命への責任


夏空と湖兎子を撮りたかったけど…
IMGP9318.jpgなかなか
IMGP9313.jpg難しいもんだ(ペロッ)

はい、昨日に引き続き、ちょっと堅めのテーマでたたみかけますよ~
普段から漠然となんとかしておかなきゃと考えつつもあとまわしになっていて
今回、つるつるさんの急逝でにわかに現実感を帯びて心に迫った問題があります。
「自分にもしものことがあった時、湖兎子をどうするか」
特に私のような一人ものはしっかり備えておかねばならないことなんですよね。
人生に「絶対」はないし、あってはならない「もしも」だけど
その時が来てしまってから遅い。
つるつるさんと猫猫猫の場合は、彼女の人徳あってのスピード解決でしたが
普通は決してこんなにすんなりとはいかないでしょう。
飼い主の責任として、愛猫の残りの生涯を
誰にどのようにサポートしてもらって全うさせるか。
何を残してやることができるのか。
これもまた、整えておくべき宿題だと思っています。
ちなみに、ブロ友の只野緑さんはしっかり遺言セットを準備していたりする!
そしてきらちろママさんからは「こんなのもあります」と
猫の生涯を保障してくれる「猫の森」という施設をご紹介いただきました。
高額の契約金が必要ですが、無理を言わずに託せる身内がいない場合は
こういう選択肢もありだろうなと思います。
昨日の話の続きじゃないけど、本当は公でペットのためのこういう施設を
つくっていただければなあ…ま、でもそれまでに解決すべき問題が山積みなのでね。

しかし実際問題として湖兎子は私と離れてもちゃんと暮らしていけるのか不安~
…なんて私が勝手に思ってるだけで、意外とケロッと新しい飼い主さんに
懐くのかしら。ちょっと試してみたい気もするけど(おいおい)
そういうことにならないように注意し、祈りつつも
まずは遺言キット準備せねば!と思うこのごろなのでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

私もおもいますね
遺言作っておかなければ
持ち物があるヒトはみんなそうでしょうね
後のヒトが困らない様
ことたんは引き受けたいヒトは沢山現れそう
ですがusainuさんの希望通りになるかは
わかりませんもんね
大切なことだとおもいます

私も考えます。旦那(家族)が居ても果たしてちゃんと面倒を見てくれるのか?毎回旅行の時は見てくれますが・・それは期間があるから・それを365日毎日・・病院・薬・ご飯・洗い・ブラッシング・・となるとね・・本当に切実な問題ですよ。

う~~~ん、ウチももしもの時はお仲人さんのところに
ちゃお&グレ。
ダンナの実家にりゅう達3匹。なんって思ってましたが
お仲人さんご夫婦はお二方ともガンでなくなってしまいました。
何重にも保険を考えておかないと難しいのかも。
飼い主が亡くなった時がその子達も寿命という考え方もあります。
切ない考えですが、、。
まわりでそういう事も今年あったので、、。

舌ペロリのお顔がかわいいですねー。
うちも犬猫あわせて4匹いるので、いざという時のことは心配になります。
今年は特に大震災もあり、そんな時どうやって連れて逃げようとか、話題にはなるのですが実際に対策をたてているわけでもないのです。
飼い主として、色々考えなければいけないなーと、
改めて考えさせられました。

ええ年になってくると、そういうことが気になってきますよね。
うちは弟が獣医と言うこともあって、猫たちについては弟がなんとかしてくれるかなとは思いますが、甘えてないで、遺言、私も書いておこうかしら…。
遺言セット、なんかお手軽でいい感じ♪
下のパブリックコメント、うちのブログでリンクしている「ジュルのしっぽ」http://blog.goo.ne.jp/jule2856のhana*
さんも呼びかけされてます。
ペット業界からの組織票に負けないぐらい、みんなコメントを送らないと!

うーーん・・・。うちの2匹は・・・、
この間の入院の時に、私がいなくても全然平気(母が面倒見に来た)ということがはっきりしているので、あまり心配はしていないですね~(切ない)。
この子達、なんか私がいなきゃダメって雰囲気、全然醸し出していないんですよね~・・・。

>みきたろうさん
まあ、そうして備えておくのが御守代わりにもなるのかなと思ったり。
湖兎子…そうかなあ…みんなに敬遠されそうで(^^;)
性格からして多頭は無理では…となるととたんに引き取り手がなくなる~
1日でも長生きせねばなりませんわ。

>amesyoさん
いやあ…なんやかんやいっても旦那さま、なんとかしてくださいますよ。
でも、もちろんママがみてくれるに越したことないので
なんとしてでも頑張らねばね~無理しないでくださいね。

>ゆきこさん
私も頼みの綱だった親友が逝き…未だに途方に暮れています。
それでも、飼い主の命とともに…というのはやっぱり悲しすぎる!
飼った以上は、何があろうとも寿命をまっとうさせてやるのが
飼う者の責任じゃないかしら。環境が変わるのは可哀想だけど…

>apollodiaさん
そう、災害時の対策も考えておかないと、と思いますよね。
本当に今年はいろんなことがあったので
身につまされています。…とはいえ、まだ具体的には
なにもできていないのが現状で~いかんわ。

>ハッブルさん
ハッブルさんもご主人や弟さんがいらっしゃるから大丈夫!
でも「遺言」をまとめることで、見えてくることもあるかなあと。
「ジュルのしっぽ」さんはたまに拝見していましたが
最近行ってなかったな~。こちらもとてもわかりやすいですね。
ありがとうございます。今月はキャンペーン月間ということで
明日にでも再度、記事に貼らせていただきますね。
難しく考えすぎて送れなかった…という人のないように
ハードルを下げることも大切だと思うのです。

>ねこじゃらしさん
そのほうが安心ですよ~なおかつ一緒の暮らしも楽しめるという、
理想的なスタンスじゃないかしら。
ねこじゃらしさんはお若いから遺言云々よりもまず日々の健康管理第1で…
さしあたっては「no more 入院!」かな?旦那さまのためにも!

湖兎ちゃんも、なにやら真剣に考えているみたいですね。
遺言は、ある程度託すことができる方の目星がついている場合は有効かと思います。
負担付き遺贈ということで・・・。生涯猫の世話をするという
負担が付く代わりに財産を遺贈するってことですが、詳しくは↓↓↓コチラ
にはありませんので、弁護士か司法書士に相談するのがいいでしょう。
弁護士会に電話すると無料相談日と場所を教えてくれます。

老犬老猫ホームは和歌山にも「momo」ってところがあります。
あと栃木辺りだったと思うのですが、動物病院併設のホームがあって、
詳細を探しています。

あまり考えすぎて、却って途方にくれることもあるのですが、
考えたくなくて一日伸ばしにしていたことを目の前に突きつけられたようで、
これも今のうちに考えておきなさい・・・というつるつるさんのお導きかな?

本当に、つるつるさんの事でいろいろと考えさせられましたね。。。
万が一の時、うちの「開かずの間」を人に見られるのは相当やばいです(--;)
日頃から準備をしておくことも大事だし、何よりも、ペットよりも長生きしなきゃですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんとかなるよと、友人たちは言ってくれますが、
やはり、何とかしてくれた友人にはお礼をしたいし、
その為には、書いておかないと・・・と思いつつ、
実はまだ下書きなんです~。案外、難しい。
空を貰ってくれる約束の友人にはマンションを残したいけれど、贈与税をどうするか、とか。
ムーンと青蔵は、らんちゃんの部長パパ・副部長ママが引き取って下さる予定です~☆

我が家はオムが生きてた時から、
災害があったら何はともあれまず家に帰ってオムを探す、
そして丸1日はオムと一緒にお互いを待って、
それから一番近い避難場所に行くって決めてました。
でも、どっちかが亡くなる・・・とか両方が・・・なんて考えると・・・。
私が残った場合は大丈夫だけど、amesyoサンと同じく、
ダンナで大丈夫かなって思いますよ~~!?
私も今回の事で、色々と遺言(メモ)を書かなくては・・・って思ってます。
残されたシロップの事だけじゃなく、
遺品も減らさなくちゃと・・・断捨離も頑張らなくちゃ!

>きらちろママさん
ふむふむ、探せばいろいろあるんですね。
私の場合は、まず贈与できる「財産」の確保から
はじめないといけないわ~(^^;)
備えあっても憂いもあるけど、やっぱり
備えておくに越したことはありませんよね。
いろいろ情報をありがとうございます。

>CAT.さん
ひい~うちも他人に見られたら自爆ものの
「開かずのクローゼット」が!!
ま、最悪の場合そういう恥はかき捨てても
やっぱり愛するわが子の命だけは…ね。

>鍵コメさん
ぃろいろ、ご丁寧にありがとうございます(^^)
私もまたみなさんとご一緒したいよ~

>緑さん
私もとり急ぎ遺言ノートを買っておこうと思うのですが
買った時点で満足してそうな自分が怖い。
湖兎子…誰か引き取ってくれるのだろうか…不安。

>ミカ姉さん
え~シロップちゃんとあんなにラブラブの旦那さまでも心配?
やっぱり長生きするしかありませんよ!
でも「断捨離」はお互いがんばりましょう。
ミカ姉さんの以前の記事以来、
私はいかに「ときめかないもの」に囲まれて暮らしているのか…と
がく然としています。うう~
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる