ここは尾道ねこの街

ねこっこ
昨日はすごい食欲だったので久しぶりにおやつを。必死です^^;

湖兎子のゆるピーは翌日にはすっかりおさまりました。
なんだったんだろ〜・・・ま、よかったです^^

やるべきことをこなさぬうちに明日はまた取材、という濃厚な日々ですが
ひとつ納品した安心感で、ついフラフラ出歩いたりブログ更新したり。
いや〜尾道で記録しておきたいことはまだまだあるのに、
今週末は特大ネタ(?)が入る予定なもので、ちょっとあせってるのでした。
・・・て、ブログアップしなきゃ死ぬのかよ!ゆっくりいこうよ。
と自分に言い聞かせつつ・・・
ま、気分転換にちょこっとな。

いわずと知れた?尾道は猫の街。
ケーブルで上がった千光寺山も、ついた途端、これだもの。
ねこ5
ああん?恋人の聖地?そういやケーブル内、8割カップルだったわ。
そんなこたあどうだっていいんだよ。猫だよ、猫。
千光寺をお参りしたあとは
ねこ1
期待がふくらむこの道へ!
こちらにはもちろんナマ猫(言い方!)もいるらしいのですが、
ねこ2
こういう「福石猫」がおまつりされていて、路傍のいたる場所にも転がって?いるのです。
ねこ3
うんうん、かわいい。わかったからナマ猫!
・・・。
会えなんだ。一匹も。
かろうじて、猫の細道に入る前に出会ったコ。
ねこ4
階段のど真ん中で寝ていて、かわいかったけどね〜

その後、街をめぐり、ホテルにチェックインしたのが午後4時前。
ちょうど、翌日ご一緒するカメラマンさんと一緒になり、
彼は「これからちょっとうろうろしてきます」とのこと。
翌日・・・「猫いっぱい会いましたよ〜。ほら!」と
ドヤ顔でかわいい写真を見せられたのでした。「ブラタモリで予習しましたからね」
しもた〜!前日観ようと思ったら急な原稿の直しでバタバタして
見れず終いだったんだよ〜!ギリギリ。
ということで、やっぱり猫的リベンジ必要です、尾道。

<本日のアート情報(?)>
個展の準備に追われながら瀕死の子猫・小太郎を育て上げた
S子師匠の作品展、京都で開催中です。本日は陣中見舞いに。
ねね2
おなじみ河原町四条のギャラリーマロニエにて
ねね
新境地のリトグラフもすっかりご自身のものにされ
やわらかさが加わった作品もまた、素敵でした。7月2日(日)までです。

・・・で「下の階でやってるカバン作家さんの作品展面白いよ。行ってみる?』と
誘われ、ふたりで行って。
師匠の見事なセールストークに乗せられ?素敵なバッグお買い上げ〜^^;
き、気に入ったからいいの!!死にもの狂いで働きますとも!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

1生猫

あはは♪でもでも♪石ニャンも貴重な1にゃんも可愛い~v-10
そっか~猫の町と言われてもやはり予習が必要なのね。
カメラマンさんは若王子状態の猫さんにあえたのかな?

お!作家さんモノのおニューのカバン!またことたんの爪とぎにならないように気を付けてね~v-411

No title

お疲れ様ですー
ことたんの必死顔はやはりかわいいな
そんなに美味しいの?

恋人の聖地にも猫!
生猫やはり場所が、あるのですねー
尾道!お仕事ながらも、うらやまし
そういえば猫に会いにブロ友の
浅川ご夫婦が年に一度は行ってはった

No title

尾道へ出張だったんですか!
いいな~猫の街、行きたくなりました!!
ずーっと昔に行ったことあるんですが、
そのときは猫の街とうたっていなかったような?
有名なラーメンは食べた気がする・・

No title

こんにちは♪
湖兎子ちゃんのゆるピー治って良かったですね♪

尾道いいなぁ!
なんと猫の細道~💕
魅力的すぎです!
生猫(笑)一匹でもすごく可愛い✨
カメラマンさんさすがですね(^○^)
くそ~(笑)

作家さんの鞄!ワクワク!
カバン大好きなので、私も買ってしまうわ~きっと!
自分へのご褒美よ~
働くのよ~ピシャッ↩愛のムチ😀

No title

「ナマ猫」「ああん?」筆が乗ってる。
usainuさんのエッジの効いた文章大好き。
尾道、私も行きたいなぁ。
ナマ猫は予習が必要なのね、メモメモ。

No title

8割が・・・(笑)
後の2割は強いよ~~
にゃんの町いいですね
ほのぼのとした温かさが感じられます
そうですね~仕事抜きでゆっくり旅が・・って私は仕事ないですが(笑)

No title

出張お疲れ様でした!
湖っちゃんのゆるピーが治まって、ひと安心(^^♪
寂しかったのかな~ホント、長毛さんのピーは大変そうですね。

ナマ猫1ニャンでも、やっぱり猫の街なんですね。
恋人の聖地らしきものは、全国あちこちにあるけど、像が猫って、尾道らしいですね(;'∀')
ナマ猫は、気候とか時間帯で、ワラワラ出てくるときもあるのでしょう。
一匹だけ、行き倒れのようになっていたら、揺すってしまうわ(^_^;)

カバン作家さんのバッグ!!!
素敵でしょうとも(^O^)/いいな~

No title

尾道、一度だけ行ったことがありますが
素敵なところですよね~
ラーメン食べたような気がします

ことちゃん、お腹治ってきて良かったですね
えっ?素敵なバッグをお買い上げ??
見たい見たい!!
ぜひぜひ持ってきてくださいませね~o(^▽^)o

No title

「ねこの細道」 う~ん深い!

何往復でもしたくなる。

大林世代としては夕暮れの中で渡し船に乗ってみたい。

No title

尾道、いいな~
1ニャンでも、すごく可愛い子に会えたから良しとしましょう(^^)
やっぱり朝夕の方が遭遇率が高いのかしら。

No title

ブログアップしなきゃ死ぬのかよ!

そんなこたあどうだっていいんだよ。猫だよ、猫。


usainuさん、面白すぎ。。。楽しくなっちゃう。
拙ブログにて真似させて頂きます。ご了承くださいませ。

かろうじて出会った一匹の猫さんのかわいさよ。。。

バッグ。。。どういうのか見たくて、下の階の作品展を探ってみたけれど、見れなんだ。。。

アップ、お待ちしておりやす。

No title

>としこさん
石にゃんは、いつでもゴロゴロ会えるよ〜^^
というか、猫に会うには暑すぎたのかも。カメラマンさん、
夕方から出て行ったからね〜
カバン、ほんとそれだけ要注意です><

>みきたろうさん
食べられるものはなんでもおいしいみたいです^^;
特におやつ・・・・誰に似たのだ。
尾道、ほんとに楽しいよ〜またふらっと行きたいな。
日帰りもできそうだよ〜

>ゆぼぼさん
なん年くらい前からなんでしょうねえ、猫の街。
とにかく、おしゃれにもなっています。
関東からは遠いけど、行く価値ありですよ!
大人の修学旅行にいかがでしょう^^
ラーメン、食べました!!またグルメ編で紹介しますね。

>しあママさん
ありがとうございます。すぐ治ってほっとしました。
すごいでしょ、猫の細道。
ほんとはもっといろいろ写真を撮ればよかったのですが
疲れてしまって(こらこら)
でもほんと、楽しかったです。
カメラマンさんの撮った猫ちゃん、スコっぽい子もいた!
なんでやねんっ!
カバン、ユニークなものがいっぱいで、
すっごく悩んだのですがちょっとおとなしめのを選んでしまった。
自分へのご褒美っていい言葉だよね〜^^

>むにすさん
どうも、あんまり頭を使わずに書き飛ばしたほうが
ウケがよいようだね。雑がいちばん?
尾道、むにすさんなら絶対もっと楽しめる〜〜〜!

>amesyoさん
あとの2割のうち9割が女子ふたり連れで、
あはは、結局おひとりさまは私だけだったの〜
でも気楽だったわ〜
ただ、この階段で転んでも誰も助けてくれない・・と
妙な緊張感が走りました^^

>きらちろママさん
拭いてもうっすら汚れが残っていますしね・・・
昔はひえ〜汚い〜と思ってたのが、もう気にならなくなったけど^^;

そうそう、たぶん夕方くらいからわらわらと出没したのでしょうね。
うーん、惜しいことをした。
作家さんバッグ、師匠の売り口上が巧すぎたのです。
また実演します!?

>ママンさん
やっぱりみんなが食べる尾道ラーメン!
私も食べました。ま、特別おいしい!と感激するほどでも^^;

素敵なバッグ、、、、ハードルあげてしまった。
へんてこなバッグに訂正しよかな。
あーこんなに注目を浴びる?なら、もっとへんてこなのに
すればよかった、と少し後悔^^;

>ぴーすさん
何往復・・・もしたいのですが
すっごい坂道なのですよ^^;
そうそう、この前にアップした「艮神社」も
時かけのロケ地でした。
渡し船、乗りたかったんですよ〜・・・
仕事じゃなけりゃね〜〜

>CAT.さん
そ、そうですね!珠玉の1にゃんということで^^
カメラマンさんは夕方に行ったのが勝因だったかも!
朝、元気があればちょっと歩こうと思っていたのですが
とてもそんな余裕ナッシングでした〜

>たいこさん
いや〜腹黒くて口が悪いだけよ。
大人のオンナはマネしちゃダメだよ。火傷するよっ(違)
いやいや、どうぞお好きに・・・
バッグ、この方のです。→ はやしのりこ バッグで検索
私が買ったのはシンプルなショルダーだけど、ほんとに
ユニークでかわいいのがいっぱい。裏地まで素敵なの。
プロフィール

usainu

Author:usainu
京都在住。あわてもの。

KOTOKO/シールリンクスバイカラーのラグドール。
ひとりっ子の甘えん坊。
2007年8月10日生まれ.
獅子座の女。

アタシ様倶楽部
満を持して入会!?
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ(07.10~)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる