Welcome to my blog

湖兎子の古都日記

ARTICLE PAGE

広島旅5・オバマの足跡を訪ねて(嘘)

ふくら
血圧計の上に乗ってるだけなんだけどね。ポンプでふくらませてるみた〜いと連想。
内容にまったく関係ない写真ですんません^^;

先週中にさくさく更新のつもりがままならず、広島レポ、だらだら続きます。

で、表題にからめて最初に言うておく。
広島行きを決めたのは、私のほうが先ですからねっ!
野球都合の日程選びでしたが、サミットにかぶらなくてよかった〜とつくづく^^

現地滞在15分のオバマ氏、
近所のマンションの奥様がベランダからお姿を垣間見ようとしたら
「スナイパーと間違えられるので」ベランダ禁止令が出たことをはじめ
(主婦スナイパー、格好よすぎ)
なんだかんだでその日、広島市民はとばっちりを避けおうちで息を潜めていた人が
多かったらしいですが。

それはさておきの、原爆ドームと平和記念公園。
その前にっ!宮島で穴子丼を食いはぐれた腹いせに!?
DSCF5610.jpg
どどーんとリバーサイドの元牡蠣船のレストランで牡蠣御膳!…の焼き牡蠣。
ちなみに数週間前に来広の千さまと同じメニュー^^
いや〜、さすが広島の牡蠣づくし、どれも美味でございました。

お腹も落ち着いたところで、いざ平和<祈念>行脚。
広島を訪れる限りは、絶対にはずせないものです。
まずは原爆ドームwithちえこ(不謹慎でもお約束^^;)
DSCF5612.jpg
修学旅行でも来たはずだけど、記憶なし。
DSCF5616.jpg
悲壮感漂う遺構のはずなのですが、70年以上を経た今も
こうして佇む姿を見ると、なんだろう・・・美しいと思ってしまった。
本当に美しい建物だったのでしょう。破壊前の姿を思うと哀しさもひとしお。
DSCF5613.jpg
中は補修工事中でした。
どうか次代にも伝えてほしい。しみじみと思います。
DSCF5619.jpg
そして平和記念公園。
教科書に載っていたのは鮮明に覚えている、
「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから」の一文。
黙祷を捧げると、胸がいっぱいになりました。

DSCF5618.jpg
爆心地にも連れて行ってもらいました。
普通の病院のお庭に、当時の状態が保存されているそうです。
この日は病院がお休みで見せていただくことはかないませんでしたが
たまたま診療に訪れて見せてもらったというみどりちゃん。
「ただ静かに、そのときのまま残されていてね」うんうん。
見られなくても、みどりちゃんの説明と捧げられた折鶴にぐっときた。

修学旅行で見学してトラウマになりそうなほど怖かった
原爆資料館は、展示がとてもマイルドになっていて、批判も相次ぐ物件(苦笑)。
今回は時間も体力もなくってパスしたのですが
どんな展示を見るよりも広島に生まれ育ったみどりちゃんの言葉の方が
ずっと重く心に響いた気がします。
「そのまま焼け焦げたお弁当箱があるのよ。私はそれを見るだけで胸が痛くなる。
その朝、お母さんがどんな思いで用意し、その子はどんなに食べるのを楽しみに
していただろうって。そんな日常が、一瞬で消えてしまう哀しさ、切なさ、
そんなリアルな気持ちこそ、多くの人に感じてほしいと思う」
気になって調べたら、これですね→

「オバマの言葉も私は腑に落ちたよ」と。
責任とか、謝罪とか、そんなことよりも大切なのは、
こんなバカバカしいことを二度と繰り返してはならないという人類の課題だと思うから。

たしかに、たしかに。
記念公園の碑に刻まれた言葉も、穿った見方をする人がいるけれど
結局、主張したいことはそれだものね。
人間よ〜争いをやめなはれ!
な〜の〜に〜さ〜ワカラズヤがいる。二枚舌がいる。はう〜人間ってやつは。
どうしたもんかのう。

この日も、外国人を含むたくさんの人たちが平和公園を訪れ、頭を垂れていました。
原爆ドームを見つめる外国人を「みんなどんな思いなんだろうね」と眺めるみどりちゃんに
「単なる廃墟オタかもしれん」と囁くブラックusainuもどうにかせんといかんか。

広島旅、番外編へと続きます。


今日のほっこり覚書)バイト先にflanmamaさんが来てくださって癒された〜!!
関連記事

6 Comments

きらちろママ  

たった15分滞在しただけであれだけのニュースになるアメリカ大統領ってすごいんだな…という広島でしたが、私は20代のころに一人旅でじっくり見て回りましたよ。
今行ったらまた違う印象を持つと思うけど。
日本が真珠湾攻撃をしなかったら、原爆の被害はなかったと思うんですよ。
ごく一部のアホな日本人が日本人を苦しめていると思うと切ないわ。
私にとっても、歴史の1ページなんてことはなくて、少しだけ年下の知人が原爆二世と打ち明けてくれて、結婚に踏み切れずに悩んでいたことがあって、辛かったな。。。
ホントにこんなことは、どこの国でも二度とあってはならないことをトップにいる人たちは、肝に命じてほしいです。
牡蠣は食べに行きたいな~!(^^)!

2016/06/12 (Sun) 22:58 | EDIT | REPLY |   

おっちゃん  

一応、私は「ほぼ被爆者二世」なんですよ。
認定される前に亡くなったので、「ほぼ」ですけど。
父の部隊の記録係から預かっていたという当日の写真を何百枚も見ました。
現在のドームに展示されているものより、ちょっと強烈な写真が多かったかな。
とにかく、二度と同じ過ちを繰り返してはいけないと思います。

2016/06/13 (Mon) 10:09 | EDIT | REPLY |   

まさぽん  

まあ、なんだかんだ批評はあるでしょうが、
オバマさん、私的には「よくぞ来てくれた」ですね。
沖縄の祈念館に行きましたが、
(広島は行っていません)ほんと、戦争ほど
大変な事は無いですね。
だからこそ、国防はしっかりしなくちゃイケないんですけどねえ。
左巻きの人がなんだかんだうるさくて、
とか言ってるうちにほら、あの野蛮な国が
軍艦送ってきてますよ・・・・。

2016/06/13 (Mon) 15:31 | EDIT | REPLY |   

usainu  

>きらちろママさん
しかももう任期満了なのに^^;ま、任期中に来てくれたことに意味がある?
20代の一人旅!!すごい。お若いときから問題意識をお持ちだったのですね〜さすが!!
戦争を知らずに育った世代ではありますが、
かろうじてその無意味さの実感が持てる最後の世代だとも思っています。
でも難しい問題ですよね〜

>おっちゃんさん
そうだったのですね。その言葉自体、今の子たちはわからないんでしょうね。
あっきーさん(あ。てへ)もその筆力で過ちの虚しさを
後世に伝えてください〜

>まさぽんさん
ですよね、とにかく来てくれただけでも。
ああ、沖縄も知覧も行ってみたいと思っています。
当時の人々が死を賭して守った国が
今こんな状態なことが、情けなくて申し訳ないんですが。
どうなるんでしょうね〜これから・・・

2016/06/13 (Mon) 18:39 | EDIT | REPLY |   

只野 緑  

オバマ大統領、ご帰国されたと思ったら、今度は自国で銃乱射事件。
この事件にした所で、他者の嗜好が自分と違うと許さないことから来たのなら、
戦争と同じかと・・・どうしても、そういう現実は変わることがないのでしょうか。
そして、何か起こっても、自分と関係しないなら他人ごと。
この相反するものが、恐ろしいことに繋がるように思います。
胸が痛んでなりません。

2016/06/13 (Mon) 23:48 | EDIT | REPLY |   

usainu  

ほんとに気の毒!
ほんまにもう、**過激派たちよ、
みんな金子みすゞの詩を読め!
「みんなちがって、みんないい」んだぞ〜
他人の価値観を認めないことが
人間を生きにくくさせるのにね・・・
かといって彼らの思想を認められるかというと
認められない自分がいるが。

2016/06/14 (Tue) 18:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment