映画と紅葉


「しん・ごじら?」
PC021776.jpg
「がおおお〜こんな感じ?てきとーに乗ってやったよ」・・・ありがとう。

なんとなくあしらってみたのはエッフェル塔。私の雑さを物語る。
雑感とは、その雑ではなく。や、その雑でもあるのか。

へーユリイカがシンゴジ本? え〜塚本晋也さんと高橋一生くんのインタビュー?
それだけでポチってしまった。思った以上に読み応えのある本です。ゆっくり読む。

今年は、例年にも増して映画に行けてなくってとても寂しいのですが
そんななか、これだけは見ておきたいので無理やり時間を捻出し観てきました。
「この世界の片隅に」海外版の予告がすっごくいいので、埋め込みます。

舞台は戦時中、原爆投下前の広島と、呉。
それだけで日本人としてはギリギリと心に迫る何かがあるわけですが
おっとり生きる主人公のすずさんの日常はふんわりしたユーモアに満ち
愛おしく、美しい。声をあてるのはのん、こと能年玲奈ちゃん。
ここから先は私がいくら熱く語ったとて、本作の素晴らしさには及ばない。
上映館の非常に少ない映画だったのですが、ここに来てじわじわ増え始めています。
少しでも多くの人に見てほしいなと思います。

くしくも今年はシン・ゴジラとこの作品、
3.11と原爆という日本人の原体験にリンクするふたつの映画に出会って
いろんな意味で胸に迫る体験をしました。(広島にも2回行ってるし〜)
心震わせながら思ったのは、日本という国の素晴らしさ。
愚直だけど繊細で、不器用だけどやさしい。そして強い。
日本には美しい魂があるって、しみじみ思うんです。
・・・といいつつ、汚れた魂にうへえとなるニュースも多いんですけどねえ。

でもって本日は魂を清める?お出かけ。秋の安楽寺〜
長くなるので久々にたたみます。
あん2
あん9
目的はフジモリチヒロさんの作品展。
考えれば一昨年のミャウゼ以来2年ぶり、同じ場所でほんわかした作品にふれ
ご本人にもお会いできてよい時間が過ごせました。

そういや、秋深い安楽寺は初めてかも!!
あん4
散り紅葉きれい。
あん
中から山門をのぞむ。

せっかくなので哲学の道をてくてく、紅葉ロードを歩いて帰る。
あん5
永観堂の塀。ここは美しかった。
あん6
水路閣はいまひとつ。
あん7
南禅寺境内。
あん8
南禅寺三門をのぞむ。うーん、いまいち。

そうなのです、今年の紅葉、期待していたのですが
散りつつあるのを引いても、いまひとつでしたね。
きれいに紅葉していないの。でも、たまーに局所的に鮮やかな紅葉に出会えることもあり
そういうところには、鈴なりの人だかりでした^^;
ま、とりあえず今年はこれでいいや。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

来ていただきありがとうございました!昨日はずーっと忙しい感じで
みなさんも紅葉の具合を聞いておられました、安楽寺は紅葉が遅いのですが他でも赤くなりきらない木が
多かったですねー
昼間晴れて陽があたり夜はぐっと冷えると赤くなるそうです、今年はあたたかかったですね
この世界の片隅に、これは見たいとおもってましたー、あと「聲の形」も良いらしいので、注目してます

No title

『この世界の片隅に』は漫画を持っていて、自分の中で世界が出来てて映画見るのを何となく躊躇ってます。
続編の『夕凪の街 櫻の国』もお勧めです。
キンドルで持ってるんだけど、キンドルごと貸そうか?

シン・ゴジラ本ですとな?!
高橋一生ですとな?!
どうどうどう?

チヒロさんのTシャツは長男たーに大層似合ってます。

No title

「この世界の片隅に」の紹介、ありがとうございます。
これは原作の漫画も良いです。
アニメとは微妙に異なりますが、それぞれ違和感がなくて良いと思います。
ちなみに、戦争や原爆が出て来ますが反戦を謳うアニメではありません。
ただ、淡々と…
マスコミが「君の名は。」をゴリ押ししているのと、「能年玲奈」の移籍問題で不条理なバッシングで影響を受けたのが可哀相。
最後の「…!」は胸にズンときます。
また、宇治にある京アニが久々に「聲の形」という傑作を上映しています。
※本年度No.1「この世界の片隅に」、No.2「聲の形」

カニャタくん?

ああ・・・可愛いっ!!
ことたんは絶対眼から光線だね!青色LDEで魅惑攻撃で人類陥落さあ~v-10

わ~コレは美しい映像。そう、v-510にはこのくらいの彩度が有難いのよ。
今年は邦画当たり年だね!てか、勿体無い~来年に残しておかべいいのに(笑)。
今年目出度くGOGOサービス年齢に到達v-411したので年末年始は豪華映画三昧してみようかな~♪

↑おかべいい?(笑)

うぬぬぬ・・・最近、見直しても気が付かない誤入力。岡部さんって誰やねんv-411

No title

あはは、ことちゃんいいお仕事してますね(´∀`)
予告編拝見しました
呉も行ったことがあり、きっとあの映像のようにのどかだったことと思います
なんか、まともに全部受けてしまう体質なのか
怖いのも悲しいのも苦手でたぶん見れないと思います~

No title

それでも十分に見事で綺麗な紅葉ですね!!
こちらは今年は銀杏の黄葉が見事ですが、やっぱりそろそろ終了かな~

No title

京都の秋は、色とりどりでホント美しいですよね〜。
来年はまた行きたいな〜。
今年観た映画は「復活」だけだな〜。
来年は、海賊とよばれた男、観に行かなくちゃ〜♪

No title

今年の紅葉は短かった・・みたいですね
臥雲橋からの写真撮影は禁止になり通行するだけになったとか
今年は秋を堪能出来なかったけど・・秋・・=京都 春=京都・・そうだ~京都へ行こうも・・・もぅ~良いよね

No title

今朝のNHKの「あさいち」でもシンゴジときみの名が今年話題になった映画だと、取り上げられていたけど、「世界の片隅に」はいいですね。
今年1本も映画を観ていないけど、これは観ておきたいわ。
原点に戻れば、ホントに日本に産まれてよかったと思うんだけど、2020オリンピックのニュースなんて聞くと、うんざり"(-""-)"

YOU TUBEで、湖っちゃんに似たニャンコが模型の街を壊していくのがあって、攻撃されるところが可哀そうで紹介しなかったけど、あとでこっそり…(^^ゞ

No title

日本人の魂って素晴らしいですよね。
ホントにそう思います。
そしてそれらを感じられる心をもって
生きていたいなと思います^^

No title

>みきたろうさん
お疲れさまでした〜やっぱり秋の安楽寺は素敵よねえ。
そっかー、でもこれからまだ紅葉するのね。
読めぬ、京都の秋。
アニメ、劇場で観るのもいいよ〜

>むにすさん
わかる〜原作を先に知ってると辛いよねえ。
いくら絶賛されても、そこは自分の感性を信じるがよろし。
『夕凪の街〜』、試し読みで少しだけ読みました。Kindle〜
いつかデビューするわ・・・
一生くん、クレバーな俳優さんだと思いました。子役上がりのくせに(偏見。しかも実は私、子役の頃から好き)
三バカ学者の一人、原一男さんの反省文(違)もおもしろかったよ。

チヒロさんTシャツ、眺めながら「ほしい・・・でもたーくんとペアルック」と躊躇した末、あきらめた。たーくんにすまなすぎる。

>おっちゃんさん
わー、ご覧になったのですね。
あの淡々とのどかな日常に潜むあれこれがとってもリアルで
心にしみました。
「君の名は」の若者パワーには圧倒されているけれど
じわじわと広がっていく、兎と亀的逆転劇もありやなしや?^^
京アニもちゃんとファンがついているので安定ですよね!

>としこさん
そんなとしこさんにぜひ見て欲しかった「キャッジラ」↑
映画もアニメも好みがあるので、
「絶対」とはいえないのですが
ま、いろいろ観てみるのはいいと思う〜
観ないと批判もできないものね〜^^誤入力、私もすごいっす。

>ママンさん
ま、単なるあくびなんですけどね。ナイスタイミングでした^^
辛いもの、怖いもので、ダメージ受けてしまうと悲しいですもの。
ママンさんは楽しいもの、美しいもので世界をふくらませて〜
それも全然アリだと思います!

>CAT.さん
お茶の先生曰く11月中旬の紅葉は美しかったとのこと。
完全にじきをはずしていたようです^^;
きれいな銀杏も見られなかったな〜

>まさぽんさん
ほんとほんと来年はぜひぜひ京都においでませ〜
海賊とよばれた男もおもしろそうですよね。
映画、一度観るといろいろ行きたくなります^^

>amesyoさん
美しいところは美しいのですが、ほんとに人の多さに辟易しますよね。
しかしまあ、京都は観光のお客さまでなんとか潤ってるところもあるので
せいぜいお金を落として行ってねと拝んでいます(銭ゲバ)

>きらちろママさん
行きたいな〜と食指が動いたらぜひぜひ足を運んでみてください^^
でもご無理のなきよう〜^^;
オリンピック、ほんとにもう、なんだかなあ。「利権」なんか消えてなくなればいいのに。
youtube情報ありがとうございました!!

>ゆぼぼさん
日本人の魂、本来はすごく清らかなものであったと思うのです。
でも清らかすぎるあまり、毒されやすいというか・・・
残念なニュースも多すぎて。
でも、感じること、信じることって大事ですよね。
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる