ともに予定みっちり。
毎日スケジュールノートに書いていながら、ずんずん後ろに送られていく
「予定」もあり…おいおいできるのか!?と不安いっぱいだわ。
湖兎子もあんまりかまってやれなくて不憫~
できるのは呼ばれたら馳せ参じて撫でまくるくらい。
そして蹴られてすごすごと仕事に戻るのでした…

これもさっさとやらなきゃ、の大事な宿題。
動物愛護管理法のパブコメ募集について、こうめちゃんも
可愛くやさしく語ってくれました→パブリックコメントて知ってはる?

シャボン玉とんだ


さあ、いくよ!の記念撮影

お待たせしました…って、もう誰も憶えてないかもしれませんが(苦笑)
先月、ミカ姉さんが京都にいらした時にいただいた例のブツ。
そう、ペット用のシャボン玉。
ミカ姉さんちのシロップちゃんがたのしく遊ぶ様子はこちら
シロップ&シャボン玉
ついに!湖兎子もトライ!
…が、しかし…動画に撮るって難しいよね~(^^;)
あたふたして、液はこぼすわ、画像は揺れるわ。
おまけに湖兎子は飛んでくるシャボンよりも落ちた残骸に興味津々。
(割れずに残って行くシャボン玉なのです)
ぜーんぜん上手に撮れませんでしたが、よろしければご覧ください。

(音に注意。たまたま見ていた録画のBGMがモロにかぶっているので
著作権上どうなのか…さしかえるかもしれませーん)

おまけ。


最後に…先日お伝えした動物愛護管理法のパブコメ募集について
またまた有益な情報をハッブルさんが教えてくださったので
リンクさせていただきます。ぜひご参考に!みんなの声を届けよう。
「ジュルのしっぽ」さん

命への責任


夏空と湖兎子を撮りたかったけど…
IMGP9318.jpgなかなか
IMGP9313.jpg難しいもんだ(ペロッ)

はい、昨日に引き続き、ちょっと堅めのテーマでたたみかけますよ~
普段から漠然となんとかしておかなきゃと考えつつもあとまわしになっていて
今回、つるつるさんの急逝でにわかに現実感を帯びて心に迫った問題があります。
「自分にもしものことがあった時、湖兎子をどうするか」
特に私のような一人ものはしっかり備えておかねばならないことなんですよね。
人生に「絶対」はないし、あってはならない「もしも」だけど
その時が来てしまってから遅い。
つるつるさんと猫猫猫の場合は、彼女の人徳あってのスピード解決でしたが
普通は決してこんなにすんなりとはいかないでしょう。
飼い主の責任として、愛猫の残りの生涯を
誰にどのようにサポートしてもらって全うさせるか。
何を残してやることができるのか。
これもまた、整えておくべき宿題だと思っています。
ちなみに、ブロ友の只野緑さんはしっかり遺言セットを準備していたりする!
そしてきらちろママさんからは「こんなのもあります」と
猫の生涯を保障してくれる「猫の森」という施設をご紹介いただきました。
高額の契約金が必要ですが、無理を言わずに託せる身内がいない場合は
こういう選択肢もありだろうなと思います。
昨日の話の続きじゃないけど、本当は公でペットのためのこういう施設を
つくっていただければなあ…ま、でもそれまでに解決すべき問題が山積みなのでね。

しかし実際問題として湖兎子は私と離れてもちゃんと暮らしていけるのか不安~
…なんて私が勝手に思ってるだけで、意外とケロッと新しい飼い主さんに
懐くのかしら。ちょっと試してみたい気もするけど(おいおい)
そういうことにならないように注意し、祈りつつも
まずは遺言キット準備せねば!と思うこのごろなのでした。

なつやすみのしゅくだい


「え?べんきょう?」…いやいや。

今日はほんの少し、かためのお話。
といっても、すでにaimiさんmaedaさんのブログで熱く語られているので
私はもうちょっとゆるめのスタンスでざっくりとお伝えしたいと思います。
現在、環境省が「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正案について
パブリックコメントを募集しています。
主観を交えて噛み砕くと、現在の法のもとでは命が粗末に扱われたり
可哀想な子たちが量産されている現実があります。今回の法改正で、
少しでもそれを阻止して、人と動物の良好な関係のベースを底上げできたら
…というお話。
法の見直しは5年に1回、つまりこのチャンスを逃すと、
5年以上、また同じ悲劇が繰り返されるということです。

たとえば…動物たちの命を商品としてしか扱わない人々を
もっと厳しく規制できないかとか、ま、そゆこと。
「パブリックコメント、なんじゃそりゃ?」という方は(はーい、私もそうでした)
こちらのサイトで書き方等をわかりやすくまとめてくださっているので
ご一読くださいませ。→パブリックコメントの書き方~命の為に

で、環境省のパブコメ募集のページはコチラ→動物取扱業の適正化について

もちろん、法規制ができたとして、どこまで変わるかはわからない。
本当は命と向き合うって、もっと根源的な問題だから。
それでも、ここで発せられたメッセージが大きなムーブメントのひとつになって
少しでも何かを変えるきっかけになるなら…
そう思われる方は、どうか、どうか。
「これだけは許すまじ」という項目にひとこともの申す!だけでもいいのだ。
みなさん、お忙しいかとは思いますが、ちょろっとでも時間をつくって
自分なりの意見を伝えてくださいませんかのう。ブログでの拡散も歓迎です。
締切は、8月27日(土)です。

ふー…朝から疲れたぜ。湖兎子も足元で転がってます。
…あんたはシアワセだよね、今んとこ。…たぶん…

黙ってねるこ


ちょっとお蔵だし気味の写真

今朝は気がついたら珍しく5時前で、無意識で入れた冷房がガンガン。
もっと珍しいことに、湖兎子が枕元で添い寝していました。
いつもなら、絶対に1度私を起こしてから申し訳程度に添い寝するだけなのに
さわれば毛皮も冷え冷え~
この夏はリビングでのひとり寝にはまっている湖兎子ですが
目がさめる→ご飯ねだりに行かねば!→ベッドルームすずしっ!→寝ちゃれ
…ということにでもなったのかしら…ちょっとびっくりしました。
あとひと寝入りで起こされるのも嫌なのでねだられもしないのに
カリカリをお皿にあけてしまった、初めての体験。
(もちろんそれはそれで、速攻で平らげたようです)

今日は久々のロングお留守番だ~温度管理に悩みます。

エキサイト!


「あ、アタシの好きなアレ…」
IMGP9301.jpg
「ねらってねらって~」
IMGP9293.jpg
「はうっ!」ごろんごろん。

以前にガブママンさんからいただいた猫じゃらし。
こういうフワフワもんと羽根もんに目がないようです。
ただし湖兎子は遊ぶといっても、寝っ転がったままで「カモーン」
遠くで振っても、よほど興が乗らないと飛びかかってでんぐりがえりなんてことは
ないのでありました。
ましてや華麗なジャンプを披露なんて、今となっては夢のまた夢。
こんな湖兎子に誰がした~私が遊ばせ下手なのかしら。
しかしこの時はちょっと楽しかったようで、「もうおしまい」にしてからも
しばらくして自分で別のおもちゃを持ち出して来て遊んでいました。
とーっても珍しい!ほかの子がやっているのを見てうらやましかったのですが
湖兎子もやればできる子だったのね。
ただ…そういう場合でも、遊ぶというより抱え込んでひたすらしゃぶっていた…
そう、フワフワも羽根系も、結局おしゃぶり大好き。
あわよくば食べようとするので、目が離せないのです。とほほん。

お怒り湖兎子さん


あの~う…もしもし?お顔になんかついていますよ…
IMGP9290.jpg
「いいの!かまわんといて!」(きっぱり)

昨日はついに断尻尾を決行しました!
でもこわごわやったので、フェルトの半分だけきりとった状態で
断面が見えて変なんです。尻尾もへんなカタチに。
さすがに可哀想なので、当分尻尾の写真は控えます。
その上に相変わらず毛はふわふわ浮いてるし、身体にも毛玉が…
ということでしつこくブラッシングすると、彼女の怒りがピークに!
ダイニングのイスの下に逃げ込んで、すねてしまいました。
おやつで懐柔したけどね(^^;)

こんな湖兎子ですが、なぜか朝食?を催促して食べたあとの
夜中~明け方、毎日少しだけゴロゴロいいながら添い寝してくれます。
冷房を入れたらゴロゴロがさらに大きくなります。…ちっ、それが目的か。

猫の尻尾切り(泣)


身体の割に貧相な尻尾。

ずっと前に、湖兎子の尻尾にぼっこーんと大きな毛玉ができていることを
ご報告しましたが、どないしようと思っているうちにもどんどん増殖。
気がつけば、なんと付け根に大中小3つ、先っぽに大1の毛玉…というか
フェルト化した塊ができてしまっていたのです。
なんとかせねば…とさわると激怒するし、もう絶対ほぐせない状態だし…
昨日ついに、寝ぼけて甘えている時に意を決して根元の3つを切ることに成功!
もちろんめっちゃ怒られましたが。

まあみなさん見てください。
CIMG1502.jpg
湖兎子がセルフでつくった?尻尾フェルトのなれのはて。

これだけ切ったので、角度によっては上のような貧相尻尾に見えますが
CIMG1507.jpg
こうして見るとそうでもない。けっこう余力(?)あり。

心なしか尻尾振りも軽やかになったような。この調子で、残る大物毛玉、
先っぽのひとつにもトライするか~うう…許してもらえるかな…
     
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる