房総耽溺1


朝の顔〜
DSCF6720.jpg
夜の顔

無理矢理、東京編と統一感を出したんですが
耽溺って…よからぬことに溺れる不健全なムード満々ですよね。
ま、そのあたりは湖兎子さんの夜の顔
(昔の子どもなら知っている「ちょっとだけよ」ポーズ)にフォローさせるとして
100%健全!な1日でしたよ。
…だけど、絶好の好天にもかかわらず
後半ほぼ室内で飲んだくれいた半日は、ある意味、不健全?

そんなわけで東京1泊後は東京駅にて
DSCF6729.jpg
おなじみ、この方々ならびに総勢5名のお友達と待ち合わせて
房総なのはな号9時20分発、いざ南房総・潮風王国へ!!
現地ではさらに3名の友達さんがお待ちかね。合計9名の賑やかな集まりとなったのでした^^
詳細は写真いっぱいになるのでたたみますね〜
もしくは、早くも完璧レポアップ済みのきらちろママさんブログがおすすめです〜♪

続きを読む

東京堪能

帰ったぞ〜
おかえ1
「誰?」
おかえ2
「見たことあるような…ないような…」オイオイ^^;

はーい、そんなわけで戻ってまいりました。
関東方面2泊3日、その翌日は息をつく間もなく近江八幡9時前集合で
ようやく戻ってひと心地…やることは山積みですが^^;
ひとまずは戻ってきたぞのご報告とか、1日めの東京とか。

まずはみなさん気になるところの?お嬢様の反応です。
カメラ(スマホだけど)をスタンバイして玄関に踏み込むと
この調子。じーっと、ひたすら見る、見る。
ひーブラッシングされてない(というか私以外できない)から
いつもにも増して汚い〜
実はこの時、母が外出中だったため、素直にならざるをえない湖兎子?
つん1
ちょっとつんつんしながらも
つん2
ほどなく
つん3
身をゆだねてきたのでした〜ほっ^^

なんかね、外出中、カリカリの量をどうも量り間違えていたらしく
めっちゃお腹を減らしていたよ。…でもそういうポーズかもしれないけど…
これからは一日分ずつ小分けしなきゃなあ。
旅日記はたたんでいきますね。初日、東京はちょこっとだけ。

続きを読む

猫視眈々


じい〜っ。久々に見た、真剣なまなざし。
DSCF6692.jpg
おしっぽもパタパタ。

その視線の先にいたモノ。
DSCF6687.jpg
…おうちを守ってくれるからね〜。獲物じゃないよ。
といっても、手の出しようもないけどね^^

ま、ヤモリさん、毎晩来ているわけですが、たまたま見つけたのは
この日だけだった湖兎子です。たいてい私の部屋でだらだらしてるもんね^^;

さて、連日お届けしてまいりました祇園祭、
本日はついに後祭の山鉾巡行。
たまたま北のほうで打ち合わせの予定が入り…事務所に戻る時間と
山鉾が近所を通過する時間を計算して
タイムスケジュールを指定させていただいた私です。
で、打ち合わせに向かう途中、メールで九州のほりいちゃんが京都入りしてるのを知り
急きょ、合流!!(ほりいちゃんはすでに御池通で見物済)
ぎお1
先頭の北観音山、きたー!のジャストタイミング。
ぎお2
何度見てもいいなあ、ビルを背景に“動く美術館”。
ま、最後の鉾の通過までまだ時間あるだろうと、空腹に負けた私たち、
ここでランチに入ったのですが
食べ終わって店を出たら、きっちり巡行は終わっておりました。ははは。
ま、ちょこっとでも見られただけでもよしとしよう。

ほりいちゃんと前会ったのいつだっけ〜と記憶をさかのぼり
このとき→だったことが判明。
小6だった息子さん、今高3。予備校の夏期講習で京都滞在中。
ぷはあ〜…大人はあんまり変わってないのにね、おそろしいね…というお話でした。

さて、usainu、週末はぷち休暇で、戻ってからも怒濤のスケジュール。
次の更新はいつになることやら…みんにゃ、よい子で待っててね〜

没ネタと後祭宵山・休み山


む!
DSCF6706.jpg
えいっ!
DSCF6707.jpg
とらえたわっ!

ピンぼけですみません。前回更新の没写真でございます。
露骨にカリカリで釣ってるのがわかりますね〜^^;
そして、没画像は他にもあったのでございます。
昨夜、lottieさんから送られて来た今年の没作品(笑)
あ
タイトル「あわてない、あわてない、ひとやすみひとやすみ」
衝撃画像でありますが…言われてみれば癒し系?^^

でもってこちらは手織り寿司の没ネタ…ネタのアップ。クリック拡大しますよ〜
(まさぽんさん以外に需要あったかな?^^;)
写真
海のもの、山のもの、いろんな味をすこ〜しずつ。
デザインスタジオが経営されているお店だけあって、計算され尽くしたデザインに
いろいろ感嘆しました^^

で、本日は祇園祭、後祭の宵山。
このところ自宅にこもりっきりだったので
いてもたってもいられず、事務所へ〜
仕事もそこそこに、人でごった返す前に鉾町へ。
なんだか今年は、会所飾り(鉾を飾るお宝の数々)が凄く見たくて
鯉山、黒主山、役行者山をぐるり。
ぎおん2
黒主山(クリック拡大)ここは、グッズに至るまで見せ方が上手い。

そして今回、いちばん見たいと思ったのは「休み山」の鷹山会所飾り。
今年は休み山だった大船鉾の復活が大きな話題を呼びましたが、
この鷹山も1826年に懸装品が損傷して巡行に参加できなくなった山。
さらに幕末の蛤御門の変で山の大半が焼けてしまったそうです。
かろうじて焼け残ったのが3体のご神体、「鷹飼い」「樽負い」「犬飼い」の頭部。
これに明治時代の衣裳を着せ、染色作家の故皆川月華さん寄贈の見送り(かっこいい鷹)などが
披露されています。
ぎおん1
注目は向かって右端、「犬飼い」がひくわんこ〜
nn.jpg
実はこれが見たかった。可愛い〜…でも洋犬だよね?^^;
でもいいな〜「猫鉾」もできないかしら…と
妄想は果てしなく広がるのでした。
ちなみにこの鷹山、最後の巡行から200年の節目になる
12年後の復興を目指しているそうです。
いろんなハードルがあるとは思いますが…復興を見届けたいな^^

メモリアルな日


これ、なーんだ。

昨日は朝からきものを着て〜某百貨店の催し会場でお茶席のお手伝いですよ。
毎年、9月が恒例だったのですがなぜか今年は前倒し。
よりによって私の誕生日にな!
ま、去年は名古屋出張だったし、例年けっこうハードに過ごしがちなこの日です。
で、へろへろで戻ったらなんと北海道・ニセコから届いておりました。
なんとリキッドコーヒーなのであります。にゃんとも可愛い〜

どうやら名物看板にゃんこ(サブちゃん・キジトラ・8キロ笑)がいらっしゃるようで
DSCF6701.jpg
こんにゃ付録?も。(クリックで大きくなりますよ〜)

差出人がわからずあたふたしていたらやっとlottieさんとわかりました。
いつもいつも、ありがとー
で、lottieさんといえば恒例FBへのメッセージ画像→去年のやつ
今年も笑った〜〜みにゃさま、覚悟してごらんください。



「アニャと雪の女王」より♪れりご〜
10402009_670214639738010_214828815838262252_n.jpg
アニャは幼年期の湖兎子なんですけどね…こ…こわい…^^;
ありのままでちゃうやん〜
普段はわんこのイラストを描いておられるmari画伯からも
10488308_527218267406962_5429295980370243094_n.jpg
きゃわわ〜!!さらりと描いてこれですもん!(無断転載・マリサン許して〜)

そんなこんなでバースデーはまたまた多くの方々から暖かいメッセージをいただき
疲れ果てた心身が癒されました^^本当にありがとうございました。

プレバースデーは友人と話題の「手織り寿司」(憧れのおされメシ)を食べた後
ており
後祭、話題の大船鉾(150年ぶりに復活)をちょこっと見学。
ふね1
ふね2
盛り上がっておりますよ!復活、意味あるの〜?とか言うててゴメン(言うてたんかい)
…実はずっと京都駅前のヨドバシで展示されてたんだけどね^^;
やっぱり町なかで見るのとは違うと思うの。

で、誕生日の翌日…本日、7月21日はは忘れられない日となってしまった
伝説のブロガー、つるつるさんのご命日。もう3年、まだ3年…
つるつるさんのつないでくださったご縁は、今もいろんなかたちで生きています。
志半ばに逝った彼女の無念を思い、懸命に生きることを誓って
静かに黙祷を捧げたいと思います。
でもまあ、つるつるさんのことだから、別の世界でもがんばってるんだろうな〜

絶不調


もういつ撮った写真だか忘れたが、ここ1週間以内。

いや〜、まいったまいった。
…といっても、私も湖兎子も家族も、健康状態は問題ないんですよ。
あ、湖兎子は最近、みんながキッチンでご飯を食べていても
なかなか来なくなりました。やっと来たと思ったら、
そそくさと食べておかわりもせずに戻っていくのです。
え〜食欲のない湖兎子なんて!!どこか悪いのでは…と心配したみなさん、
ノンノン。
キッチンには冷房がないのであーる。
したがって、部屋に私が戻ってくると、すかさずおかわりを要求するのでした。
…涼しいとこで食べたいんだってよ!
加えて夜中の食欲も猫一倍で、相変わらず私をこま切れ睡眠に陥れているので
どうかご心配なく。

で、表題の件はとにかく原稿が書けなくて書けなくて、
いつもの5倍くらいの時間をかけて書いたけどどーにも納得いかないって話ですわ。
ああ〜スランプか能力の限界か!
(追記・で、こんなんでいいのか〜と思いつつ確認に出した原稿のお返事が先ほどあり
取材先様には思いのほかご満足いただけたようです。…ほっ…)
しかも今週、昼間は出ずっぱりのことが多かったので
いろいろ切羽詰まっており、ご訪問コメもできずすみませんでした〜

写真もほとんど撮らなかったのでスマホのこんなんでお茶濁し。
こ2
今更感満開の祇園祭、前祭(さきまつり)巡行。
事務所へ行こうと地上に出たらたまたま長刀鉾が進むところでした。ラッキー!

…そうそう、このところ、縁起をかついで巡行順「山一番」をひいた鉾で
ちまきを買うことにしているのですが…今年の「占出山」、
なーんも考えずに買ってから気がついた。ご利益は安産。…む〜^^;
無理矢理、「よいアイデアが生まれますよう」と願をかけたら
このたびの原稿難産だ!あ、事務所にまだ飾ってないからかな〜
後祭の鉾立てもはじまっています。2回あるのってへんな感じ〜

こ3
これは真夜中。ついフラッシュ焚いちゃった。
ここから私の上に飛び降りてごはんをねだるのがことたんブーム。
(骨鍛えておかんと、ワシいつか殺される)

こ1
こいつは本日FBにアップしたのの別バージョン。
(あんまり変わらないけど)
事務椅子をお譲りして、ふと振り向くとこんな感じの寝起き〜
ラグ座り?がおもしろくて思わず激写。

だらだらと内容もないのに長くてすみません。
仕事おしてるけど明日、明後日はお茶関係の行事で出ずっぱりだ〜
とにかくがんばる。めっちゃがんばる。ではみなさま、ごきげんよう〜

怪談ナイト


「アタシはここでクールな気分ニャ」
k1.jpg
「くつろぐにゃ〜」…人間用の冷感シーツも、いつしか猫兼用に…^^;

そんなわけで…て、何がそんなわけか意味不明ですが
今年はゼッタイ浴衣を着たい!と切望しており
しかも来週は久々にきものを着なくてはいけない事情もあり、
練習も兼ねてほぼ5年ぶりくらいに浴衣を出してきました。
いや〜苦戦した。すべらない生地って難しい…
k2.jpg
嫌がる猫と記念撮影?これではわかりませんが、
衿を入れて献上帯をお太鼓結び、いわゆるきもの風の装いに。

でもってスーパームーンを待ちながらいそいそと出かけたのはこちら。
かいだん
京都の町家でおこなわれた「怪談読み聞かせ会」へ。
超常現象に並ならぬ興味を持つ友人(お子さんが霊感体質)を誘って〜

ろうそくを灯してそれらしきムードの中おこなわれた読み聞かせ会もよかったですが
その後の「体験談披露」コーナー、実は町家のオーナーさんが
「普通に見える」人であることをカミングアウト。
あまりにもあたり前に見えすぎていて、怖くもなんともないそうです。
そのほかにも不思議だけど納得できるお話、いろいろ。
あらためて書くと嘘っぽくなっちゃうので割愛しますが。

かくいう私は、至って零感(霊感ゼロのことね)。ただ、不思議なお話は大好きなので
昨夜はなかなか楽しかったです。(ぜーんぜん怖くはなかった)

時々興味のあるイベントがあると参加しているこちらもやっぱり
オーナーへの取材で知った場所なのですが
このオーナーというのが、実は元刑事さんという異色のひと。
震災を機に(東北のご出身なのです)縁もゆかりもない(流行語か)京都で
大好きなアートにかかわる第二の人生をスタートさせようと早期退職…
て、めっちゃはしょってしまいましたが、とてもドラマティックな人生。
しかし、京都に来られて1年ちょっと、現実はなかなか厳しくもあり…
でもとってもいい方なので、これからも微力ながら応援を続けたいと思っているのでした。
こちら、夜は日本酒を中心としたバーになりますので
ちょい飲みにもおすすめですよ〜♪

気がつけば祇園祭


気を許せば満月椅子も湖兎子のものに!?

ふええ〜早い早い、ちょっと落ち着こうよ(自分に)
昨日、事務所に出れば長刀鉾の鉾建てに遭遇
g2
不動の鉾1番は毎年注目の的。

今年の祇園祭といえば、約50年ぶりに「後祭」が復活するとかで
(つまり巡行も2回ある)
「今年はどうなるんやろな〜」というのが京都人の挨拶のようになってます。
事務所にはこんな印刷物もポスティングされていました。
g1
…金かかってる…気合い入ってるね〜

まあ、私は「きゃっほーい全部見るぞ!」とワクワクしている余裕は
ちょいとなさそうな感じです。今月はちょっと異常〜
やることが多いというのもあるけれど、なっかなか仕事がスムーズに流れない。
予想以上に煩雑になったり、終わったと思ったものに訂正や追加が入ったり。
とにかく、もれや抜けがないよう注意しつつ丁寧に進めなくては〜

そんななか、癒しとなった取材仕事。
写真 2
奈良の美しい自然のなかにある農家レストラン。
写真 4
小高い丘にあるお店の前に広がる光景。
写真 6
お料理は野菜尽くし。
a5
こんなスペシャルゲストも…

詳細はたたも〜っと。

続きを読む

快眠をありがとう


そ…足寒頭熱か?

嫌みのようにはみ出す寝姿。冷却マットが小サイズになってしまったことへの
抗議のポーズか!?
この姿を知ってか知らずか、本日、3年前にこのマットをくださった
富山のままちゃんからまたも宅配便が…わー!おニューのマットやん〜
DSCF6647.jpg
梱包を解いただけでもう、わがもの顔。
「来年用にだよ〜」と、ままちゃん。いや…明日からでも使ってしまう勢い。
DSCF6646_20140707211132236.jpg
やっぱり余裕の大型わんこ用は快適なようです。
人間用のマットも新調してくださいました^^ままちゃん、本当にいつもありがとう〜♡

でもお昼間は、PCに向かう私の隣で(当然のように事務椅子を奪って)熟睡。
ピクピク姿が撮れたので公開しちゃう。こ、これ病気じゃありませんよね…?
夢見てるんですよね…?教えて、猫の達人さんたち!^^;


胸キュン!ミータさん劇場


浮気後のご奉仕。ちょっと違うモードで撮ってみました(実は偶然)

本日は、6月に安楽寺さんのアートピクニックでお会いして意気投合した
ミータ母さんのおうちに遊びに行きましたwithみきたろうさん。
(有言実行「行くと言ったらほんまに行く」社交辞令の通じない女、それがusainu)

その前にご近所のお洒落イタリアンでお食事〜
DSCF6571.jpg
気配り完璧のミータ母さんの「次の日はみきたろうさんのお誕生日ですよ」の言葉で
こっそりサプライズ演出もありーの。
DSCF6574.jpg
これは食い散らかしたあとのお皿〜^^;
全貌は明日の「くろうめこうめ」で…たぶん…^^;;
話もはずむはずむの素敵な時間でしたが、まだメインイベントが残っております。

そう!愛猫ミータ様の謁見だ〜
DSCF6579.jpg
いらっしゃ〜いと言わんばかり、玄関からこの調子のなつっこさ。
ひと目で私たちをメロメロにさせたミータさんは3歳のノルウェージャンの女の子。
体重は5キロですってよ!…これまでにお会いした唯一のノル、
ガブママンさんちのカブちゃんの半分だあ〜ち、ちいさい…
DSCF6592.jpg
そして仕草がいちいち可愛い。女の子ってかんじ〜
DSCF6602.jpg
白手袋にハイソックスですよ!!
DSCF6582_201407051928383fc.jpg
これはちえことの失敗ごろりんショット。

…活発によく動かれるので、実は写真ほとんどブレブレでしたが^^;
最後はみきたろうさんに撮っていただいた抱っこショットをトリミングして〜
みーた
まるでぬいぐるみでしょう?ほんとに素直で可愛くて、ちょっとお茶目なよい子でした〜

ミータ母さんもお話するほどに奥深く素敵な方で
なんと「ネコ好きの京都案内」をテーマに研究発表されたご経験も。
(資料、無理言っていただいてきちゃった。ネコ好き、京都好き垂涎!)
話しても話しても話は尽きず、とっても楽しいひとときでした。
しかも、なんとおうちは私が住んでいたマンションから徒歩5分の場所…
くー、もっと早くお知り合いになっておれば・・・ま、仕方ねえわな。

ということで気をとりなおして。
このミータ母さんもお手伝いされ、みきたろうさんが主催のひとりに名を連ねる
猫好きのためのイベント「ミャウゼ」の開催が昨年に続いて決定いたしました。
今年はなんと10月22日(水)〜26日(日)に拡大して
お楽しみさらに盛りだくさんの5日間に。場所はもちろん左京区の安楽寺さん。
詳細はみきたろうさんのブログで発表されますが、
こちらでも追ってご紹介していきますね〜

いよいよ夏本番


ヘソ天率も高くなってきました。しかしなんでしょ、このアンヨ♡
DSCF6568.jpg
名前を呼ぶとこのウザそうな顔です。う〜、誰かに似てる気がする…

これまで思い切りだらだらしていた反動か、
7月に入ったとたん急にあれこれ動き始めてまた気が急く日々です。
しかも暑さも本格化。
いやね、今年はまだまだ涼しいといわれていますけど…
暑さに超弱いusainuはすでに夜中に何度も汗だくで目覚める始末です。
で、先日の夜、小さな人間用冷却シートを置いて寝ていたのですが
たまたまそれが枕のほうにずれていたのね。
すると…可愛いあの子が、めざとくその上に!!
きゃあああ〜何年ぶり(?)の添い寝!?
嬉しくて手元のスマホで記念撮影(あ、やっと機種変しました)
夜1
u
…惨敗でした…
こんなふうに、夜中に目覚めてはゴソゴソしてしまうので
どーも、日々、熟睡感がないのであった…自業自得ですね^^;

明日は忙中閑ありでちょこっとお出かけ。がんばってレポするぞ〜

プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる