震災から20年


今のところ、地震にはまったく反応しない猫。

今朝は5時46分に起きてなんとか黙祷しましたが
そのままふにゃふにゃと寝てしまいました。・・・まるであの日の私のよう。

当時は鴨川に面した小さなワンルームに住んでいて
フリーとして活動を始めたばかりの頃。
京都では震度5を記録した揺れにも「今日はよく揺れるな〜」と思いながら
のんきに寝続けて友人の電話に起こされたという^^;
現実を知ってからも、当時はとある情報誌の編集部に出向していて
入稿間際のバタバタの時で、目の前の仕事をどう片付けるかでいっぱいいっぱいで・・・
でも本来は、人としてもっとやるべきことがあったのではないか。
今はあの日々を思い出すたびに心が痛みます。
20年・・・長いようで、あっという間ですね。
あの日を境にさまざまなものを失った人々の心の穴がうんと小さくなって
「生きててよかった」と思えることがたくさんありますように。
そんな社会にしていけますように。

まだまだ自分の生活に追われるばかりのusainuですが
少しずつでも人のために使う時間をつくりたいと切に願うこのごろです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

PTSDでまだ映像が見れないのです・・・・
私も自然と5時半に目が覚めました。
こちらはそのまま起きてますけどねww

まだまだ復興していないという現状・・・
20年もたつのにね・・・・

鎮魂歌をことちゃん歌わないかな?
かなり癒されるんですけど(っとさりげなくアピールww)

負けないではNGとさりげなくアピールww

優勝したのかな?伯方の塩で^^

はやいですね

そっか、もうご存じない方もいるのですよね。その少し前の奥尻の火の海もほとんどの方は記憶の彼方なのね。
そいで東日本、そしてくるであろう首都圏直下。
鎮魂、そして日ごろの備え!日本の人口半分が被災者になる可能性があるわけですしね。
ささ、みなさん!お水、非常食、そしてデンタルリンス(これ大事!)と常用薬チェックですよ~!!

No title

私は今の会社で既に働いていたので、ライフラインの復旧や、めちゃくちゃになってしまった不動産権利関係の処理をしました。
今は社内にも当時の状態を知っている人が少なくなり「体育館で震えていた小学生」が勤続5年目だったりします。

No title

実は今の家に越したのは、
この震災を見て(東京はほとんど揺れなかった)、
やっぱ小っちゃくても土地があれば!
と思ったからでした。(なんでかな・・)
あれから20年ですか。
長いようで短いなあ・・。
いや、逆も真なり、かな。

No title

あの日は揺れで目を覚ましました。
直ぐのNHKのニュース速報で京都震度5、何故か神戸だけが空白でした。
その後は報道でご覧の通りの惨事でした。
表向きは復興、けれど未だ苦しんでいる方々がおられます。
本当の復興はまだまだなのだと思います。

朝方お腹がいたくて目が覚めました

朝、揺れるーと慌てて起きてわたわた玄関へ逃げようとしてました
(;・ω・
長くゆれたことをおもいだします、そして電気電話不通
携帯ラジオで震源地をみて、これは大変な地震だ!とわかりました
備えしなければ、、今日やっとこうめのクレートを買いました、それさえなかった(>_<)もっといろいろ揃えないと、、、

No title

関西から離れた所にいると、その傷跡を忘れてしまいがちですが、本当はまだまだ、なんですよね。。。

もう20年なんですね。
高速道路がグニャリと曲がってしまっていたのに、とても驚いたことを思い出します。
日々に追われて忘れてしまいがちですが、改めて生活を考え事直さねばと思います。

↑年賀状素晴らしいですね!
usa様&miya様さすがです!
細かい所までが、ニクイですねぇ\(^o^)/

No title

震災のあのパニック、忘れられません。
いろんな問題点もありましたし、そこから学んだことも多かったですが、まもなく同じようなことがやってくる(と言われている)と思うと、日常に埋没せずにすこしでも備えをしなければ、申し訳ないという気分に・・・(気分になるだけなのですが・・・)
20年経ちましたが、思ったような復興になってはいない地域、とても残念です。中途半端だったのか、やりすぎてしまったのか、・・・。
高層でなくても、昔のように人の息吹が感じられる街が一番ほっとしますよね・・・。

No title

もう20年もたったのですね
ほんの数年前のことのように思います
それなのにその時生まれたこがもう二十歳・・・

私のところでも真っ暗な中で揺れを感じ
慌ててTVを付けました。
その時の揺れを今でも覚えています。
自然の力にはとてもかないません
せめて今を大切に・・・・

No title

起きてまた寝て電話があって仕事でバタバタ…と
当時の私もusaさんとほとんど同じでした。
DJさんが読み続ける、安否情報を求める方からの伝言をラジオで聞きながら
電気を半分消した薄暗い事務所で連日深夜まで仕事をしていて。
コンペの日程も、進行中の仕事の納期もまったく変わらずで
近いはずの神戸がすごく遠い場所のように感じたのを覚えています。

No title

当時、朝、ニュースで一報聞いてから、だんだんと被害が大きくなっていっていることにビビり、心が痛み、神戸の友達と連絡が取れずで心配だったことがついこの間のことのように思い出されます。
20年ってあっという間ですね。
今日、色々ニュースを見てまだまだ問題があり復興が進んでいる中で苦労している人たちが沢山いる現実を知りました。
大きな地震、いつどこで起こるかわからないのでホントに恐いです~(--

No title

20年も経ったんですね~
σ(=^・ω・^=) ウチも当時は、京都で一人暮らし中で、
さすがに揺れには飛び起きましたが
なんともなかったので、また寝て、電話で起こされました^^
電話で重大さを知り、テレビを見て愕然でした

No title

当時の記憶も薄れつつあるのですが、村山首相が「何分初めてのことで…」と暢気な記者会見をしていたことは覚えています。
あれから20年…各地で大きな地震や噴火などの災害に、この経験は生かされてきたでしょうか。
倒れた高速道路は直せても、結局東日本大震災では、さらなる多くの犠牲者を出してしまい、福島ではいまだに多くの問題が解決しないままです。
議員や役人の想定できる範囲が狭すぎるのではないのか。
自分の身は自分で守るしかないのでしょうね。
被災した方々が、落ち着いて生活できるよう、鎮魂も含めて心安らかに暮らせるよう祈るばかりです。

No title

私も自分のこと、猫のことばかりでいっぱいいっぱい・・
今年はせめてふと思い立った小さなことを消さずに
実行しよう!とささやかな目標を立てました。

No title

>ぽんねこさん
お祖父さん救出の武勇伝を笑顔で語ってくれたぽんねこちゃんだったので
そんなPTSDをかかえていることを知り衝撃でした。
そりゃそうだよね・・・
あの凄まじい体験は、きれいごとでは済まされないいろんな爪痕を
体験したみなさんの心に残してることにあらためて気がつきました。
忘れないで、できることを・・・と思います。
でも湖兎子に鎮魂歌は・・・^^;

>としこさん
奥尻島も衝撃でしたよね。ほんと、人は自分に遠いものは忘れる生き物なんだなあ。
もしもの備え、ほんとに考えなきゃ。(何もしていない)

>むにすさん
不動産会社も大混乱だったでしょうね。
そう、まわりにあの日のことを同じテンションで話せない若い人が増えていくのは、複雑な心境です。

>まさぽんさん
そうそう、土地神話のようなものが見直されましたよね〜
だって大きなマンションがこともなげにぺしゃんこになってる
あの様子をまのあたりにしたら・・・
でもいまやタワーマンション全盛。人は忘れる生き物だ。

>けいとさん
昨日テレビを見ていて、あらためて被災者の方にとって
未だに震災は続いてることを実感しました。
東北も含め、復興のためには景気の底上げが必要だ〜!

>みきたろうさん
なんだか動物的反応だ!さすが!
え、クレート!?わー、またどんなの買ったか教えてください。

>CAT.さん
あの頃は本当に、東京と関西と、報道の温度差にも憤りました。
でも知らない街で起こったことはやっぱりなかなか実感がわかないものですよね。
神戸が第二の故郷な(実は神戸生まれ)私でさえ・・・ですもん。

>しあママさん
朝一番「とにかくテレビつけて!」と友人に電話で言われて
最初に目にした映像がそれでした。
同じことが関東で起こったら・・・と想像するだけでおそろしいですよね。備えは大事!
年賀状は〜9分9厘miyaさんの力でできております。

>ねこじゃらしさん
ほんと、生きているうちには絶対来ると言われてるのですから
身構えていないといけないのに、私も何もできていないのです〜
復興、となると必ず利権がついてきて、被災者の思惑とは違うところで話が進んだり甘い汁を吸おうと群がる輩が出てくるのがたまりません。
これってどうしようもないのかなあ

>flanmamaさん
きゃーお久しぶりです。いろいろ心配しておりましたよ〜
ほんとに20年、あっという間でした。
たしかに自然の力にあらがうことはできません。
大切な人と悔いのない日々を重ねていくことが基本ですよね。

>miyaさん
そう、京都では粛々と、その実ほとんど平常と変わらず
いろんなものが動いていましたよね。複雑な気持ちだったな。
でもあとで、忙しいなかでもすぐに駆けつけた人の話をたくさん聞いて、
自分にも何かできたんじゃないかと思ってしまいました。

>きとりさん
当初はあんなに大きな被害になると思わず・・・
でも次々に届く映像に、身が凍りつきました。
ほんとに20年はあっというまで、未だにあの時のまま心が止まっている人もいるんだなと。
備えること、腹をくくること・・・これからを生きていくのも大変です。

>ねこっこさん
私は飛び起きもしなかったのでいろんな人から信じられない!と言われました〜
ほんとに衝撃の一日でしたね。忘れてはいけないと思います。

>きらちろママさん
そんなこともあったなあ。
ほんとに、こういうとき一番頭をひねるのは政治家や行政の言動で。
本当にがんばってくださってる方もいるのですが・・・
たしかに頼りになるのは自分だけ!くらいの気概がないと乗り越えるのは難しいかも。

>ゆぼぼさん
いや〜、本当に、そうなってしまいますよね。
でもゆぼぼさんの目標、素敵です。私も便乗させていただきます!
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる