アクティブ曜日

DSCF1621_20130930144159171.jpg
ついヒョウ柄に惹かれてこんなバッシュを買っちまったんですが
DSCF1625.jpg
このひとは箱のみに興味があったようで「うっひゃーん」

ようやく全身がおさまったのはその3日後くらい。洗濯干しの下にて。

そんな湖兎子とはほとんど関係なく、昨日は奈良行き〜
まずはブロ友さんのハッブルさんの新邸ご訪問〜
これがもう、素晴らしい大豪邸で。このところモノがあふれて
片付けを放棄しつつあるusainu家が3軒くらい入る素晴らしさです。
DSCF1631.jpg
「ちえこ、ここに住みたい!」そうだろうよ。私も住みたいよ。
古きよき昭和のおうちをリフォームして、それは感じよく住みこなしておられます。
8畳の茶室(水屋つき)やサンルームまであるんだぜ!お庭もひろ〜い。ため息。
写真
お抹茶のおもてなしを受けたりして
人が来ると幻の猫となるねーちゃん・ぴーちゃん姉弟のかたわれ、
ねーちゃんを追いつめ激写!
DSCF1635.jpg
(書斎予定地にて)
DSCF1636.jpg
さらにズーム!(このあと逃げられる)

いやあ〜ええなあええなあ…と余韻にひたりつつ電車で数駅、向かった先は
DSCF1640.jpg
千さんが君臨する(?)邦楽グループのライブ!in町家ギャラリー
とっても感じのよい空間で邦楽の音色に酔いしれ時には一緒に歌い
DSCF1643.jpg
終わる頃には日もとっぷり暮れて…
図々しくも打ち上げにまでご一緒してしまいました。
千さん「私の『ねことも』なの〜」
「どっちがねこちゃんでどっちがともちゃん?」って会話があったり^^;
邦楽を愛するステキな人々にドイツ人の青年やギャラリーオーナーが加わっての
楽しい打ち上げに、つい時間を忘れてしまいました。

今週も仕事山積みだよ〜でも眠いよ〜
ということでコーヒーを飲みながら更新してやる気にはずみをつけてみました。
…ついたのか…?とにかくがんばりま〜す。
千さん、ハッブルさん、楽しい時間をありがとうございました。

ともねこのこと


追憶にふける湖兎子?

今日は、まずはとーってもおめでたい話題から!
昨年4月の記事(→にゃん生を考える)でご紹介した
大先輩にゃんこ、まちこ姐さんがなんと!
昨日、無事21歳のお誕生日を迎えました!大拍手!
DSC_0463-1 のコピー照れるにゃあ
ご紹介した時点で腎臓の数値はかなり悪く点滴通いを進められつつ
病院大嫌いのまちこさんのQOLを思いやって「自然にまかせる」と
苦渋の選択をした飼い主のMさん、いつお別れがきても…と覚悟しながらも
無事その秋にハタチのお誕生日を迎え…
1年後の昨日もまだまだ元気にがんばっています!
DSC_0440-1 のコピー
「ママと一緒で幸せだにゃ」
穏やかな老猫にゃん生、万歳!!全国猫飼いの希望の星!
来年のお誕生日も祝わせてね!まちこさん!

それからこちらはご報告をためらっていたのですが…さらりと。
今は亡き親友Sさんの愛猫・あぶくんは8月の終わり、
静かにSさんのもとに旅立ちました。享年20歳。よくがんばったよね。
CIMG0694.jpg
Sさん闘病中はガブママンさんにあぶくん人形をつくってもらったり
いろいろとお世話になりました。今頃はSさんにおもいきり遊んでもらってるはず…
しかし…残された旦那さまが心配すぎるのでした…

気を取り直して!(浮いたり沈んだり忙しい本日の記事)
きらちろママさんにいただいたみみずくさんバンダナ、
着用例のお仲間にいれてくださるというので、
張り切ってもっとバンダナがよく見えるよう写真を撮り直しましたの〜
みみずくさん、お好きに使ってね!(以下、クリック拡大します)
DSCF1612_20130924063954db4.jpg
表情が暗い?
DSCF1611.jpg
これがいちばんわかりやすいかな?
DSCF1605.jpg
でもこの表情、カワイすぎ〜(親バカ)→アップ後見直すとアホっぽい顔…^^;

…もらいものなのに、なんて図々しい。
「人のバンダナで相撲をとる」とはこのことだ。
ピー!きわどい図を想像してしまった、あなた、トラベリング!(なんのこっちゃ)

ところでみみずくさんちのこてつくんも「こっちゃん」て呼ばれてるのね。
むこうのこっちゃんは愛らしいなあ〜

シャイっ子ミミちゃん


「じぇじぇじぇ!また浮気〜?」(あまちゃん最終週だよ〜)
それにしても片付けたいこの場所^^;

はい、予告どおり行ってきました。
懐かしい宇治橋通りの幼なじみ姉妹が待つマンションへ〜
とっても仲のよい年子のMちゃんYちゃん姉妹とは、
小学校3年のときから毎日のようにお互いの家を行き来し
楽しく遊んでいたのが今もきらきらした思い出。
そしてこちらのおうちに飼われていた三毛猫ミーコが
私が猫とふれあった初体験でした。

時は流れ、ふたりは順当に幸せな所帯をもち
姉のMちゃんちではわんこを飼ったりしていたのですが
ふたりの原点はやはり猫。ずーっと猫禁断症状を抱えていたようで…
そんな折!就職して一人暮らしをはじめたMちゃんご長男が
瀕死の子猫を助けて引き取っちゃったのです!
狂喜乱舞の母&叔母!?
ふたりのサポートぶりは頼もしい限り。
この日も、連休中Yちゃん邸にお泊まり保育にやってきた子猫と
一緒に遊ぼうとお誘いを受けたのでした。
子猫の名前はミミちゃん。ミミちゃ〜ん。
DSCF1455.jpg
ちら。

ずーっとカーテンの後ろに隠れている…シャイな子です。

じゃあ昨日もらった珍しいお土産などを(じらすなよ)
DSCF1590.jpg
パッケージのリボン、実は片方は湖兎子のよだれでベトベト^^;
DSCF1592.jpg
梅田阪急で限定販売している亀田製菓ハッピーターンの高級版
DSCF1593.jpg
これは和三盆味〜まさにハッピーターンを上品にした味でした。
おいしかった〜Mちゃんありがとう。

さーて、でもってみなさんお待ちかね、ミミちゃん大特集は
「続きを読む」で!(たたむんかい!)

続きを読む

やっぱ猫だね


高いところから失礼します(背景の散らかりは見なかったことにしてね)
DSCF1386.jpg
いや、高くないし。
DSCF1389_201309220934389eb.jpg
でもこの幅わずか10センチほど。

こういう狭いところに得意げに乗っちゃうのは
やっぱり猫ならではですよね。

すみません、ちょっぴり放置してしまいました。
特別仕事が忙しかったわけでもなく…むしろスケジュールに余裕がある分
締め切りの合間に遊びをさしはさみ、結果ブログの余裕がなくなった感じ?
ご訪問も滞りがちで、恐縮です。

朝夕はすっかりしのぎやすくなり、湖兎子も活発化しているこのごろ。
食欲も活性化!夜中に至るまでおねだりが激しく(ほぼ2〜3時間おき^^;)
ただでさえ途中覚醒で不眠気味のusainu、とぎれとぎれの睡眠が顕著化〜
先日も見たかった映画にようやく行けたのに、
開始後5分でうつらうつら、さっぱりわけがわからなくなってしまった。
夜中のおねだりは今に始まったことではないけれど、
対応する体力がなくなってきているのでしょうかねえ。ま、慣れるしかない。

今日は幼なじみのおうちにニューフェイスの猫さんを見にいってきま〜す(^^)

お寺×コーヒー×ウィーン×アート×猫!?③


ちえこ師匠の講義?は続くよ

11/1~3に京都・安楽寺にて開かれるイベント、「ミャウゼ」をご紹介する第3弾。

お寺、コーヒー、ウィーンだけでも十分イベントとして魅力的なのですが、
それだけで終わらないのが「ミャウゼ」の凄いところ。
今回は、いよいよ?アート×猫の全貌?をば。(毎度長くてすみません)

3日間、会場となる安楽寺さんの客殿「椛」では
このブログにもたびたびご登場いただいているアーティスト、
吉田佐和子さんの作品展が開催されます。
銅版画とコラージュを合わせた作品は、繊細でレトロでキュートでユニーク。
ああ、私の表現では月並み!どんなかな〜と思う方はこちらをご覧ください。
吉田佐和子ホームページ
そう、これが「アート」パートです。
こんな作品群を直に拝見できるとは、なんて贅沢な空間なのでしょう。

…で…ここまできて、なんで猫なの?とじれているあなた、お待たせしました。
実はこのイベントにかかわるみなさん、オール猫飼いという素敵な共通点が(会場の
安楽寺さんの看板猫はノルウェージャンのパーラちゃん)!
ミャウゼというイベント名も、オーストリア語で「午後のお茶」を意味する「Jause」
(ヤウゼ)と、猫の声(ミャオ)をミックスした造語なのです。

さらに猫で会場を盛り上げちゃおう!というのが最後にご紹介する
演出企画「ねこのいるお茶会」。
といっても、ほんものを連れてきたらお茶どころでなくなっちゃうということで
生まれたのが「ねこパネル」大作戦なのです。
愛猫さんを原寸大のパネルにして、会場に大集合させちゃおう!という趣向。
猫パネル
(とりあえず3匹並べてみました^^;)※クリック拡大します

遠目には、ましてや写真に撮ると「本物!?」とも見まがう美しい出来。
ことパネル
ほ〜れ、よしよし。(いつぞや登場したことパネル^^)

ポリスチレンというリサイクル素材でつくられていて、
丈夫で水に強く反りや劣化もしにくいとか。
厚さは約5ミリ、軽くて持ち運びも簡単です。(折りたたみはできません^^;)
店番こてつ
手作り市で店番するみみずくさんちのこてつくんパネル〜

ミャウゼをのぞこうかな、セミナーに参加しちゃうぞ、という人はもちろん、
遠くて行けそうにない〜という方、
せめて愛猫ちゃんだけでも参加させてみるのもありでは!?
ブロ友のあの子やあの子と、夢の2ショットなんてのも〜^^
参加中?のお写真は、usainuが責任もって撮って送らせていただきます(^^)

肝心の製作代金は3,500円なり。
うち500円は福島のアニマルシェルターへ寄付されるそうです。
「お茶会」参加後はもちろん、ご自宅まで責任もってお送りくださいます。
税175円、送料(全国一律)390円をプラスした4,065円で
愛猫ちゃんの分身があなたのものに。
愛猫さんとの2ショットもよし、旅に連れていくもよし、文字通り看板猫として
活躍させるもよし…お茶会参加にはじまる楽しい猫生をおくらせてあげましょう。

詳細、ご質問、ご注文はこちらまで。→ねこパネル
メールの件名を「ミャウゼ用ねこパネルの件」としてご連絡を。
※最終締め切りは10月15日ですが、画像のやりとりが必要なので善は急げです!

さて、長々と解説してきましたミャウゼですが、
実は私はスタッフでもなんでもありません〜
ただ、ええやん!やろやろ!とけしかけた応援隊として、
がんばって盛り上げていきたいと思っています。

「ミャウゼ」
主催/K&Kプロジェクト mikitaro@zpost.plala.or.jp
場所/住蓮山安楽寺 客殿「椛」(もみじ)
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21(バス「真如堂前」徒歩10分)
日時/11月1日(金)、2日(土)、3日(日)午前10時〜午後5時
※2日、3日は安楽寺特別拝観日のため入場に拝観料500円が必要
↑そのかわりお寺の中が拝見できたり講話が聴けたりもします
※午後1時〜3時はコーヒーセミナー開催のためカールスバード式コーヒーの提供はお休み

イベント全体のお知らせはこちらを
→みきたろうさんの「くろうめこうめ」より

DSCF1430.jpg
もちろん、usainu宛鍵コメやメールでご質問やお申し込みいただいても
お取り次ぎいたします。パンフレットご希望の方もご一報ください。

お寺×コーヒー×ウィーン×アート×猫!?②


それらしく撮ろうとしたが、難しかった。

いやあ…どえらいことになってますな、あちこち。
ひとまずわが家はまったく大丈夫ですが、被害が大きい場所もあり
こんな時にちゃらちゃらイベント情報など…とも思ったのですが…
こういう時こそ楽しい情報を!ということでいっちゃいます。


11/1~3に京都・安楽寺にて開かれるイベント、「ミャウゼ」をご紹介する第2弾。
本日はコーヒー×ウィーンの部分をじっくりと。(お寺は昨日の記事参照)
コーヒーといっても、ただのコーヒーではないのです。
その名も「カールスバ—ダー式」コーヒー。
t02200329_0800119512603892528.jpg
ウィーン伝統の陶製コーヒーポット、「カールスバーダーカンネ」を使って淹れるスタイルで、
日本ではまだほとんど知られていません。

イベントでは、これをウィーン在住のカフェソムリエ、yoshieさんがセレクトした
ウィーン菓子とともにご用意くださるカフェスペースが設けられます。
t02200325_0338050012646428527.jpg
選び抜かれた新鮮な豆を使い、丁寧に淹れられたコーヒーはフルーティで後味すっきり、
これまで口にしたコーヒーの概念を覆すものだった、と
実際に味わったみきたろうさん夫妻はおっしゃいます。

イベント期間の3日間、
午後1時〜3時はyoshieさんによるコーヒーセミナーが開かれます。
yoshieさんが厳選されたウィーンの美しくおいしいお菓子や食器を楽しみながら、
カールスバード式コーヒーの淹れ方からウィーンのカフェハウス文化にまつわる
楽しいエピソードまで、軽妙なトークでご紹介くださるとか。
どんな感じか…というのはこちらを。
2年前、代官山でセミナーされたときのyoshieさんのブログより

代官山、と聞いただけで3メートルくらい飛び下がって控えてしまいそうな私ですが
さらにその内容たるやオシャレの100倍返し!(なんのこっちゃ)
でもまあ、どうかみなさま、お気楽に…
伝統のウィーンコーヒーとお菓子のマリアージュを楽しむ豊かな秋のひとときを、
京都で楽しんでみませんか。
DSCF1410_20130916171445d95.jpg
(説得力をゼロにする貧乏臭い画像の挿入)


セミナー参加は各日、限定30名。料金は3000円。
●ミャウゼへのご入場は、土日(2、3日)のみ特別拝観料として
500円が必要ですが、セミナー参加の方は免除となります。
●「カールスバ—ダー式」コーヒーは、カフェオープン中オーダーしていただけますが、
セミナー開催時間中は普通のカフェとしてのご利用になります。

しかし、ここ「椛」さんの野菜ジュースも、なかなかいけるんですよね〜
できればどちらもご賞味いただきたいな。

さて、明日はいよいよ?「アート×猫」のパートのご紹介と、
全体総括(お申し込み方法とか)です。

お寺×コーヒー×ウィーン×アート×猫!?①


「はーい集合!」満を持しての告知です。(なんやこの中途半端な構図は^^;)

あまりにも盛りだくさんなので、3日に分けてご紹介させていただきます。

今年11月1日(金)〜3日(日)、京都市左京区の安楽寺さんで、
コーヒーとアートと猫のイベント「ミャウゼ」が開催されます。
主催は「くろうめこうめ」でおなじみ、みきたろうさん!(拍手〜)

まずはその会場となる安楽寺さんについてご紹介しましょう。
1681年創建の由緒あるお寺です。
t02200147_0800053412603899818.jpg
哲学の道から山際に一本入った、通称「隠れ道」に面していて、
自然に抱かれた佇まいは、山門から眺めるだけでも心がしんとするよう。
特に紅葉の時期の美しさは格別です。

こちらに新しく設けられた客殿「椛(momiji)」を舞台に、
ウィーン伝統のコーヒーとお菓子、アートとちょっぴり猫…が楽しめるのがこの3日間。
ちらほらと色づき始めた庭園の紅葉と、普段は体験できないあれこれが用意された
スペシャルな空間に、足を運んでみませんか?

ということで、明日はメインイベントの詳細をお届けします!

もどって、もどって


お外の世界、この目にはどう映っているのかな。

9月も半ば。
今年は涼しくなるのが早いな〜と思っていたが
やはり甘かったようで…日中は夏とかわらないここ数日です。
湖兎子も涼しい一時期はハーフムーンタワー最上段の定位置にもどったのですが
またもス→冷却シート→床 生活に逆もどり。

上は、からりと爽やかだった日に青空とグリーンをからめて撮った一枚です。
しかし、実はこれが難しい!!

外の芙蓉の花とショットをと思ったら
DSCF1368.jpg
湖兎子がくら〜い。

かといって湖兎子にあわせたら
DSCF1380.jpg
白飛び〜の美白の女王ぽくなっちゃう。
(あえて歯をむいた写真を選んでみました)
もう少し広い庭だったらちょっと外に出て…もできるのですが
その余裕はない、小さなジャングルなのでした。

あーしかし引っ越し以来、部屋は散らかる一方で場所が限定されるため
なかなかブログにアップできるような写真が撮れません。
1週間ほどかけて徹底的に片付けを〜と目論んでいたんですが
ぼぼぼ…とお仕事が入りそうもいかなくなっちゃったい。

でもでも先日はちゃちゃっと小走りで?
ずーっと食べたかった憧れのkitoneさん(因幡薬師となり)のかき氷を〜
こおり
キウイ、バナナとパイナップルのフルーツソース、向こう側には
桃のコンポート、中にはアプリコットソース。
そして甘く煮込んだ白いんげん豆。
FBにアップしたら「ソーセージかと思った」というむにすさんのツッコミ。
話題騒然でんがな。

幸せの青いバンダナ


はい、ポーズ。

今日はさくっとかるめの更新です。
先日1周年を迎えたきらちろママさんのブログきらちろプラスαより
記念品をおとどけいただきました。
手作り雑貨みみずくさんの猫用バンダナです(^^)

DSCF1394_20130912082851cb6.jpg
抵抗なくつけてくれました。

たくさんあるデザインからおまかせにしたら、
としこさんの「ことたんには青が似合う」の鶴の一声?で
青の猫ちゃん柄を選んでくださいました。
DSCF1404.jpg
惜しむらくは…長毛に埋もれて見えにくい〜^^;

でもとっても可愛いです。おそろいのコースターもいただきました。
きらちろママさん、ありがとうございました。
楽しいブログ、これからもずーっと続けてくださいね。
とり急ぎのご報告でした〜

おもふこと、いろいろ


おへや片付け中、出てきたボールで遊ぶ湖兎子さま。


すみません、まだ「保護犬写真展」引きずっています。
でもって、今日は長いです^^;
というのも、心に引っかかっているのは、コメ欄にも少し書きましたが展示を
見たお客様で、「何も知らずペットショップで買ってしまった」と自責の涙を
流される方がいらっしゃったとのこと。
でも、それは違うんですよ〜どんなかたちであれ、出逢った命と生涯向き合い、
大切にしましょうというのが大原則で、このブログをご覧の方には常識のこと
なんですよね。
ペットショップで買うことだって、買う人がいなければ、そこに「陳列」され
ていた命はやがて処分への道をたどっていたかも知れない。買うという行為は、
その命を救い出したともいえます。

ただ、個人的意見を言わせていただければ、やはり生き物の生体販売は根絶し
てほしい。そこに至る、多くの業者による「繁殖」という行為の杜撰さ、陰惨
さは、想像以上のものです。
今回の展示でも、レスキューされた繁殖犬が数組いましたが、ただ産むためだ
けの道具としてしか扱われていなかったことがわかります。何年も身動きでき
ない檻に閉じ込められ、酷い子は声帯を切られフードをボウルから食べること
さえ知らなかったという…猫とて、状況は同じです。
一方、本当にその種が好きで、一頭一頭しっかりとした血統管理のもと慈しん
で産ませ育て、新しい飼い主さんの手元に届けてくださるブリーダーさんもい
らっしゃいます。幸いにも、湖兎子はそういう環境で育ちました。
10wべったり
(ママと湖兎子。話題の重さを可愛さでカバー!!)
そういった良心的なブリーダーさんの活動は、これからも大切にしていってほ
しいと思うのです。

見過ごしていられないのは、日本にはまだまだ命を粗末にする悪しき商売が残っ
ているということ。それを多くの方に知っていただくとともに、
「悪」をはびこらせない社会のシステムを整備していくことが必要なんです。

約2年前に、弊ブログでもパブコメの呼びかけをしていた動物愛護法改正は、
新しい法律がこの9月1日より施行されています。
注目を集めた「8週齢問題」(小さすぎるうちに親から引き離して売るのは
やめましょうということ)「56日」で結着しましたが、
施行後3年間は「45日」、それから5年までは「49日」の猶予つき。
終生飼養が責務とされ、持ち込まれた動物を保健所側は拒否できるように
なったり、虐待の具体的内容が明文化され、罰則規定も重くなったりと、
少しは命を大切にする方向に動いてはきているのですが、まだまだゆるいな〜
というのが印象です。それをベースにしっかり取り締まれればよいのですが、
どこまでの強制力があるか疑問もありますし…。まずは見届けましょう。

もちろん、動物問題以外にも、現在の日本にはさまざまな問題が山積みです。
一部の人間の利権や利益のために、ほかの多くの人権や命がないがしろになる
社会であってはなりません。具体的行動はできなくても、「知る」「伝える」
「イエスノーをはっきり言う」など、個人レベルでできることをやっていく
ことが大切だと思うのです。(これは自分へのエクスキューズか?^^;)
DSCF1372.jpg
「わかったにゃ!でもって、これ、湖兎子ブログだから!」
…こいつの目も光っています。

なんだかグダグダですみません。長々とおつきあい、ありがとうございました〜

写真展最終日〜

わ3
「毎日、わんこのニオイさせて帰ってきたにゃ」

というわけで、ここ何度かご紹介してきました
保護犬写真展「ひとつの命 それから」ファーストシーズン(?)
本日午後6時にて無事終了いたしました。

声をかけたお友達が「行くよ〜」と言ってくだされば
時間の許す限り会場でお迎えしたいと思っていた私。
いぬ2
(これ、だ〜れだ)
気がつけば、会期の6日間中5日も通いつめ、
だらだらと居座ってしまいました。
lottieさんに「この1週間、お仕事にならなかったのでは」と言われ
あはは〜そういえばほとんど働いてないかも〜
…というか、仕事、ない?アタシ?…と我に返るも
ずーーーーっと忙しかったからたまにはいいのだ!と強引に納得。
ブロ友さんとの嬉しい再会や新しい出会い、
会場に遊びにくるわんことのふれあいを心ゆくまで楽しませていただきました。
いぬ3
おなじみチャッピーもきたよ!
わ1
でっかいポメちゃんもきたよ!
みろり
でもって犬まみれの展示のなかに猫一点。
以前弊ブログでもご紹介した三毛猫みどりちゃんと
新たにお迎えされた弟分のしょうへい君!
何をかくそう、lottieさんと写真展を共催したS嬢の愛猫さんなのでした。
本日はみどりちゃんの姉妹猫あずきちゃんの里親・saladakunさんが、その仲介役であり
この写真展のPRにもご尽力くださったけいとさんとともにご来場。
私もつい調子にのって猫自慢してリンクのお約束までいただいてしまいました〜^^;
ほんとに図々しくてすみません…

受け取りかたは人それぞれ、でも「保護犬」という選択肢を
一人でも多くの方に伝えるという目的への手応えは大きかったのではないでしょうか。
まだまだ活動ははじまったばかり。力強く大きなムーブメントにしていくためにも
しっかり体力を蓄えて、息長く続けられるようにしていかなくてはなりませんね。
どうかlottieさん、がんばりすぎて倒れないように。
みなさんも今後の活動をあたたかく見守ってくださればと思います。

おまけその1
モフモフを要求し続ける猫(しぇー?)
わ4

おまけその2
会場に向かう四条大橋で毎日のように出くわしたうどんミュージアムのゆるキャラ。
わ2
その名もうどんくん。(そのままやないけ!)
たそがれるこの姿に哀愁を感じてパチリ。いや〜大変だったと思うわ。
どなたか、そのうちご一緒しません? 京都 祇園 うどんミュージアム

気がつけば、すっかり秋の気配。さー次のイベントだ(仕事もしなきゃな^^;)

行ってきました写真展


「みにゃさんのぞいてくださいニャ」
DSCF1362.jpg
「アタシは写真は苦手にゃが」→にゃがって何や、にゃがって^^;

巷は竜巻やら台風やら地震やら大変なことになっていますが
みなさまの地方は大丈夫でしょうか。
私は大雨警報のなか出かけねばならん…
そして今日は奈良に行くと言っていたこの方も心配ですが…

そんな中、昨日より始まった保護犬写真展「ひとつの命 それから」
いぬ
はい、お約束。
し2
おっと、この手は…!?
そう、はるばる東京からご上洛くださった“この方↑”としこさん、
そして劇的に時間の都合がついた姉ちゃんママるりさんとも現場で落ち合え
オープニングパーティにまで参加させていただきました。
し3
写真展は撮影自由。
し1
しかもオーナーの大英断でわんにゃん同伴も自由の特例措置。

それはそれは和やかであたたかな雰囲気が満ちた空間です。
写真の犬たちと飼い主さんもみんなとびきりの笑顔。
それだけに、その子たちがどういう経緯で里親さんのもとに来たかを
紹介するキャプションには、泣かされます。
入り口にあるファイルにはさらに詳しく語られています。
内容を知っている私でさえ何度見ても…
昨日はそっと涙をぬぐうるりさんに、もらい泣きしそうになりました。
でもそれは、本当に素敵な家族にめぐり逢えてよかったねという
安堵の涙でもあるのです。

パーティは手作り市や石けん、黒トイプーのチャッピーちゃんママとしても
このブログでおなじみ、kaorinさん手製のケータリング
し4
どれも絶品!お客様感動〜!!

共催のSちゃんのつながりで私のお仕事関係の方も多くいらっしゃって
私はちょっとワタワタ、挙動不審になってたかも〜

Lottieさんのご紹介で憧れのブロガーさんや里親さんともお話しでき
とてもとても素晴らしい時間でした。
Lottieさんのレポはこちら→
いらっしゃる方はハンカチ必携で。
東京での開催も企画中とのこと、関東の方、お楽しみに〜。

おもわず夢日記


「つまらん、お前の話はつまらん!」

…すみません、他人の夢の話はつまらないとわかってはいるのですが
まあ読んでやろうかいなという方だけ、おつきあいください。
今朝方の夢、記憶が鮮明なうちに…

大企業に打ち合わせにきて、大勢の人が働くだだっ広いフロアにあるウェイティングの
椅子で呼び出しを待っている。
なぜか私はグレーのふわふわの子猫連れ。
しかもキャリーにも入れず、椅子の上で遊ばせている。
はっと気がつくと、水が点々と…チッコした〜!
それがなんと、背中合わせで仕事をしていた女性の椅子にまで飛んでいる。
あせってティッシュで拭き取っていると、女性がそれに気づき「こっちも」と
冷たい口調で言ってにらんできた。うわ〜めっちゃ怒ってはるわ〜当たり前や…
ティッシュでは埒があかないので子猫を残し、雑巾を濡らしにいく。
なにせ大きな会社なのでトイレまで遠い遠い。
戻ってくると、先ほどの女性が手のひらを返したような笑顔で待っている。
DSCF1355.jpg
椅子を拭きながら「本当にすみません」と謝ると「いいんですよ〜すっごく
おとなしい可愛い猫ちゃんなんですね」と褒めちぎる。
私もついいい気になって「そうなんです、上の子はちょっと連れて歩けないん
ですが、この子は本当におとなしいから連れてきてしまうんです」と猫自慢。

「お名前、なんていうんですか?」
DSCF1354.jpg
「ちえこです」…ためらうことなく答える私。
目が醒めてから夢を反芻し、驚いたのです。
グレーだったけど、そういえば巻き毛っぽいふわふわはちえこそのものだったかも。
ええ〜、ちえこ、ついに実体を伴ったか!?

その前は、四条大橋に五羽の巨大な美しい鳥が降り立って驚いて写メを撮っている夢も。
写メをよく見直すと、鳥の頭には猫耳があり、猫みたい〜
おまけに足元には仲良しらしきそっくり猫も…という不思議な展開でした。

なんとなく吉夢な気がしています。
きっと大成功!↓本日スタートです。
いぬ
こちらはサポーターYさんの搬入レポ→

ひとつの命、これから


もふられながらはしゃぐ湖兎子。ちょっといつもと違う感じ?

と、ブログ更新しようとしたら湖兎子、いきなり吐いた〜
今はもうすっきりした顔してますがびっくらこいた。
久々に私がずっといるからか?
木曜日は結局、湖兎子がチッコしたのは
なんと診療時間終了の直後。…わかってやったいたとしか…  
それからは仕事やらプライベートやら、ちょっくら怒濤の日々でした。

土曜日は参加が恒例化している文化財鑑賞&朝がゆ体験。
今年はお近くの由さんを誘って萬福寺へ。こちらは座禅体験つきでした。
終了後、由さんが持ってきてくれた絵ちえこ撮影、ふたたび。
ちえこw
せっかく近所まで来たので、と由さんちにおしかけ
あおい
みけねこ葵ちゃんにご対面してきました〜
子猫のとき以来!すっかり美猫さんに成長してはりました。

でもって、昨日、日曜はこれまた毎年恒例
花展のお茶席手伝い。5ヵ月ぶりのきものだった〜
一日のお運び仕事はしんどく、本日は腰痛です。

そしてそして〜
いよいよ明日から、はじまります。
出逢った命と向き合い、慈しむ素晴らしさを教えてくれる写真展。
いぬ
↑クリックしても飛ばないのだ。設定できないのだ。
詳細はこちら→ひとつの命 それから
写真
「動物たちの幸せのために動きたい」という思いのもと
がんばってきたLottieさんの気合いと人脈で
新聞数誌をはじめ、いろんな媒体で紹介もされ、
私までどっきどきです。ぼちぼち搬入だな〜
どうかみなさんに楽しんでいただけますように。私も時間の許す限り行きたいなと。
開催期間は短いですが、近郊でお時間のある方はお運びいただければ幸いです。
(近郊ではないが駆けつけてくれるいとうとしこさんに多謝!!)
心から成功を祈っています。
                                                                                                                       
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる