Welcome to my blog

湖兎子の古都日記

ARTICLE PAGE

追悼・茶山さん

ちゃん

激しい余震がおさまらないなか
福岡に住んでいた湖兎子の実の祖父、茶山さんが
4月16日未明、ご家族に看取られ16年の生涯を閉じたそうです。
来月のお誕生日で17歳になるはずでした。
ここ数年、体力の衰えを心配されていましたが
まさかこんなに早く逝ってしまうとは思わず・・・
しかもこのタイミングで。
でも愛いっぱいの看病を受けながらも長く寝つくこともなく、
静かに逝ったのは、紳士の茶山くんらしい最期だったのかも。
(激しい余震の中、ということですから静かにとも言えないか^^;)
茶山さん、ちゃんくん、ちゃっぽさん。いろんな愛称で呼ばれ
誰にでもやさしく、誰からも愛されたおじいちゃん。
溺愛していたapollodiaさんの心中を思うとやりきれません。
まだまだ心に穴の開いた状態は続くでしょうが
残る花鹿さん、京太郎くん、クコちゃんとともに
寂しさを乗り越えていかれることを祈ります。
関連記事

9 Comments

みきたろう  

そうだったのですね 茶山さん
最近はブログへご無沙汰していましたが
湖兎子ちゃんのおじいちゃん
心よりご冥福をお祈りします

2016/04/18 (Mon) 09:49 | EDIT | REPLY |   

まさぽん  

16歳、17歳は、一つの山みたいですね。
でも、長い間愛されて、
幸せな猫生でしたでしょう・・。

2016/04/18 (Mon) 12:41 | EDIT | REPLY |   

amesyo  

こころよりご冥福をお祈りいたします
心なしか・・コッチャンの後ろ姿が悲しげ・・・
16年・・長い様で短い・・・愛されたた月日は長いよね。

2016/04/18 (Mon) 13:12 | EDIT | REPLY |   

いとうとしこ  

No title

茶山さん、お疲れさまでした。茶山さんがいなかったらわしら、ことたんにも会えなかったんだよね。
ことたんを誕生させてくれて、本当にありがとうございます。どうぞゆっくりと休んで下さいね。

しかし・・・この後ろ姿・・・くっ・・・可愛い~!!
今、フェルトちゃん3号をことたんに似せようとしているのですが、この姿が可愛いので真似したいのですが・・・羊毛が・・・4倍はいるな・・・v-290

2016/04/18 (Mon) 14:08 | EDIT | REPLY |   

CAT.  

茶山さんのご冥福をお祈りいたします。
可愛い子供たちやお孫さんたちにも恵まれ、きっと幸せなニャン生だったと思います!

2016/04/19 (Tue) 00:21 | EDIT | REPLY |   

apollodia  

usainuさん、そして皆様、暖かいお言葉ありがとうございます。
別れはやはりつらく寂しいものですが、ちゃん君の残してくれた思い出を大切にしながら1日を大事に過ごしていきたいと思います。

2016/04/19 (Tue) 00:24 | EDIT | REPLY |   

きらちろママ  

茶山さん…そうだったのですね。
ご本にゃんさんは、どんな風に思っているか、察する術もないのですが、
少なくともこちらのブログを見ている人は、京太郎くん湖っちゃん兄妹を
初め、可愛い子孫を残してくれた偉大なおじいさんとして語り継がれる
ことでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。
飼い主様もお力落としになりませんように。
永遠の別れは、何歳だからとか病気だったからとかで納得できるものでは
ないんですよね。

2016/04/19 (Tue) 00:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/19 (Tue) 23:46 | EDIT | REPLY |   

usainu  

>みなさま
本当に、同居のにゃんにもわんにも大人気だった
人格・・・や、にゃん格者、ちゃんくん。
天命とはいえ、もっともっと長生きしてほしかった
一度はお会いしてみたかった、と悲しみは絶えません。
でも、ここ数日、湖兎子がじっと上を見て
あまりない鳴き方をしていたことが何度かあったので
おじいちゃん、会いに来てくれたのかな、と心を慰めています。
apollodiaさん、ちゃんくんは唯一無二の猫だったと思いますが
残してくれた素晴らしい思い出を語ることで癒される日がきますように・・・

いつか誰もが迎えるこの日への覚悟について
あらためて考えた茶山さんの魂のお引越しでもありました。

2016/04/21 (Thu) 07:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment