おいしい日々


「猫はやっぱり食べられないにゃ」

おととい、みきたろうさんが持ってきてくれたのは手づくりジャム!
IMGP0904.jpg
りんごと赤ワインに、ほんのりシナモンが効いてとっても美味でした~
パンに塗り、ヨーグルトに入れてまたたく間に減ってしまった。
ちなみに、上は朝の光で撮ったものですが昨日は光の加減がいまいち。
朝食の時間はまだ太陽が部屋にさしこむ前でこんな写真に。
IMGP0896_20120114174157.jpg
(この時は湖兎子も足元で朝食中)

昨日は卵の塩麹漬けも食べましたが、写真はなし。
だって見た目、まんまゆで卵なんだもん(^^;)
思ったほど劇的に卵自体の質が変わったわけではないのですが、
塩味になんともいえない旨味がほんのり加わり、くせになりそうな味でした。

昨日行った映画↓
hiyaku.jpg
なんとカナダ人の映画監督により30年以上前につくられた映画。
人間国宝そろい踏みの、文楽の名作です。デジタルリマスター版で日本初公開。
古典芸能に造詣の深いAちゃんに連れていってもらいました。
文楽をがっつり見るのは初めてでしたが、とても迫力があり面白かったです。
…一幕は暗い画面になかなか馴染めず睡魔と闘ったりしたけど(^^;)
まさに日本の至芸ここにあり!と実感。
で、シーンによって表情が変わって見えるお人形に対抗して
「アタシだって舞台に立てるわ!」といわんばかりのちえこ登場。
あ、ちえこはお人形じゃないよね。…だったらなんだ?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

りんごジャムはヨーグルト用にいいですよね!
赤ワインとシナモンですか♪ 一味違いそうですね。
歌舞伎はよくシネマになっていますが、文楽もなのですね。
造詣が深いお友達がいらっしゃるって、いいですよね~^^
文楽劇場にお越しの際はご一報を。私も行く~(笑)。

No title

文楽は大阪で2度行きました。お人形さばきに感動・・って筋を見るより黒子さんに気が行って・・(笑)
最近は歌舞伎もシネマが多く成りましたがやはり生の迫力は伝わる物ありますよね

ないす!ちえこ

りんごジャム、おいしそう~。色もきれいですね。

あ、よくみたら…ちえこ!フライヤーの画像かと思った!
まったく違和感なしですね。

No title

うっわ…美しく撮っていただき恐縮です~
赤ワインの渋みが残って良いのか悪いのか…私は好きなのですが
後で白ワインも作りましたが あれ?普通のジャムだ…というかんじ
食べていただきありがとうございます~
文楽…すごいですね 外国の人が芸術として撮ったものですか
初公開なんて なぜ今かというのは 大阪市が予算削減で文楽にも
影響がでてきているからでしょうか これは大事にしたい文化だなと
思います 人形はほんとに昔から日本てすごいですよね

No title

またまた追伸(昨日のお返事コメをみて…)
ジャムに入れたもの
フジの大きな甘いリンゴ大3個 グラニュー糖300gくらい 
甘めの赤ワイン(ボトルからどばどばどば…くらい)
シナモン ナツメグ みかん汁(レモンの方がいいかも~)
以上を弱火で煮詰めました~…そう…適当なのです~てへっ

No title

お手製ジャムですか~
手作りは、甘さも調整できるし、、
赤ワインが入ってる!っと聞くと私も
作ってもようかしらん。
さすがのことちゃんもジャムはねえ~~
シナモンの香りはたぶん嫌いかな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ほう、ナツメグを入れるとな!
私も作りたくなった~。

文楽『メイドの美脚』もとい(言いたかっただけ)『冥途の飛脚』は大学の卒論のテーマでした。
なので、大変思い入れのあるものではありますが、
当時が思い出されて、胃がこう…キューっとなります(卒論ギリギリだったらしい)。

またまた美味そうー!

わぁお、みきたろうさんスゴイー!豪華ジャムですねー!
リンゴとシナモンとワインってどうしてこんなに相性がいいんでしょうねー♪

ちえこさん、ホントに違和感ない!この物語の狂言回し(?)の役あたりで出演していそうだわ~!
先日の件といい、じつは大女優かも???北島マニャと共に女優姉妹なのにゃ~♪

こんばんにゃ

わ~美味しそうです。
凄く手間がかかってますね。
私は大量調理は好きですが、本当は家庭料理は好きではないのです。
だからこうして手作りをされる方は尊敬です。

ちえこさんは確かにお人形ではないです。
じゃなんと表現しようか?ですね。

No title

お手みやげが手づくりジャム、しかもスパイス入りって素敵ですねぇ。
もうちょっとだけ、とか言いながらペロリになりそうな…。

文楽ですか。こういうの、もっと大々的にPRしてほしいですが
普段からアンテナはってないとあかんやん、ですね。
Aちゃんさんの情報源がいつもとっても気になります。
ちえこさんはですねぇ…変幻自在の…妖精とか???

No title

手作りのジャム美味しそうですねー。
フルーツがゴロゴロ入ったジャムが食べたくなってきました。
文楽の映画というのもあるんですね。
最近、伝統芸能をほとんど見てないんですが
たまには触れたいなーと思います。

No title

朝日の似合うお土産って何だろう~って考えてたのですが、ジャムだったんですね。
リンゴジャム、以前は私もよく作ってましたけど、赤ワインを入れるって思いつかなかったなあ~。おいしそう~。今度まねします!
フルーツ系のスイーツとかジャムって、何かと食べ物に反応する猫も、まず知らん顔ですよね。
文楽、実は好きです。なんとかして文楽人形が手に入らないかと思ってます。
ホントに人形の動きだけが見えるようになってて、それに集中してて、ふと気付くと後ろに人がいっぱいいる!っていうのもなかなか面白かったりするんですよね。見に行きたいけど時間が~っていう私にぴったりな映画かも!
もうDVDになってるのかな?

No title

手作りのりんごジャム・・・美味しそう^^
みきたろうさんが、作り方を載せてくださってるし・・・ですが、
ワインどばどばどばって^^;
usaさんの健康を考えて、みなさん優しいですね~。

文楽の「冥途の飛脚」は有名ですよね。その昔、テレビで
観たことがありますが、この年齢になるとまた違った観方が
できると思います。
いつか観たいな~~でも、「メイドの美脚」を思い出して笑ってしまうかも。。。
むにすさんどうしてくれます?^^

No title

読んでるだけでひ・・・一口舐めさせて・・・ってジャムですね☆

外国の製作の日本関係の映画、思い切りとんちんかんなのもそれはそれで面白いけど、
たまに、そういう。真っ正面から捉えて「おおっ」っていうもの、ありますよね。
坂東玉三郎を追ったルポ映画や、川端康成原作映画、
結構好きなものがあります。
文楽。確かに「寝る」危険もあるんだけど、観たいです!!!
そして「暗い画面」。これが特に心ひかれます。
谷崎先生が、元々歌舞伎などの衣装は電気照明ではなく、
ほの暗がりで見て美しいもの、というようなことを書かれていたのを思い出します。

No title

ワインの利いたリンゴジャム、大人味で美味しそうですね♪
そう言えば文楽って子供の頃に一度、京都で見たことがあるのを懐かしく思い出しました(^^)
あまりに昔過ぎて詳細はまったく不明ですが…。

No title

>ねこじゃらしさん
これは海外向きのせいか字幕付きでわかりやすく、
私のような初心者にはぴったりでした。
いつか文楽劇場、ご一緒したいですね~ねこじゃらしさんもおきもので!

>amesyoさん
さすがamesyoさん、いろいろ行ってらっしゃいますね~
私はま、シネマでしたけど素人には十分!
あらためて浄瑠璃の素晴らしさにも感動しました。

>ほりいちゃん
おいしかったよ~

手袋も黒子風だし。完全になじんでるのがおかしいよね。

>みきたろうさん
ほんと、おいしくて毎朝食べるのが楽しみ!
文楽映画、つくられた当時に上映されなかったのは
その頃はテレビで舞台中継をよくしていたからだったそう。
30数年の間に、古典に親しむ習慣も減ってるのですね=
映画もオーバーヒフティーな客層でしたが
思ったよりも座席は埋まっていました。
レシピもありがとう。ほんま大反響やないの。
手づくりジャム、流行るかも?

>ゆきこさん
ふふ、赤ワインに反応するとはさすがです。
いや、でもほんとおいしかったです。
湖兎子は人間の食べ物にはほんと無関心ですわ。
一応においは嗅ぎにくるのですがね。

>鍵コメさん
あはは、らしいボケに笑っちゃったよ~

またまたお手数おかけしますが、どうかよろしくお願いします。
ご報告、ありがとうございます。楽しみにしていますね。

>むにすさん
メイドの美脚、おもしろいじゃないか。
なんと卒論でしたか~いつか講釈してね。
今も胃がきゅーっとなるということは、真面目に取り組んで
立派なものを上げられたのだろうなあ。さすがだ。
私はゆるすぎて楽しい思い出止まり。
そのへんのなまくら人生のしわ寄せが今まさに…。

>としこさん
さくさくっとこういうのが適当につくれる人って尊敬~
あ、としこさんもさくさくタイプだ。いいなあ。
ちえこ、かなりいけるかも…?出て来い月影先生。

>たまちゃんさん
ええ~大量料理ができれば家庭料理などお茶の子さいさいでは!
たまちゃんさんのお料理もいつか賞味させていただきたいです。
あ、いただいた落花生、少しお裾分けして
とっても喜ばれました。あらためましてありがとうございました~

ちえこ…↓妖精説も???

>miyaさん
ふふふ、これと物々交換で差し出されたのがピヨコ弟子って(^^;)
ほんま、ジャムは3、4日でペロリですね。

そうですよね~アンテナを張り巡らせていないと
なかなかキャッチできない素敵な催しってあるんですよね。
Aちゃんはお仕事も忙しいのに、その合間を縫って
これ!というものは見逃さない人でほんとに尊敬です。
ちえこ妖精説…ステキだが…もっとおどろおどろしいものかも…

>apollodiaさん
いいですよね~フルーツごろごろ!
そちらはフルーツもおいしそう!
伝統芸能、トシを重ねるほどによいなあと思うようになってきました。

>ハッブルさん
ハッブルさんもお料理さくさくの方だから~
おいしいジャム、つくってください。
猫はむしろフルーツ嫌いですよね(^^;)
おお、そんなにお好きだったとは!!
この映画、ほんとおすすめですよ。
DVD化はたぶんまだですが、情報あればお知らせしますね。

>きらちろママさん
本当に、人様のご厚意が身にしみるusainuです。
冥途の飛脚という演目があることさえ知らなかった私。
これからがんばって勉強したいと思います~
メイドの美脚も見たい気がしますけどね(^^)

>緑さん
確かにとんちんかんで別物になってる外国人の映画ってありますよね~
これもAちゃん情報で、昨年アメリカの方が演出された文楽が
話題になって賞をとって(すべてうら覚え)
Eテレでちょっとした特番があったのですがそれがまた凄かったの。
それを見て文楽っておもしろいんだ~と思ったミーハーな私です。
谷崎といえば「陰陽礼賛」かな?
あれを読むとろうそくで暮らしたくなる。

>CAT.さん
大人味だけど食べやすくて何にでも合う、おいしいジャムでした。
そういうおぼろげな記憶ってありますよね~
私も中学か高校時代に学校から文楽を観に行った、という
記憶だけありますがどこで何を観たのやらまったく~
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる