Welcome to my blog

湖兎子の古都日記

ARTICLE PAGE

後祭サイコー!

4
どどーんと今年は橋弁慶山のちまき。
P7221519.jpg
どやっ!

実は祇園祭の厄除けちまきと湖兎子の2ショットは3年ぶり?
ほら、今はそのまま事務所に飾るので・・・本日はありがたき事情で
自宅に送り届けてくださる方がいらっしゃったのでした。
ちまきといえば、るりちゃんが偶然発見してくれたのですが
「月鉾 ちまき」で画像検索したら湖兎子との2ショットが混じって出てきます^^
あと、「油天神山 ちまき」でも^^
マンション時代買っていたのはこのふたつだったのかな〜

ああ、今回は長いのにだらだらしてしまう。だらだらついでに、
昨日団栗橋を渡ったので先日の川床でのづるづる2号の脱走経路をご覧にいれましょう。
づ2
鴨川と並行して流れる禊川。ここに川床が張り出すわけですね。
づ
そしてづるづる2号はまさにこのお店のこの地点からまっさかさま。
実際はもっと暗闇。20メートルほど下流で救出されました。いや〜、ほんと奇跡だわ。
・・・というのも、もう2週間前の出来事なのですね。

昨日は宮川町でのバイトを終えて、けっこうへろへろでしたが
友人が後祭の某山の当番に入るというので、それにかこつけて行くことに。

そぞろ歩きの鉾町、まずはこれ。見逃せません。前祭でご紹介した大船鉾の龍頭。
P7221470.jpg
ばばーんと鎮座しています。かっこいい!!
P7221473.jpg
やや引きで。これ以上引けない^^;
ああ、巡行、見たいなあ〜

後祭は夜店も出ず、メインストリートが歩行者天国にもならないので
段違いに静かで上品。宵宵山でも、余裕の人出です。
P7221483.jpg
P7221491.jpg
P7221486.jpg
風情ある町家も多く屏風祭にもうっとり。
今回はちょっと目的があったので、ちょっと急いで鉾をめぐって目的地へ。
P7221497.jpgそれがこちら
P7221499.jpg橋弁慶山さんのご会所。
続きはたたみます。



明日の巡行では毎年くじとらずの一番、前祭でいう長刀鉾のポジションを果たす
橋弁慶山。
実はこちらのお会所、昨秋のマチナカどうぶつフェスタで保護犬写真展の
会場になった眼鏡屋さんです。
以来仲良くさせていただいているオーナーさんのご厚意で
普通は入れない会所のお2階にご案内いただいたのです^^ただただ感謝!!
そこはまさにバックステージ。(フェスタではここで写真展をしたのだけど^^;)
ばっく2
お飾りが入っていた年代物の行李が素敵。
ばっく
以前、見送りに使われていた裂地。明時代(だったかな?)の官服だそう。
P7221503.jpg
後ろから見る弁慶と牛若。貴重な眺めだ〜
P7221502.jpg
牛若丸、一本足で立ってます!巡行中も微動だにしないそうです。
甲冑や刀、長刀の鞘も室町時代の本物だそう。とにかくすべてがお宝。
山鉾の組み立てはもちろん、こうしたお人形の着付けや飾り方も
ずっと受け継がれてきたものなのですね。お話してくださった方は牛若丸のご担当でした。
いろいろお話を聞いてから表にまわると、また感慨もひとしおなのでした。
P7221504.jpg

祇園祭、やっぱり奥が深い。静かにまわれる後祭、ほんとうにおすすめです。
屋台はないけど、飲食店が店先で飲み物を売っていたりしますので
アルコールや食べ物にも事欠きません。というか、こっちのほうが断然おいしそう。
来年は食べながらゆっくりまわりたいな〜
「歩きながら飲める日本酒です!」という口上にぐらっときつつ、
今年はなんとか耐えたusainuなのでした。
関連記事

15 Comments

千  

後の祭り

後祭りは静かなんですね
いいなあ、行けば良かったと言うのは後の祭りですが

祇園祭りが人々に愛されるのは
単に、歴史が長い
とか
京都の観光宣伝が上手
とか、そういう事では無く
やはり行って良かった、と思えるからなのかな
と思いました
いつか行くぞ、「後祭り」

2016/07/23 (Sat) 11:42 | EDIT | REPLY |   

いとうとしこ  

行く~!

うわ~!やっぱり後祭り、いいなあ!屏風祭りもまだ見られるのかな?
うほほほ♪あのメガネ屋さんにそんな秘密?が!うわぁ、牛若さんも布らも美しい~v-32
龍頭・・・お手手を船べりにかけて「どやっ!」と言っているみたい。
ことたんと同じや~可愛いなぁv-10↑千様!来年いっしょにまわろう!酒持って(笑)。

2号脱走・・あははは!ホントまぁよく逃げたねぇ~そして捕獲作戦ご一緒して下さってありがとう!!
今はけろっとして「楽しかった~!」って言っています(笑)…懲りてないな2号(笑)。

2016/07/23 (Sat) 13:39 | EDIT | REPLY |   

しあママ  

静かにまわれる後祭、素敵!
さすが京都♪
奥が深いわ!
そしてあんなに深い所へ落ちたのね(笑)
さすが京都底が深いわ←ちがうかっ(笑)

2016/07/23 (Sat) 15:57 | EDIT | REPLY |   

千  

としこちゃん、是非是非!

2016/07/24 (Sun) 00:32 | EDIT | REPLY |   

みきたろう  

づるづる2号さんが流された…というのを聞いていましたが
ほんとによくご無事で…!!

後祭りは意外とお店も空いているのでお店で休んだり
色んなお酒を外で出したり イタリア料理やさんのおつまみなどもあったり
ゆっくりぶらぶらできますね やってみたい…^^
龍でか!宵山はあのまわりはすごいだろうな…と行けませんでした^^;
しっかりこちらで見せていただき嬉しいです 足の掛け方がリアルですね〜
なんといっても 裏方から見られるのはすごい〜

2016/07/24 (Sun) 10:58 | EDIT | REPLY |   

amesyo  

後祭りは静かでいいですね
私は鯉山のタペストリ-がすきでみにいきました
登竜門・・鯉が滝を登る勇ましい出世繁栄~
前祭りは長刀鉾・ご老体?(笑)お店をされおられる方には霰天神火伏せの粽を(火事が起こらないように)それぞれ送るかたのお家に合わせて粽を買いに走ります。

2016/07/24 (Sun) 18:50 | EDIT | REPLY |   

CAT.  

静かなお祭りというのも魅力的ですね!!
いつか行ってみたいな~(^^)

それにしても、づるづる2号、こんな高い所から川にダイブしたとは、よくぞご無事で(^^;)

2016/07/25 (Mon) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ゆぼぼ  

わお!そこから落下してよくもまあ救出できたこと!
ホントに奇跡ですね~♪
材質状、あとわずかでも遅れてたらってこともあるでしょうし・・(^^ゞ

2016/07/25 (Mon) 16:19 | EDIT | REPLY |   

まさぽん  

おお、づるづる2号ちゃんの脱走経路、
わかりやすい!(゜▽゜*)
ほんと救出出来たのは奇蹟っぽい。
フクチョンちゃんも、奇蹟だ!(^^)v

2016/07/25 (Mon) 16:44 | EDIT | REPLY |   

miya  

橋弁慶山町のビルに事務所が入っていた頃は
ありがたみが分かっておらずで、すみませんでした! というかんじです。
ビルのオーナーさんがそわそわしてらしたなぁ…。
仕事帰りや買い物帰りにぷらっと見に行っても混雑してなくて
後祭はよいですね。犬みくじも買えるし。

2016/07/25 (Mon) 21:29 | EDIT | REPLY |   

けいと  

後祭、いいですね〜
見応えあるし静かだし…
来年は行ってみようかな。
づるづるちゃん、よく助かりましたね。
危険じゃ !

2016/07/26 (Tue) 21:11 | EDIT | REPLY |   

きらちろママ  

地元の方は、後祭りのほうがいいとおっしゃる方が多いような気がします。
ブログ統計上…(^_^;)
本祭りも観たことがないので私にはわかりませんが、たぶん何を見てもテンション上がって、自分がわっしょい状態になっているでしょうね(^_^メ)
づるづる2号、こんなところから落ちたんですね!
よく助かりましたね!(^^)!

2016/07/27 (Wed) 00:32 | EDIT | REPLY |   

maman ga bu  

あっ!ことちゃん、いいお顔!!(ムズムズ!!)

やっぱ京都はいいですね~(憧)
そして後祭は皆さんいいっておっしゃってますよね。

づるづる2号さん、そんなところから!!(驚!!)
そして暗闇の中20mも流されて救出!!(超~驚~!!)

2016/07/27 (Wed) 18:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/27 (Wed) 22:41 | EDIT | REPLY |   

usainu  

>千さん
うまい!^^
後の祭りの語源も、ここにあるとかないとか。
いつかといわず、ぜひ来年としこさんと実現してくださいね^^

>としこさん
後祭の屏風祭も素晴らしいです!
橋弁慶山さん・・・ぽんとしじみさんがいらしたら
案内していただけるのでぜひぜひ!
2号〜もう脱走はダメよ!しかし福ちょんも戻ってきたし
戻り猫大明神になれるかも!^^

>しあママさん
静かといても人は多いのですが、前祭がすさまじいので
いくぶん落ち着く感じです^^
この川、そんなに深くはないのですよ。
としこさんが飛び込んで(!?)レスキューしたくらいですから^^
>みきたろうさん
しかしほんと、あのどんぶらこシーンはみんなに見ていただきたかった!
後祭、いいですよね〜
というのが広まって人が増えたらいやだあ。笑

>amesyoさん
鯉山は宵宵山でも行列ができていました。
左甚五郎の鯉も好き〜
各鉾のちまきの効用?は何度聞いても忘れます。
みんなひっくるめて厄除けだ!

>CAT.さん
静かといっても人はそこそこ^^;
でもウイークデーだとましかな?
CAT.さん撮影の祇園祭、みたいです〜
動物モチーフもいっぱいよ^^

>ゆぼぼさん
こうしてみるとすごいでしょ〜
材質的には・・・水を弾いてました笑

>まさぽんさん
そう、このレスキューのあと、
脱走猫ちゃんの希望の星!この運を福ちょんに!と
言ってたのですよ〜
ほんと、よかったですよね〜T T

>miyaさん
そやったそやった!めっちゃ昔のことのように
記憶もおぼろげな自分にびっくり^^;
ほんと、ベストポジションだったのですね〜
しかし渦中?にいて仕事が忙しかったりすると
妙にストレスになるのも祇園祭だったり^^;
橋弁慶山見学、鷹山の方も見えてました^^
応援してます!とお声がけすればよかったとあとで思った^^;

>けいとさん
ほんと、いいですよ〜ぜひぜひ来年!
床、実は以前にもものを落としたことが^^;
ドジっ子注意!

>きらちろママさん
まあ、だらだら続くのはいや〜という人もいて
賛否両論なんですけどね。
きらちろママさんもぜひ一度はいらしてください。暑いけど〜
2号、びっくりでしょ〜

>ママンさん
うふふ?むずむずした〜?(喜)^^

らぶん私が知らないもっと素敵な祭の表情もあるんです。
奥が深い京都です〜
それより深いのが2号!?^^

>鍵コメさん
長く気づかずごめんなさい。
そういう年回りなのかな〜この先にみんなのハッピーが待ってる!
信じてお互いがんばりましょう。

2016/07/29 (Fri) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment