らぶりぃ・ラグドール


あんた、ぬいぐるみネコらしいよ。

ひょんなことから知り合いになった猫9匹の飼い主という方に、
過去の『世界の猫カタログ』でラグドール特集があったというお話を聞き
「わ―見たいですう」なんて言っていたら早速貸してくださいました。
IMGP7761.jpg

2004年版でした。(なぜか表紙のメインはチンチラちゃんだけどね)
ラグ飼いの方にはたぶんおなじみ、自らの理想とする猫をつくろうとした
変わり者のオバチャン、作出者アン・ベイカーの物語。
ラグドールの誕生は1964年のことです。ちょっと感慨深い。
以来、この猫のウリは「愛らしくて抱っこ大好きで穏やかで協調性のある
癒し系キャラクター」。私も十数年前にこの種を知り、
当時はまだ少し猫と接するのが苦手だったこともあり
「もし猫を飼うとすれば、ラグドールなら大丈夫かも」という認識を
持ち続けるに至ったのです。なんとなく。
で、人生紆余曲折を経て
ついに憧れのぬいぐるみネコをお迎えするに至ったわけですが…
はははは。結果は推して知るべし。
というか、多くのラグ飼いのみなさんは、流布されているラグの基本性格に
意義を唱えてらっしゃいますよねえ~
それでも誰もが思っているのです。「うちの子が一番可愛い」
結論・飼ってしまえばどの子も愛すべき存在。
IMGP7775.jpg
「あ、この子アタシに似てる」
…そうだねえ。シールトービーって書いてあるねえ。なんでもいいねえ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

真上からのショット

そうなんですか。ラグドールというのは、新しく作出されたんですね。昔っから存在するネコのなかのネコって感じもするんですが。以前にも教えてもらっていたのに、なぜかピントこなかったんです。なんとなく、野生っぽい性格を残していながら、人と共生できるネコって気がしていましたから。

まったく話題とは違いますが、ことちゃんの真上からのショット、好き-。
鼻先のチョンとした雰囲気、柔らかいだろうな、と想像させる頭上の毛並みと色合い。どれも触りたい衝動に駆られます。
ぜったい触らせてもらえそうにはないですけれどね。

No title

もうとってはありませんが、その本たぶん見てたと
思います。
私もかなり早い時期からラグの事は知識として知ってました。
大きくなる猫としてあこがれてましたね~
そしたら、小柄なラグ似の子がきましたけど。
そのご縁でラグを飼ってる方達ともお知り合いになれたり。
あ。来年の猫の日イベントは、、、、当日じゃないけど
キトウンさんに行く事ですよ!!
最大のイベントです~よろしくお願いします!

No title

文字通りぬいぐるみですよね。
抱っこ好きで協調性か・・まぁ~家庭環境?にも左右されるのでは(笑)

No title

私もそのうわさに流された人
でも、育て方にも一因があったのかもしれないと思います。
抱っこするとゲージに入れられるって言う構図がいつの間にか、桃の中にできたみたいですから

唯一、外にちょっとでた時だけ、膝の上にいつまでも乗ってのんびりしてくれます

ことたんのお鼻可愛い~

ラグドールって毛並みが綺麗だなあといつも思います。とても柔らかそう。それに青い目がなんとも言えない~。
湖兎子ちゃんは日本的な前髪と青い目がミスマッチ?で可愛いです♪
猫種である程度性格が分かれるんですよね。うちは半分スコだけど、アンヌさんに強く性格が受け継がれてるように思います^^;

No title

ラグドールを初めて見た時
可愛いのがいるもんだなー
と驚きました
長毛のこは鼻ぺちゃが主流だったので
ノルウェージャンとかもそうですが
鼻がすっと高くて長毛!美しいー
そしてラグは毛吹きのよさとブルーの瞳
こりゃ可愛いなーです
これからも可愛いことたん
拝ませてもらいますぜ!

充分優雅!

「猫、ったの~♪ラクドールっていう種類なの♪」と、usa様からメールを頂いたその日。「は?らぐどーる?聞いた事ない!」。なんせ洋猫ってチンチラとアメショとアビシニョンとシャムしか知らなかった田舎婆。早速ことたんのご実家様のHPを見て、「わv-10すんごい可愛い~v-10」と恋に落ち、まねき猫貯金箱からヘソクリを取り出し、速攻で京都襲撃したのでした。
v-238ことたんは女王様気質だけど、暴れたりしないし、飛び上がらないし、歩くのもしぐさもおっとりしていて、「わーv-10なんで婆向きのにゃんこ!」と思ったし、今も思っています。
どんなコがわしを好いて一緒に暮らしてくれるのかしら?・・と、つい現実逃避妄想茸(笑)。
でもきっと、ブスノラにゃんかなー?自分と似てるヒトを選ぶっていうし。

No title

ぬいぐるみと違って、自由奔放なところがまた、ニャンコとの暮らしの醍醐味ですものね(^^)y
キャットショーで初めてラグドールに触らせてもらった時、その毛皮のなめらかさにウットリでした。
青いお目目も綺麗ですね☆

確かに

ラグは優しいし、鈍臭いし、おっとりはしている。それは認める。
しかし、ラグの家族で「解説に書いてあるラグって、その通り!」と言った人を、
私は一人も知らない。

青蔵は、ゆっくり抱っこされるのも嫌みたいです~。甘えっ子ではあるけど、
ムーンみたいにべったりはしないし、同じ部屋にいるくらいで満足みたい

No title

私も抱っこできる猫さんに憧れてラグを迎えたはずでした。
なぜこうも拒否されるのか、我が家のジャジャ猫には手をやいております。
こんな綺麗な猫さんを抱っこして優雅な生活。。。なんてことにはなりませんでしたねー(笑)
まあ、手のかかる子ほど可愛いんですけどね。

No title

いとうとしこ様の「婆向きのにゃんこ」発言に 大爆笑でした^m^
私も ガブチャン&カルちゃんが全く抱っこさせてくれないので
ラグさんだったら ずう~っと抱っこさせてくれるんだろうに~(T_T)!!と
ひそかに憧れていたのでした・・・(誰だよ!!抱っこ猫なんて言ったの!!)

フェルトのほうにアップさせていただきました~(*^_^*)v
(って、もう遅いか~m(__)m)
ことちゃん可愛いので
ちょっと 見て頂きたい方がいらして 突然の怒涛のアップとなりました
お写真もお借りしました~有難うございます~(*^_^*)

No title

その本、うちにもあります~
抱っこ大好きな猫さんという名文句にまどわされた一人です。
ほら、納豆騒動に参加ししてしまった人ですから(^^;)
でも本当に性格のいい子です。
出会えてよかった・・・

そ、、なんでもいいねぇ・・・が大正解ですね(^^)

No title

>maedaさん
「野性っぽい性格」に笑った~湖兎子だけを見ていると
ラグドールってそんな印象になっちゃうのね(^^)
ま、ラグドールのなかでも湖兎子のリンクスは凶暴?と
いわれていることがあるから、多分そうなんだろうなあ。
今度は勇気を出して、このちょんとした鼻先にタッチしてみて…
そしてパンチを浴びてみて。

>ゆきこさん
そうそう、この本には9キロになる、とか書いてあって
さすがに知り合いにそこまでの子はいないんですが~
6キロ台の湖兎子でも大きいと思っているのに、
10キロ近くなるとどんなのか、体験してみたい気がしますけどね。
確かにグレちゃんは見かけラグですよね~
最近は野良ラグもたまにいるそうですよ。悲しい。
キトゥンさん、私も楽しみにしています♡

>amesyoさん
家庭環境…それをいわれるとドキッ。
ほら、母子家庭でいろいろ行き届かなくて(おいおい)

>千さん
いやあ、桃ちゃんも愛らしいラグちゃんですよ~
どうも、抱っこ嫌いのラグって多いようですね(笑)
お膝でのんびりなんて、至福の時間じゃないですか~。
うちもベランダ、出してみようかな。
その前に大掃除が必要だけど…

>ねこじゃらしさん
そのキレイな毛並みを台無しにしちゃってる馬鹿飼い主が私ですが(泣)
確かに、手触りは抜群!どんな毛皮もかなわないと思ってます(バカ)
そうか、アンヌさんのほうがスコっぽいのですね。
そのうちスコ座りも披露してくれるかな~?

>みきたろうさん
まあ好みの問題もありますが
鼻ぺちゃは鼻ぺちゃで可愛いとは思うけどケアが大変そうで。
そのてん、ラグはお手入れが簡単!というふれこみもあったのに
湖兎子の毛質は大変だったわ~
でも飼い主の責任として少しでも可愛さをキープできるように
がんばらないといけませんねえ。

>としこさん
そうか、湖兎子でラグドールを知ってくれたのか!!
私も急に思い立って、それまで考えてもみなかったネットという手段で
あのブリーダーさんにたどりつき、運命の出逢いを果たしました。
それからは…ご存じのとうり。
はじめてのとしこさんと湖兎子の2ショットを見るたび、しみじみします。
湖兎子、ちっさ~い。抱っこされてるよ~!?…と。
としこさんがこれからどんな出逢いをするのか、ほんとに楽しみだわ。

>CAT.さん
ほんとほんと、そのおかげで毎日笑いが絶えません。
マルゴー様の手触りもふかふかして気持ちよさそう。
「ほほえみネコ」シャトルリューにも、とっても興味がありました。
今はマルゴー様に夢中です。

>緑さん
でも、青くんはおだやかでとっても性格がいいですよね。
男のコのほうがおっとりしている子が多いのかなという印象。
ま、ほんとにどんな子でも面白いですよね。
おっとりさんはおっとりさんなりに、凶暴な子は凶暴な子なりに…(苦)

>うみねこさん
でもランちゃんには「これぞラグ!」という美しい容姿が。
個性も愛しい宝物ですよね。
そして可愛い猫ちゃんを抱っこして優雅に…という夢は、
ゆずちゃんでかなえられるのでは?(^^)

>ガブママンさん
ほんとにねえ、ほとんどのラグさんは抱っこ嫌いですねえ(爆)
湖兎子は、かろうじてこれでも私の抱っこだけは
おとなしく身体をあずけてくれるんですよ!!
でも…重くて2分が限界…(修行が足りん)
だから抱っこ猫はもっと軽い子のほうがいいかも、です。

ことこ人形のご紹介、ありがとうございました♡
本当にガブママンさんは凄いですよお~

>flanmamaさん
フランちゃんの性格のよさはラグ界でも指折りだと思います(^^)
…やっぱり飼い主さんの性格とか家庭環境も影響するのか!?
と優雅でやさしいflanmamaさんを思い浮かべると
駄目駄目な自分が情けなくなりますが…
なんやかんや言いながら、湖兎子との暮らしは幸せなので
ほんと、私も湖兎子に出逢えてよかった!です。
お互いに、長く長く末永くこの子たちと一緒にいましょうね~
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる