Welcome to my blog

湖兎子の古都日記

ARTICLE PAGE

銀閣寺&大文字ツアーその2

ねお
「にゃ?またusanpo?」
ねーお
「飽きたにゃ〜」

はい、湖兎子さんにはそのまま寝ておいていただいて
さっそく行きましょう!いよいよ大文字登山!
DSCF5055.jpg
(昨日の再掲載)この山のてっぺん、はげて見えるところの一番上ですよ〜
DSCF5061.jpg
「ここを行きます」
いざ、お山へ!は「続きを読む」で

DSCF5062.jpg
一行はまもなく案内人さんの先導のもと、一般の登山道を離れ
堰を乗り越えて(!)こんな林道へ。
DSCF5066.jpg
これがもう、なんて素敵な森の中。
心地よい木漏れ日、鳥たちのさえずり、癒されます。
DSCF5075.jpg
「この場所の王者は、この木です!」
・・・いろんな木の名前を教えてもらったけどこれ、なんだっけ(おい)
植生、おいしい実、歴史・・・お話も多岐にわたり、なにより
三浦さんがとってもニコニコと楽しげで参加したみんなも終始和やか。
DSCF5084.jpg
「ほら、みてください、アカマツの幼稚園です」
こんな幼い木々が立派に育つ頃にはここにいる誰もいないんだなと
悠久の時の流れを感じたり。
説明を聞き、休憩をはさみながらゆっくりと登っていくので
登山している実感がなく
「途中、三浦、このやろ!と思う箇所がひとつあります」と宣言されていた
急坂もまあ一瞬で(さすがに写真撮る余裕なし)
DSCF5095.jpg
「大」の字をともす火床に到着です〜!!
最後にこの細かい階段を上るのがキツかったけど^^;(右側の上に続いてる道、階段なのです。
たいまつを運ぶ人用に歩幅を狭くとってあるそうです)
DSCF5088.jpg
この上にマキを積みあげてあの火をともすんだな〜
あたご
で、この眺望!!正面に愛宕山、まんなかへん、街の中にぽっかり浮かぶ細長い緑の塊が京都御苑。
DSCF5103.jpg
天使のはしごも美しい〜左下の中央寄りに平安神宮の赤い鳥居が見えます。
(ここは意識的に拡大しておこう)
DSCF5108.jpg
ちえこも大満足!で爽快な初大文字でした。

帰りは一般の登山道を帰ったのですが、ひたすらのぼりの続くあの道を
みんな登っているのか!?と思うとびっくりです。これは私、無理だったかも。
そう思うくらい、楽しくてらくちんな森ルートでしたよ。
でも、案内人さんがいないと絶対遭難する!^^;
というわけで、こんな大文字登山を楽しみたい方は
ぜひ三浦さんへ〜^^個人ツアーの要望にも対応してくださいます♪

関連記事

9 Comments

ゆぼぼ  

ほぇ~@@
あの有名な大文字焼きの小山へ!
わりと高そうですよね。
森ルートと一般の登山道があるんですね。
ガイドさんがいるといろんな話も聞けて楽しそう♪

2016/01/18 (Mon) 08:14 | EDIT | REPLY |   

まさぽん  

すごいすごい!
あの大文字焼きのここが元なんですね。
さすがの眺望♪
しかし、登るのも大変そうだ。
お疲れさまでした〜。

2016/01/18 (Mon) 09:41 | EDIT | REPLY |   

けいと  

私はインドアですがこんなツアーなら参加してみたいですね。
登りきった爽快感、見渡す展望、あゝ体力が…(笑)
マジにウオーキングしよかしら ?

2016/01/18 (Mon) 12:31 | EDIT | REPLY |   

amesyo  

いくら低く見えても山は山・・以前大文字山で遭難騒動もあったよね
大文字から見る京都の街は本当に綺麗ですよね
一度叔父に連れてもらって送り火の時に行った事があります・・
夜の下山の時に怖かったけど仰山の人が松明を持って火をともされるのを見て感動しました・・燃えた護摩木の残りを(炭)を頂いて帰って厄除けにしました

2016/01/18 (Mon) 12:31 | EDIT | REPLY |   

miya  

勝手に予想その1、高野山取材からの流れで『熊野古道を歩こう』
その2、特に理由はなく『愛宕山に登ろう』でした。
森だったのですね。まったく思いつかなかったです。
ちえちゃん、天下とったど!みたい。

2016/01/18 (Mon) 18:37 | EDIT | REPLY |   

いとうとしこ  

好み~!!

わああ~いいないいなやっぱりいいな♪
送り火の元(?)ってこうなっているのね!
アカマツの幼稚園・・・・ふふふ・・・いやいや、尻尾が9本になったことたんと
彩雲に乗って微笑むusa様がわしには見える~!!!(笑)

2016/01/18 (Mon) 20:42 | EDIT | REPLY |   

coco.。  

大文字山からの眺望は素晴らしいですよね。特にすごい絶景じゃないのですけれど、愛しくなります。

久しぶりに登りたくなりました。犬を連れて(今いないけど)。

2016/01/18 (Mon) 23:15 | EDIT | REPLY |   

きらちろママ  

獣道のようなところを登っていったのですね!
でも、こんな眺望が待っていたら、爽快でしょうね~
私も行ってみたいな~インドア派返上したくなります~(^_^;)
天使のはしごも美しい~(^O^)/

2016/01/19 (Tue) 00:23 | EDIT | REPLY |   

usainu  

>ゆぼぼさん
高さにすればたいしたことないはずですが、
眺望はよかったです。
森ルート、ガイドさんなしでは遭難しま〜す^^;

>まさぽんさん
送り火のときは夜の闇のなかでいろんな作業をされるんだな〜
と思うとドキドキしましたが
夜景を見てみたい気も。
山登り、苦手ですが登ってしまうと楽しいですね。

>けいとさん
私も昔ならぜった参加できなかったツアーです。
三浦さん、平地のツアーもあるのでぜひ〜

>amesyoさん
ええ〜凄いご経験ですね。一般の人は普通登れませんものね。
いちど、あそこから夜景を見てみたいです。
でも無事に下山できる自信がない^^;

>miyaさん
ははは〜いろいろ予測してくださっていたのね。
でも熊野古道も愛宕山も行きたい〜
まだまだ体力が足りませんが
そこでのちえこが見たい笑

>としこさん
なるほど〜とカンゲキしましたよ。
登りより降りるほうが脚への負担が激しく
翌日はガクガクでした^^;
私、湖兎子とともに仙人に?それもえ〜な

>coco.。さん
やっぱり京都が見晴らせるってステキですよね。
お??
犬神様がアップをはじめましたよ。

>きらちろママさん
猪やシカの気配がいっぱいでした〜
ほんとに気持ちよかったです。
一人参加のおねえさまがきらちろママさんのような雰囲気の方でした。
同世代〜年上とおぼしき方が多かったですが
みなさん元気!はまるんでしょうね〜

2016/01/19 (Tue) 12:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment