FC2ブログ
Welcome to my blog

湖兎子の古都日記

ARTICLE PAGE

追悼

20180127083509380 2

昨日から何度も書きかけては書けず
いくら言葉を尽くしても誰の悲しみを癒すこともできないのなら
いっそふれずにおこうかとも思ったのですが。
彼女が生きてきた証のひとつとして。

25日の早朝の火事で、安楽寺さんのお住まいにされていた庫裏が全焼。
ミャウゼなどのイベントでみんなに慕われていたお母さまがお亡くなりになりました。
お母さん、といっても私と年齢は変わらず
お会いするたびにとびきり明るい笑顔で猫談義に花を咲かせてくださった
本当に素敵な方でした。
こんなにもあっけなく旅立たれたこと、今も信じられません。
それでも、この言葉を言わなければいけないのですね。
心よりご冥福をお祈りいたします。

彼女と二人三脚でミャウゼを育て上げ深い親交のあったみきたろうさんのブログでは
その輝くような笑顔にずっとお会いできます。→
関連記事