いつもの感じ


わずかな隙間からのぞくその理由は…
IMGP4191.jpg
「は?なんにゃ?」
IMGP4193.jpg
やっぱりカメラを向けるとたちまち不意機嫌顔。

昨日外から戻って来ると、外壁工事のおじさんが
廊下側の窓のところでごそごそしていたので
てっきりはずしていた鉄格子をつけてくれているものだと思いました。
で、夕方、湖兎子にお披露目だ〜と
よく確かめもせず窓をガラッと開けてびっくり!
網戸がはずされていて、そのまますっかすかでお外、という状態!
湖兎子が敏捷で冒険心あふれる子ならそのまま飛び出していたかも…ぞっ。
というわけで、ほそ〜い隙間を開けて、ダイレクトな廊下の眺めを
楽しんでいただいたというわけです。

おまけ。撮影セッティング?前の一コマ。なんか猫らしくて可愛い?
IMGP4185.jpg
検査で刈って以来、やっぱりお腹の毛が長くならず、
キュッとしまった体型のように見せられて本猫、ご満悦???

ところで昨日は採血して、針はそのままでいつもの注射という流れだったのですが
点滴注射がはじまったとたん、腕がどんどん痛くなって。
我慢できず、ストップして腕を替えてもらいました。
そちらは大丈夫だったのだけど、最初に注射したほうはしばらく
なんともいえない痛みとしびれが残っていて、今もちょい痛い〜
夜、友人に言っていたら「ちょっと血管を間違えるとあるある」とのことで
実は危ないそうです。友人は以前点滴で腕をパンパンに腫らされた経験が。
みなさんも注射や点滴中、いつもと違う痛みを感じたらすぐに訴えましょうね!
…あれ、これも常識だった?
でももの言えない動物たちはこんな目に遭ってもわからないのかな…と
ちょっと不安になったのでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

湖兎子ちゃんイラストにしたくなる姿
かわいい〜
絵本作家のリスペードツヴェルガーさんとか
酒井駒子さんに描いてもらいたい…

注射や点滴はそういうことを聞きますので
いやです…前に入院してたとき注射のあきらかに苦手な医者で
いやでした…注射に血管認識システムみたいなんつけてほしい〜
いや…注射なくなればいいのに…

ああ~、災難でしたね。
点滴の針って、ぶっとくていやですよね。
そういえば、過去2回とも、1週間つけっぱなしでした。
やっぱり刺すの、むずかしいのかな?(というか血管ボロボロになるか^^;)
そうそう、ものが言えない動物の治療は、人間以上に大変ですね。

柴田なら間違いなく、走り去ってましたね・・危ない(>_<)

天敵・・いや点滴(あながち間違ってない)お疲れさまです。
この時期の点滴って体が冷えますよね・・熱燗にしてとも言えないし。
私が通う病院の採血のとこには、いつもと違う痛みを感じたら
「痛い!」と大声だしてください、と書かれてますよ(^_^;)
神経に触ると麻痺が残ったりもあるんですよね。
usainuさん、大事なくて良かったです~

網戸の網も新しいのになるんでしょうか???
『ねこちゃ〜ん!』に次ぐプチ事件にならなくってよかったです。
注射…実はたいへん苦手でして、点滴もしたことがないんですが
針がずっと刺さってると思うと、それでクラクラしそうです。
にゃあ先生には輸液してますけどねぇ…。
輸液は嫌がりながらも怒らずがまんしてくれてるんですが、
注射と採血は激怒!!!ですよ〜。好々爺になるタイプではないようです。

点滴注射で、、そんな痛い思いを!
普通の採血の注射でも看護婦さんによって
すごく痛い時と、蒼でもない時があるから
上手、ヘタって絶対ある!!(間違いも、、?こわ)
網戸がはずされてた??
ウチなら絶対,喜んでばびゅん!っですよ〜〜
お嬢様、大事なくてよかった。

私も入院中針を刺す場所が無くなった・・漏れて腫れあがるは痛い・肩から刺されたこともあります・・
家の子なら脱走間違いない

よかったです~^^
湖っちゃんが敏捷じゃなくて…(汗)じゃなくて、usaさんが素早く気づいて事なきを得て^^
クビレのある湖っちゃんいいですね~このままキープしてね~^^

今どき痛くない針も開発されているってのに、ちょっと酷い話しですね。
針の痛さじゃなくて、点滴が漏れてんじゃないですかね~。
それって、針の刺し方がわるいんですけどネ。
4年前に入院手術したのですが、上手な看護師さんだったので、手術前から点滴が始まって、翌々日には針をつけたまま外出許可もらって帰宅し猫の世話と洗濯してましたよ。
病院に戻って、また点滴・・・(笑って~)

きゃ~シッポなが~い♪・・・実は3メートルあるのよ、とか(笑)。
2枚目「にゃに~?」と、こんな可愛いのに3枚目「にゃに~e-262」なのね(笑)。
わ~注射も失敗されると大変なのね~恐いですぅ~!
なんにしてもお大事にしてね~!!

ことちゃん、素敵なシルエット♪
メリハリのあるグラマラスボディーのお姉様、ニャンコ界の藤原紀香か?!

注射、痛そう…
どうぞお大事にね!

注射・点滴

以前、長期間入院していた時には、当初、完全絶食でしたので、IVH(中心静脈点滴)をしてました。鎖骨の下から心臓の近くまで管を設置し、24時間点滴します。これだと、太い血管に注入できるので、血管に炎症を起こさせずに、輸液を濃く出来ます。
寿命まで、点滴のみで生活出来ると聞きました。
また、便利なのは管の途中から注射液を入れられるので、血管注射は無痛で出来ました。

でも、採血には針を刺す必要があり、入院途中から左腕の中心静脈から上手く採れなくなり、今は右腕になっています。針を刺した後、看護師が「指先が痺れませんか?」と聞きますから、異常を感じたら、即座に言うべきです。血管を抜けて反対側の壁に刺さっていたり、神経を傷付けている場合があります。

IVHを長く着けていたので、劣化する前にということで、右から左に変える処置をしました。しばらく管をいじっていた医師が、「ちょっとレントゲンでみます。」とX線室に行って、大きく管を抜き差ししました。「あーっ良かった。何か変な感じがしたが、やっぱり脳の方へ進んでた。」
その時はぴんと来なかったけど、エライことになりかけていたのでした。後でドキドキ。

歳とともに血管は弱くなるようで、足の静脈の造影撮影をしようとした時には足首辺りの血管が破れ、造影剤が漏れて大変でした。

無知な患者としてはなすがまま・・・ですもの、
恐いですよね
痛み、違和感はやっぱり変なのですね
ちゃんと訴えなくては大変なことになるところでした
なんでもとっさの判断が大切なのか・・・
その点、湖兎ちゃんのとっさの判断がラグらしくドンくさくてよかった♪

>鍵コメさん
事なきをえてよかったですね。
脱走はうちは経験ありませんが、考えるだけで恐怖です。
ま、どんくさいからすぐにつかまるとは思っているのですが…

コチラこそよろしくお願いいたします。

>みきたろうさん
おもわず作家さんをぐぐりましたがリスペードなんとかさんが
わからなかった!また教えてくださ〜い。
酒井さん、ほんと、描いてほしー。

最後の一行、同感!

>ねこじゃらしさん
1週間つけっぱなし!!大変でしたね〜
でも刺す瞬間がいちばん痛いので、そのままならそのままでいいかも?
ほんと、動物にもこういった医療ミス、あるのでしょうね…

>lottieさん
私のは身体が冷えるほど大量でもないし「おっしゃ!血が増える!」と
気合いが入るので?そう辛くはないのですが。
でも腕、まだ痛いですわ。黙ってなくてよかった〜。
ま、黙ってられなかったけど。

>miyaさん
実は先日、廊下を通った作業員のにいちゃんが
隙間からのぞいている湖兎子の視線を感じたのか
「わっ、猫や。ビックリした〜…」とおもわず
声をあげたプチ事件もあったのですがね(^^)
miyaさん、注射が苦手なんですね〜ま、得意な方はいないと思うけど…
にゃあ先生、輸液のほうが時間がかかって嫌じゃないの?

>ゆきこさん
あの痛さは尋常じゃなかったのです。
実は看護師さん、新米っぽくて手が震えていたのです…
やな予感が当たってしまいました。
ほんと、いろいろ大事なくてよかったです。

>amesyoさん
注射や点滴で腕が腫れるなんて…痛かったでしょう。
私もちょっと関節あたりが腫れてる気が。
脱走はほんと、要注意ですね。

>きらちろママさん
ほんと、本猫は「?」って感じだったでしょうね。
くびれ、ないんですけどね。くびれ詐称。
ええ〜針をつけたまま!?ツワモノ!!尊敬ですわ。

>としこさん
長く見える〜?ほんとはそれほどでも…なのにゃん。
そう、なかなか可愛い表情が撮れない湖兎子なのであった。
カメラ目線はほとんどプチにらみ。
注射、としこさんも気をつけてね。お膝も心配…

>CAT.さん
ちょっとこれは背中を丸めてるのでいまいちですが
しゅっと立ったらもっとメリハリボディっぽいの。
紀香もたぬきっぽいしね(私的イメージ。なんてことを…)
注射、ちょっと怖くなってしまいました。

>めぐたっちさん
壮絶な体験をされたのですね〜回復されてほんとによかった。
できるだけ病院にはお世話になりたくないものです。
造影剤が漏れるなんて考えただけでめまいが…
私もあれ、絶対違うところに入ってたんだろうな…
いやあ、医療を信じきっていたらダメですね。

>flanmamaさん
私はああいいう場所でもの申すの、凄く苦手なんですが
それでも黙っていられない痛みでしたので
みなさんのコメを拝見しても言ってよかったと思います。
ラグ、そもそも「とっさの判断」できるのでしょうか?
何をするにも「構え」と「躊躇」があるような…
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる