おもふこと、いろいろ


おへや片付け中、出てきたボールで遊ぶ湖兎子さま。


すみません、まだ「保護犬写真展」引きずっています。
でもって、今日は長いです^^;
というのも、心に引っかかっているのは、コメ欄にも少し書きましたが展示を
見たお客様で、「何も知らずペットショップで買ってしまった」と自責の涙を
流される方がいらっしゃったとのこと。
でも、それは違うんですよ〜どんなかたちであれ、出逢った命と生涯向き合い、
大切にしましょうというのが大原則で、このブログをご覧の方には常識のこと
なんですよね。
ペットショップで買うことだって、買う人がいなければ、そこに「陳列」され
ていた命はやがて処分への道をたどっていたかも知れない。買うという行為は、
その命を救い出したともいえます。

ただ、個人的意見を言わせていただければ、やはり生き物の生体販売は根絶し
てほしい。そこに至る、多くの業者による「繁殖」という行為の杜撰さ、陰惨
さは、想像以上のものです。
今回の展示でも、レスキューされた繁殖犬が数組いましたが、ただ産むためだ
けの道具としてしか扱われていなかったことがわかります。何年も身動きでき
ない檻に閉じ込められ、酷い子は声帯を切られフードをボウルから食べること
さえ知らなかったという…猫とて、状況は同じです。
一方、本当にその種が好きで、一頭一頭しっかりとした血統管理のもと慈しん
で産ませ育て、新しい飼い主さんの手元に届けてくださるブリーダーさんもい
らっしゃいます。幸いにも、湖兎子はそういう環境で育ちました。
10wべったり
(ママと湖兎子。話題の重さを可愛さでカバー!!)
そういった良心的なブリーダーさんの活動は、これからも大切にしていってほ
しいと思うのです。

見過ごしていられないのは、日本にはまだまだ命を粗末にする悪しき商売が残っ
ているということ。それを多くの方に知っていただくとともに、
「悪」をはびこらせない社会のシステムを整備していくことが必要なんです。

約2年前に、弊ブログでもパブコメの呼びかけをしていた動物愛護法改正は、
新しい法律がこの9月1日より施行されています。
注目を集めた「8週齢問題」(小さすぎるうちに親から引き離して売るのは
やめましょうということ)「56日」で結着しましたが、
施行後3年間は「45日」、それから5年までは「49日」の猶予つき。
終生飼養が責務とされ、持ち込まれた動物を保健所側は拒否できるように
なったり、虐待の具体的内容が明文化され、罰則規定も重くなったりと、
少しは命を大切にする方向に動いてはきているのですが、まだまだゆるいな〜
というのが印象です。それをベースにしっかり取り締まれればよいのですが、
どこまでの強制力があるか疑問もありますし…。まずは見届けましょう。

もちろん、動物問題以外にも、現在の日本にはさまざまな問題が山積みです。
一部の人間の利権や利益のために、ほかの多くの人権や命がないがしろになる
社会であってはなりません。具体的行動はできなくても、「知る」「伝える」
「イエスノーをはっきり言う」など、個人レベルでできることをやっていく
ことが大切だと思うのです。(これは自分へのエクスキューズか?^^;)
DSCF1372.jpg
「わかったにゃ!でもって、これ、湖兎子ブログだから!」
…こいつの目も光っています。

なんだかグダグダですみません。長々とおつきあい、ありがとうございました〜
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そう・・、おっしゃるとおりですね。
どこで出逢ってもその出会いは大切なんですよね。
動物愛護法、それでも少しずつ前に進んでいて、
以前よりは良い、ってだけでもいいですよね。
いや、しかし、話題の重さを可愛さでカバーされまくりましたw

親子の写真とっても可愛いしきれい〜
大人のことたんもきれい!

いろいろ問題が山積みですが
こうあるべきと思うことははっきり
主張できるようになりたいと思います
こんかいの写真展はそれを知るきっかけになったと思いますね

猫ブログ(犬やその他の動物達ブログも)やってるような方は
愛情も知識もある方ばかりだけど、、そうでない飼い方してる人達も
まだまだたくさんいますよね。
(売ったり,繁殖してる方の問題と平行して)
いろんな問題に真っ正面から取り組んでる方達には本当に
頭がさがります。
とりあえず今、私はエールをおくるばかりです。
かわいらしい画像で、ほっとしつつ
いろいろ、がんばってる方 ファイッと〜

お疲れ様でした
女王と王女 の雰囲気の写真可愛いですね

可愛い子犬や、子猫を単なる商品としてしか見ない業者
可哀相と言う言葉だけでは片付けられない事に思えます

うちの子の実家もたくさんの猫ちゃんがいる大型キャッテリーでした。
玄関だけでも10匹以上の子がうろうろしていて、産まれた子が全部もらい手がつくわけではなく、仕事とするには大変だろうなと思いました

私も自分に出来る事、を少しずつ・・・
です!

重い話題が、可愛いママと湖っちゃんに癒されたわ~(*^^)v
こういう話題が、ゴミだしの井戸端会議とか、スーパーでばったり会った近所の人とかと、気軽でできるといいんですけどね~。
動物愛護先進国のヨーロッパでは、ペットを飼っていない人でも社会的モラルとして公園の猫を大切にするとか…日本はまだまだこの点では後進国ですよね。
あと、私もそうなんですけど、情報と知識のない怖さ…もっと発信してほしいと思っています。
ただ、あまり情報ばかりでも翻弄されてしまいそうなので、それを選別するすべも身につけないと。。。
他所さまのことより、自分の問題が山積なのよ~(-_-;)
湖っちゃん、見守っててにゃ~(^o^)湖っちゃんはusainu家に来て、よかったね~

繁殖屋さんを見てしまった経験から
その壮絶さがわかるだけに胸の痛む課題です。
悪いとひとっかけらも思っていないような扱いをする人間たち・・・
取り締まることもできないもどかしさ、

すべてを救うことなど 出来っこないですが
意識を持って少しずつでもできることから始めましょう
とりあえずは我が子。

そして周りの友人、知人、ご近所さん・・・
できることはたくさんあるものね

こんなかわいい湖兎ちゃん母娘のように幸せが広がりますように。

出会いは違ってもその子と巡り合い一緒に暮らす事を決めた以上最後まで責任を持つことが大切ですよね。
ブリ-ダ-さんも様々な方がおられるし規制は大切だと思います。
命は同じ重さ大切にしなければ

ペットショップでも保護犬でも「出逢い」が大切でそしてーそれからーですね !
出逢って家族になっていろんな事を一緒に乗り越えて…
最後まで一緒にいてあげたい !
一人でも多くの人に命の現状を知ってもらいたいですね。
私も井戸端会議で近所のおばちゃんに話をしてみようと思います。
コツコツ…と進んで行きたいですね。
湖兎子さま、美しい…です。

目を背けてはいけないと思う問題が色々ありますね。
少しでも現実を知って、命を大切にする社会にしていけたらいいのに、
と思います。
今日のお写真を拝見して、湖兎子ちゃんママは本当にうちのちゃん君に
よく似ているなと思いました。

↓応援団、お疲れさま~!

あああ~コメ入れようと思っていたのに腰痛股関節痛でうっかり寝てしまった・・・すまんです~。
そうなのよね~ちゃんとしたブリーダーさんばかりだと良いのにねぇ・・・。
それでも昨年のパブコメとか、ほんのちよっとずつでも改善しているかな?

あ・ホント、こうしてみるとお母さん、apollodia様んちのちゃつぼくんに似てる!!
やっぱりお兄ちゃんとの2ショットも見てみたいわぁ~♪

今日のくるねこさん、にゃさんのお話でしたね。にゃさん、500円だったのか。
おうちにお迎えした経緯のちがいで対立、みたいになっちゃうのは
lottieさんも望んでられないでしょうし、いろんな考え方があって
いろんな出逢いがあって、でも知らないこともたくさんあって。
私なんか『いつ里』の犬さんのところをのぞきに行くまでは
猫との事情のちがいを知らなくて、なんで純血の子がこんなに?と
びっくりしたのがほんの数年前で。
うちの猫ズも元社長の猫ズで通勤猫だったのが事務所在住猫になり、
深く考えないままに私の預かり猫になり、流れでうちの猫ズになり、みたいな
きちんと考えてお迎えされた方からするとありえへん経緯だったりで。
なので、今でもうちの環境は猫ズにとってベストだとは思えないんですが
ベターではありたいな、とは思います。
いろんな『たまたま』が重なって今に至る、なので
『ラブ・ストーリーは突然に』のサビのところを、そうそう猫ズとも…と
猫ズに置きかえて聴いてしまうのでした。

重い記事に誠実なコメントありがとうございました。

>まさぽんさん
そう、何が大切かしっかり見きわめつつ、
少しずつ前に進んでいくことですよね。
うふふ、カバーできました?

>みきたろうさん
自分の写真と並べるとテクニックの差が〜^^;

言っていれば実現する!そう信じたいですね。

>ゆきこさん
たしかに〜その温度差が、時に悲しくなったりもします。
でもこちらの価値観をおしつけることはできないし…
ゆきこさんも保護猫をきちんと飼っておられるではないですか。
それだけでも十分ですよ〜

>千さん
それだけを仕事として成立させていくには、
いろんな無理が生じてくると思います。難しいですよね〜
千さんは震災復興ライブも続けていらっしゃるしそれだけでも凄い!

>きらちろママさん
うはは〜近所とまったく交流のない私には耳の痛い話だ〜
とりあえず、友人関係からでお許し願いましょう。
そう、情報を取捨選択する能力も大切!
いろんな団体さんがいるので、踊らされないよう、心折れないように…

>flanmamaさん
やさしいflanmamaさんにとって
あのご体験は本当にお辛いことだったと思います。
でも少しでも幸せな子をつくることができたのは
誇ってよいご体験だったかと。
すべての命にあたたかい社会になってほしいですよね〜

>amesyoさん
そう、保健所にペットを持ち込む理由を聞いたら
も怒りで震えてしまいます。
小さな頃から、命を大切にする教育も必要かと。
馬鹿親ばかりにまかせてられない。

>けいとさん
最期の看取りを思うと、今から辛いですが
それが命をあずかる責任なんですよね。
けいとさんもご活動にも頭が下がります。
少しずつ…広がっていきますように。

>apollodiaさん
信じられないようなニンゲンもいますから、
そこをなんとかせねばーとも…
湖兎子のママ=京太郎くんのママは
お父さん、つまりふたりのおじいちゃん似なのですね。
(ややこしい)ビバ血縁!

>としこさん
ええ〜身体、大丈夫?気候がよくなるとともに
回復してくれればいいのだけど…大事にしてねえ…
愛護法改善でどこまで改善するか、これからが見物です。

ちゃつぼくんちゃうよ〜ちゃっぽ=茶山くんだよ〜^^
お兄ちゃんと並んだら、湖兎子が可憐なこねこに見えることうけあい。
このママとの2ショットくらいの大きさ比かも?

>miyaさん
くるさんの快進撃も、運命だったのですね。にゃさんがもたらしてくれたのかな。
…といいつつ、私にゃさん時代知らない…
miyaさんの「ラブストーリーは突然に」まさにそうかもしれませんね〜
で、次のラブストーリーも始まっちゃったりするのかな〜^^
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる